写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

インカワシ

DJI_0492.jpg

お昼はピクニックランチ。
事前に頼んでおいた、キッシュと肉とキヌアのパスタ。塩湖上で食べるからか、美味しいんだな、これが。
雨季とは違い、塩湖も固まってきたため、今日はインカワシまで遠出する。約1時間、純白の大地を飛ばすと、蜃気楼の向こうに黒い影が見えてくる。
DSC05532_20180523174640c0f.jpg

秋田県とほぼ同じウユニ塩湖。その中央におへそのようにポツリと浮かぶのがインカワシ島。インカの宿の意味だ。ウユニ塩湖とインカの関係は、これまた面白いのだが、今日は割愛する。
インカワシ島を有名にしているもの、それがこのハシラサボテン。この島だけの固有種で、12月には黄色い透明感のある花を咲かせる。サボテンの根本で、ビスカーチャ(アンデスウサギ)が日向ぼっこ中。
DSC05553.jpg

登山しながら、ハシラサボテンと宝石のような太陽を重ねた。
TET03669.jpg

一本で伸びるものがあれば、ミッキーマウスのようなサボテンもある。
頂上からは、雪のような塩湖を背景にサボテン。
DSC05588.jpg

世界中探しても、この風景は無いだろうな。山を下りてからドローンで撮影。
DJI_0492.jpg

島の輪郭がよく分かり、あらためて塩湖の中心に立っていることを理解した。
DJI_0507.jpg

             ノムラテツヤ拝
DJI_0517.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |

蒼き河

DSC05039.jpg

早朝、ラパスからウユニへ飛ぶ。
所要時間はたったの45分。8年前に出来たこの航路のお陰で、ウユニは秘境から誰でも行ける場所になった。
夢を叶えるツアーのため、事前に写真が撮れる座席を押さえる。Yくんに座ってもらい、簡単な地形のレクチャーをして臨んだ。
30分ほど飛ぶと、遠くにウユニ塩湖の聖山「トゥヌパ山」が見えてくる。その前を流れる蒼き河。まるで氷河のようだが、水に色が付いているわけではなく空の青色を映しているのだ。
DSC05336.jpg

着陸寸前には、河は更に大きくなっていった。
DSC05388.jpg

掘っ立て小屋のようなウユニ空港に降り立ち、
DSC05441_20180523145745a83.jpg

出口でプラカードを持つガイドと会うと、互いに声を上げた。2年前のツアーで、総ガイドを務めてくれたイサックとの再会だった。
僕のやりたいことを誰よりも理解する彼なら、きっとこの夢叶ツアーも上手くいくだろう。
ウユニの村郊外の列車の墓場を見てから、
DSC05446.jpg

DSC05453_201805231458085e2.jpg

塩のホテルに荷を下ろした。
DSC05472.jpg

さぁ、本番。Yくんの夢の時間が、これから始まる。
DSC05487_20180523145806654.jpg
 
            ノムラテツヤ拝
DSC05470.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |

α9

α9カメラグランプリ

御目出とうございます。
このたび、ソニーの最新機種α9が、カメラグランプリ2018大賞を受賞しました。
今日はカメラとは一体何なのか?から書き出してみようと思う。 
フィルムカメラの時はフィルムに光を透過させて現像液で色を定着させた。それに対してデジタルカメラはイメージセンサーで光を取り込み、画像エンジンで写真に処理していく。では、このイメージセンサーは何処で作っているのか?それ
が日本の雄・ソニーだった。
他にイメージセンサーを作っている会社はカメラメーカーだとキャノンしかない。でもその差は約2年、ソニーが進んでいるという。そう、勘の良い方ならもう分かるはず。
47-9.jpg

