FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ウユニジャンプ

DSC08012.jpg

雨水は同じところに留まってはいない。
風の向きによって刻々と場所を変えていく。
ウユニ塩湖で水場を見つけること、それは宝探しと似ていた。
ガイドのイサックと綿密に地形を話し合いながら、一つひとつ確認していく。我が隊の第一ミッションが乾季の鏡面張りなのだから。それを叶えるのがアテンダーの役目。
1つ目、2つ目の狙った場所は、湿ってはいるが、肝心の水が張っていない。
「でも今年は10年ぶりの大雨だったから」
イサックの言葉を反芻する。そう、今年の3月、4月はあまりの雨量でウユニ塩湖は海のようになっていた。それらがまだ何処かに残っていれば・・・・・。
そして、遂に、その時は訪れた。
遠くに逃げ水(陽炎)を見つけ、イサックに告げる。車で近づいて行くと、少しずつ水が増えてきた。もっと、もっと、先へ。
「てつや、やったな。こんな乾季なのに、まるで雨季みたいじゃないか」。イサックはそう言ったまま、口を大きく開けた。
皆の想いが一つとなり、天がプレゼントしてくれたのだろう。
辺り一面、みごとな鏡面張りとなり、その中で祝福ランチ。もちろん卵の用意は忘れない。足元の塩水に付ければ、それは世界最高のゆで卵となるのだ。
DSC08066.jpg

「わたし、テツヤさんが世界の絶景で裸になっているのに憧れて」
「なら、やってみればいいじゃん」
「でも、わたし女性だし」
「そんなの関係ないよ。皆がいない所でやれば良いんだし」
「やっぱりやった方が良いかな?」
「やらないと決して分からない快感があるよ、きっと」
そう言うと、彼女の瞳は強くなった。すぐさま歩き始め、遠くですっぽんぽんに、宙へ大ジャンプした。
DSC08128.jpg

「わたしという存在が無くなって、自然の中へとろけるようだった」
体験後、そう言った彼女の言葉に、嬉しくて泣きそうになった。
やらねば分からぬ感動がある。それをするか、しないかはすべて自身の選択次第。その一歩を踏み出せば、一度でも感じれば、そこへ戻るのは簡単なこと。彼女はきっと、何時でも何処でも、自然に還ることが出来るだろう。
               ノムラテツヤ拝
DSC08215.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |

塩の大地へ

DSC07625.jpg

通算15回目のウユニ塩湖。
今回は乾季ということもあり、ランクルで縦横無尽に走り回ろう。そう思っていた矢先、参加者の一人から無理難題が。
「私、乾季でも、どうしても、鏡面張りが見たいの」
ウユニ塩湖は世界で最も平らな地であり、その面積は秋田県と同じ広さを誇る。ここに雨水がたまることにより、無風になると、鏡のように天を映すのだ。
でも、、、今は乾季だし。。。
「わ、わ、わかりました。出来るだけ頑張りますね!」
とりあえず、そうは告げたものの、ほぼ絶望的な願いだった。
ラパスから45分のフライトでウユニへ。
DSC07743.jpg

交通手段がバスしか無かった昔と比べると、隔世の感がある。掘っ立て小屋のようなウユニの空港で、イサックと再会。5月のウユニ旅を案内してくれた凄腕のガイドだ。
「ねぇ、今ってまだ水は残ってる?」
「えっ、何故?」
「参加者の中でどうしても見たいっていう人がいてさ」
「難しいなぁ、それは・・・。でも全力でトライしてみよう」
がっちりと握手。
5台のランクルに分乗して、さぁ、出発だ!
          ノムラテツヤ拝
DSC07894_20180820175903a16.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |

夢の旅

067_20180817122317228.jpg

11月16日~25日まで、長年思い描いた夢旅が始まる。
日本のマザーテレサとも呼ばれる「山元加津子さん(やまもっちゃん)」と一緒に、アルゼンチンのブエノスアイレス経由で、世界で最も美しい大地パタゴニアへ。真っ青な氷河をトレッキングして崩落を間近で見る。
PA-029.jpg

世界一愛する山フィッツロイの麓をハイキングして朝日や夕日を仰ぎ見る。
PA-008.jpg

ブエノスアイレスへ戻って哀愁漂うタンゴショーを堪能し、そこから更に南下。
今度は動物の聖域・バルデス半島で、夕日のホエールウォッチング、更に翌朝にもう一発ホエールウォッチングをして「地球の息吹き」を存分に感じてもらうツアー。
圧倒的な地球を全身で感じると、突き抜けるような感動が体の中心を貫いていく。一度でもその体験をすると、僕たちは「地球によって生かされていること」を頭でなく体で分かり、出来るだけ地球に迷惑をかけないで、出来ることから、身近なことから丁寧にしていこうと想いが湧き上がってくる。
そんなきっかけを作る旅になれば良いなと思う。もしご興味のある方は、メッセージ、またはメールの方に連絡をください。
fieldvill@gmail.com
旅程や旅費をお伝えします。ご縁が繋がりますように!
                ノムラテツヤ拝
PA-032.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

パタゴニア | コメント:0 | トラックバック:0 |

ビラコチャの住処

DSC07501.jpg

世界は闇に包まれていた。
まず最初に太陽と月、大地と海と山を生んだ。そして最後に動植物と人間を作られた。全知全能の神にして創造主、それがアンデス地域にに広く伝わる「ビラコチャ神」だ。
ビラコチャが最初に移り住んだとされる場所がティワナク遺跡。素晴らしき石の加工技術を誇り、後のアンデス文明に多大な影響を与えた屈指の遺跡群だ。
benet.jpg

今は撮影禁止になってしまったカラササヤの「パチャママ(大地の神)」が静かに立ち、アンデス十字(チャカーナ)のピラミッドを、威厳に満ちた石像たちが守る。
chacana.jpg

そして最も奥に太陽の門の姿が。精緻な彫刻は、マヤカレンダーと並ぶアンデスカレンダーとして名高く、歴や暦が一目で分かるような仕組みだ。
帰り道、フォン・デニケンが宇宙船の滑走路だと力説した裏山へ。上空から眺めると、不自然なほど真っすぐな線がひかれていた。ティワナクは謎の多き遺跡。いつごろ作られたのかさえも分からない。
              ノムラテツヤ拝
DSC07523_201808161510044e4.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |

謎の遺跡へ

DSC07402_20180815222158bf3.jpg

ボリビアは南米で最も民族色が濃い国だ。
市場を歩けば、ポイェーラ(アンデススカート)を着たおばちゃんたちが声をかけてくる。
IMG_7236_2018081522215343b.jpg

標高4100mの町エル・アルトに出店が並び、週末は人でごった返す。ブランド品の偽物から盗品まで、手に入らないものは無いという。
DSC07461_201808152221573b1.jpg

ラパスの郊外へ出れば、6000m級のワイナポトシを中心としたアンデス群がずらりと並ぶ。アルティプラーノ(高地平原)をひたすら走ると、インカ文明の先生ともいえる遺跡群が見えてくる。
今日は皆で、謎の遺跡を探検しよう。
               ノムラテツヤ拝
DSC07472_201808152221555d5.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>