FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

極楽への道

DSC03247.jpg

世の中にもし極楽へ続く料理があるとすれば、それは、岐阜県高山市の秋神温泉にある。
今年で18回目の秋神・極楽隊。北は北海道、南は沖縄まで、仲間たちが秋神温泉旅館へ集い、旬を頂く。
今年はキノコが大豊作だったため、いつもの倍のキノコたちが盛られた。
見よ。
イグチダケ、ヤマドリダケ、ロウジ、シモフリシメジ、クリタケ、ナメコなど。決してスーパーには売られていない、地のものばかり。さらに保存しておいた春の山菜。ヤマワサビ、ウド、コゴミ、フキ、ワラビだ。
DSC03254_201811181828388f2.jpg

DSC03256.jpg

DSC03269.jpg

それらと共に、皆で持ち寄った極上の日本酒がずらりと45本を呑み干していく。
DSC03278.jpg

途中、セブラーマンが乱入。

DSC03303.jpg

皆の爆笑を誘ったが、ぽっこりお腹。中から顔を出したのは、ひろちゃんだった。70歳にもなって、よーやるわ!
DSC03334.jpg

一通り、旬の食事を頂いてからが勝負。ここから極楽へと高く昇っていく。
          ノムラテツヤ拝
DSC03293.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

散歩道

DSC03123_20181118181853084.jpg

姫と一緒にモナの森を散歩した。
朝日が差し込むと、森に光の放射線が流れ込む。
キャッキャと言いながら、姫、ひろちゃん、じんじんが前を歩く。こんな風に穏やかな時間を過ごさせてもらうことに感謝する。
DSC03132.jpg

だって、日常は奇跡の連続だ。当たり前だけれど、この中の誰が欠けても、目の前の光景は生まれない。
時間とは、すなわち、命そのもの。過去も未来も今も、同じ瞬間に流れている。
秋の草花が朝露を抱き、陽光がそれらを宝石のように輝かせる。
DSC03148_20181118181851aef.jpg

トトロのバス停で、パチリ。参加者の皆様とも、一枚。
DSC03163.jpg

僕たちは過去も未来も同時に生きている。今この瞬間に内包しているのだ。
           ノムラテツヤ拝
DSC03175.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

じんじん

DSC02939_2018111818160453e.jpg

モナの森で、まずは腹ごしらえ。
囲炉裏で炭火をおこし、豚肉を焼く。突然、炎感知器が鳴ったけれど、ご愛敬。
DSC02968_2018111818160302b.jpg

DSC02970_20181118181602aeb.jpg

その後はひろちゃん、自分の順で講演させてもらい、夕食へ突入した。
DSC02996.jpg

今回、楽しみにしていることがあった。それは6年ぶりに再会する友がいたこと。
「赤塚高仁(じんじん)」。
知っている方も多いと思うが、赤塚さんとは20歳の時に初めて出逢い、それからのお付き合い。赤塚家(じんじん、ひろこさん、まほちゃん)と一緒にアラスカでオーロラを見上げたのは良い思い出だ。
最近は互いの予定が合わずご縁が無かったけれど、嬉しいことにモナの家まで駆けつけてくれた。
人生とは、すなわち人と人との相関図。皆、自分が木の幹だと思えばいい。そこからどんな枝が伸び、葉っぱが茂るのか? それは出逢う人によって変わってくる。
今、自分の周りにいてくれる大切な人を書き出してみる。その人は一体誰からの紹介だったのか? そんな風に御縁の源をたどっていくと、恐ろしいくらい赤塚じんじんに行き着いていく。
26歳の時。じんじんが「てつや、名古屋のABCフォーラムで講演しないか?」と言われ、早朝の名古屋キャッスルホテルへ出かけて話した。そこで出会ったのが小林正樹さん。そこから阪根ひろちゃん、山元加津子さん、更に枝葉が伸びていった。
「じんじん、有難うございます」と頭を下げると、じんじんは握った拳を鼻の上に付けて「そんなん、やめてくれよ~。本当のこと言うのは」とピノキオの真似をした。
相変わらずだな。人間は変わらないとよく言うが、この人ほど子供で頭の回転が速い人を僕は知らない。そしてそのやんちゃなじんじんを、美人の奥様ひろこさんが柔らかく見守っている。
「じんじん、まったく6年前と変わりませんね。変わったのはその格好良い髪の色くらいですね」
「ばかやろう、お前に俺はいつも合わせてやってんだぞ!」
ふふふ、この言葉も相変わらずで、なんだか嬉しくなってしまった。
DSC03004_201811181816278b3.jpg