キャノン以外のカメラメーカーの殆どが、ソニーのイメージセンサーを購入しているのだ。アイフォンも例外でなく、2016年のイメージセンサーの世界シェアは何と45%(2016年度)、半分を占めるほどに成長しているのだ。
その自社センサーを誰よりも知り尽くすソニーが、もしレンズとボディを作り上げたら「世界一のカメラメーカー」になれるのでは? それが10年前、ソニーがミノルタのカメラ部門を買い取った時からの野望だった。
ミノルタ時代からの名前αを引き継ぎ、レンズはカールツァイスから、ボディは2強のニコンやキャノンから学ぶことで、真骨頂のカメラが生まれていった。
フィルム時代から続いたカメラ内の鏡を無くしたミラーレスカメラ。ボディは小さくなり、異様に高感度が強くなったα7Sの発売(4年前)と同時に購入した。
隠すことはないので書くが、カメラの手ほどきをしてくれた父、兄の影響で、僕は写真を撮り始めた15歳からひたすらニコンを使ってきた。フィルムカメラはF4→F5→F6、デジタルになってからはD2→D3→D4まで使ってきた。堅牢なボディに無骨なレンズ、手堅い写りが、長年僕の仕事を支えてきてくれたのだ。
写真家にとってボディは絵具の色、レンズは筆だと常々思っている。ソニーは高感度にも耐えられる奇跡の色と極めて良質の筆を作り上げた。
旅の撮影はあっという間にソニーが主となり、やがてニコンは僕の部屋で眠るようになった。カメラは使ってもらってこそ価値がある。少しの迷いはあったけれど、手持ちのボディとレンズすべてを友人知人に売却した。
そして2017年、満を持して、一眼レフに引導を渡すα9が発売された。圧倒的な高感度、撮影時のブラックアウトフリー、秒20コマの高速撮影に加え、特筆すべきは、そのフォーカス追跡能力。瞳AFで常に瞳だけを追い続ける技術は、プロの技を軽々と抜き、これはプロのために作られたのではなくプロを殺すための武器なのでは?と疑うほどの出来栄えだった。動物もコンティニュアスAFで確実に追跡し、今までピンボケしていたカットも、確実に目にピントが当たるようになった。
DSC03860.jpg

「まさにα9はAIを積んだカメラ」だと、発売時から現在までαアカデミーや店頭セミナーで幾度も話してきた。AIは未来ではなく、カメラ業界には、もう押し寄せているのだと。
これからは一眼レフカメラが消えて、ミラーレスカメラに取って代わっていく。理由はひとつ。α9はミラーレスの得意分野を更にブラッシュアップさせ、一眼レフの得意分野を全て凌駕したのだから。
2018年のカメラ大賞受賞、本当に御目出とうございます。でも、日々使っている者としては、当然の結果と受け止めています。
PS,写真はすべてα9で撮影。
ノムラテツヤ拝
47-11.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

コパカバーナ

DSC04493.jpg
朝日に照らされるプーノを出発し、陸路で国境を越える。
簡単な手続きを終えてボリビアに入国、一路コパカバーナへ向かった。語源はコタ・カワーナ、意味は湖の見える地これが転訛して、コパカバーナになった。ブラジルの有名なコパカバーナはここから持っていかれたマリアさんが奇跡を起こしたことによって名づけられた。
昔も今もボリビア一の巡礼地は賑わい、白亜の教会に、奇跡を起こしたインディヘナのマリア様を仰ぎ見た市場で一袋100円のキヌアを買う。そう、スーパーフードのキヌアの故郷は、ティティカカ湖畔なのだ。
世界初のフリーズドライ食品のチューニョが並び、100種類以上のジャガイモが所狭しと売られた。
港から、聖なる「太陽の島」へ。
DSC04604_201805212208311e5.jpg

アンデスの白く山並みが湖越しに浮かんだ。
DSC04625.jpg

島内では、アイマラのシャーマンの儀礼を受けて、
DSC04726.jpg

薬草園でハチドリを撮影。
DSC04649.jpg

博物館内でティティカカの至宝を眺め、
DSC04743.jpg

ピューマの巨大葦船で湖上を進んだ。
DSC04929_20180521220855bbc.jpg

DSC04943.jpg


船内でキヌアスープやマスを食べ、白ワインをあおる。
DSC04880_201805212208562b6.jpg

2時間ほどで港へ着けて、専用車でラパスへ。到着する頃には日が暮れて、サンフランシスコ教会がライトアップで黄金色に浮かび上がった。
           ノムラテツヤ拝
DSC04975_201805212208541fc.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |

ウロス島

DSC04381_201805210605195ea.jpg

船を降りると、足が大地に吸い込まれる。
クニュン。これが葦の浮き島・ウロス島の醍醐味だ。
DSC04351_20180521060438db1.jpg

以前何かの番組で、ここに住む少年が毎日船を漕いで、対岸の
プーノまで通学する風景が放送された。雨の日も嵐の日も、沈没しそうになりながらも葦舟で進んだ。
「どうしてそこまでして行くの?」の質問に、少年は「勉強して医者になりたいんだ」と、はにかんだ。
DSC04344.jpg

15年ぶりのウロス島は、変貌を遂げていた。
DJI_0390.jpg

足を踏み入れた当時は30島だった島々も、現在は100島以上となり、人口はなんと2000人にまで増えていた。カフェやレストランは
DJI_0438.jpg

DJI_0451.jpg

勿論、ホテルも併設され、寝ながらにしてティティカカ湖に触れられそう。
DSC04404.jpg

空撮で島を眺めると、どのようにウロス島を作ったウロス族が葦原を利用してきたのかが分かる。パスカルの言葉「人間は考える葦である」を体現し、自然と共に生き抜いてきたのだ。
DSC04386.jpg

ノムラテツヤ拝
DSC04447.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ペルー | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>