杜氏の神様・農口さんの日本酒を頂き、皆、ほろ酔いになってきたところで、どうしてか、ひろちゃんがじんじんに得意のマッサージをすることに。
「あたたたた」、「いてててて」。
DSC03010_201811181816262d8.jpg

じんじんが悶え、ひろちゃんも調子に乗って、グリグリやる。
DSC03057_20181118181625bec.jpg

そこからは泥沼のような夜が広がっていく。きたないオヤジ同士がキスしたり、歌謡大会になったり。
こんな風にして、ずっと遊んできたな。走馬灯のように人生が浮かびあがる一日となった。
                ノムラテツヤ拝
DSC03094_20181118181624f66.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

小松へ

DSC02841.jpg

沖縄から横浜へ戻り、すぐに羽田へ。
半年前くらいだろうか? 姫こと山元加津子さんから連絡があった。
「ぜひお二人でモナの森へいらしてください」
二人とは、もちろん阪根ひろちゃんと僕だ。
僕は羽田から小松へ向かい、ひろちゃんは福岡から小松へ。
途中、上高地の真上を飛び、槍、穂高の大パノラマ。北アルプスが初雪で美しく化粧されていた。機体が左へ大きく旋回していくと、立山の麓へ。真紅の紅葉が朝日に燃えた。
DSC02865_20181116133300e22.jpg

小松空港を降りると、不思議な看板が。
「農口研究所」。なぜ山形の上喜元の杜氏の農口さんの研究所が?農口さんは日本酒造りの神様と呼ばれるレジェンドだ。
ターンテーブルから荷物を取って外へ出ると、姫、ひろちゃん、今回のモナの家で遊ぼうの参加者たちが、待っていてくれた。
「姫、なんで農口研究所が?」
「小松に新しくできたんです」
「えっ、僕、ファンなんです。行きたい!」
と無理を言って、連れていってもらうことに。
クラウドファンディングで最高額を集めて建てられた農口研究所。ここは酒造りの神様が、次世代の若き杜氏のために、惜しげもなく教える場でもあった。
DSC02883_20181116133258644.jpg

表には杉玉がかかり、屋内は木材と大型ガラスで。
DSC02887.jpg

今夜のお酒「純米酒」を購入させてもらい、後にした。
DSC02898.jpg

そしていざ大杉神社へ。
DJI_0419.jpg

ここには公孫樹という巨木があり、周囲5.6m、珍しい乳根が垂れていた。本殿で手を合わせて、禊は終わり。
DSC02912_201811161333353fe.jpg

姫の新たな住処「モナの森」へ。
杉やナラの森に囲まれた、赤い家。
DSC02938.jpg

まるでトトロが出てきそうな雰囲気に、自然と頬が緩んだ。
DJI_0435.jpg

「おい、てっちゃん、どれがモナの森なんだ?」
「はっ、これですよ。この赤い日本家屋が」
「馬鹿、違うだろ。モナの森っていうんだから、背後の森のどれかなんだろ?」
「・・・・・・・、モナの森という家なんです」
            ノムラテツヤ拝
DJI_0449.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ラスト太極拳

DSC08166.jpg

午後からは、山組へ。
以前ロケハンした場所で、山田師範に舞ってもらいたかった。
屋良部岳へ続く細い急坂を登ると、一気に展望が広がった。
ここで、うさとの天女の羽のような服に着替えてもらい、風と同化。ふふふ、風の神様たちも、どんな服、綺麗な服って、どんどん服を揺らして遊ぶ。その姿は、まさに石垣の自然と同化していた。
DSC08111.jpg

ホテルに戻ると、見事な夕日が。
DSC08559_20181115175711ab1.jpg

皆でまばゆい光を受けながらのラスト太極拳。
DJI_0361.jpg

自分の体が最も美しい方向へ。
DJI_0381.jpg

太極拳は「型」ではない。
DSC08416_20181115175713ea0.jpg

大自然と繋がる動き、そして気持ちの良い状態をいう。
          ノムラテツヤ拝
DSC08458.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>