FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

幻の鹿ウェムル

DSC03672.jpg

中部パタゴニアで最も好きな山、それがセロカスティーヨ。城の山を意味し、ゴツゴツした岩肌は、イタリアのドロミテを彷彿とさせる。その麓を通り、現地ガイドが、「この辺りは野生動物たちの聖域だから、何か探してみるよ」と言っている矢先に、僕らを乗せたバンは急停車した。
何だ、なんだ? 
数台の車がハザードを付け、道路に何人か人も出ている。
事故か?
「テツヤ、ウェムルだ」
うそでしょ・・・
絶滅危惧種の小型の鹿「ウェムル」。僕も今まで3度ほどしかお目にかかったことの無い幻の鹿だ。車を降りると、南極ブナ林の前に一頭のウェムルが立っていた。今まで見てきたものより、明らかに小さい。迷子にでもなったのかな?
更に近づき、岩で盛られたマウンドの上に上がった時、更に2頭が見えた。その内の一頭は、立派な体躯に角が真っすぐ伸びていた。
家族。生まれて初めて、家族単位でウェムルを見た瞬間だった。
DSC03737.jpg

まさしく千載一偶のチャンス。唾を呑んで、息を整える。それから望遠レンズに付け替えた。さっきの子ウェムルが、お母さんの下へ駆け寄る。それをジッと見守り、こちらにガンを飛ばすお父さん。
DSC03732.jpg

毛並みは皆、艶々だ。
野生動物って、どうしてこんなに艶々で光り輝いているのだろう?それは自然の中で生き抜いているという威厳、それとも自然から常にエネルギーを貰っているからだろうか?
お父さんウェムルが、お母さんウェムルのお尻の匂いを嗅ぎ、ペロッと舌を出す。お母さんウェムルは子供のお尻の匂いを嗅ぐ。そう彼らは匂いの世界で生きているのだ。時折鼻を持ち上げるのは、風上にいる僕たち人間の匂いを確認するため。
キー、キー、と小さな声でお父さんが鳴くと、子供とお母さんは南極ブナ林の中へ。それらを確認してから、自分は悠々と砂礫の坂を登り、深い森へと消えていった。
まるで夢のような出逢いに、僕の鼓動は高鳴りっぱなしだった。野生動物たちから学ぶこと、それはとどのつまり、僕たち人間とは一体何なのかを教えてもらっている。
              ノムラテツヤ拝
DSC03770.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

パタゴニア | コメント:0 | トラックバック:0 |

蒼の殿堂

DSC03187_20190318170807342.jpg

心が上下左右に激しく揺れる。感動を押さえながら洞窟へ入ると、周りの岩肌が青みを増していく。
彫刻刀(丸刀)で削ったような表面は、とても滑らかで多様な年輪が刻まれていた。
「ここが、マーブル・カテドラルで最も美しい場所さ!」
DSC03387.jpg

船長の甲高い声と共に現れたのは、丸眼鏡のような二つの円形模様。
TET01128_20190318170805fb8.jpg

横へ流れる模様が、中心へ向かって渦巻いていた。それはまるで「蒼の殿堂」と呼ぶに相応しく、凪いだ水面がエメラルドグリーンやサファイヤブルーに煌めいた。
DSC03426_20190318170806aa9.jpg

自然は最高の芸術家だ。
TET01184.jpg

こんなに緻密で気の遠くなるような時間を作品に封じ込めるなんて。
あまりにも神々しかったのだろうか?
TET01271.jpg

僕は自然に両手を合わせ、その蒼の世界に頭を垂れた。
TET01297.jpg

縦糸が「美」、横糸は「愛」で織られた壮大なタペストリー、それこそが自然の神髄なのだと教えてもらった。
             ノムラテツヤ拝
TET01309.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

パタゴニア | コメント:0 | トラックバック:0 |

洞窟の中へ

DSC02895.jpg

ため息しか出ない。
エメラルドグリーンからサファイヤブルーにかけてのグラデーション。光の入り方によって、それらがまるでカメレオンのように姿を変えていく。
DSC02938_2019031707313980b.jpg

「あれがゾウの頭だ」
DSC03041.jpg

船長が岩を見立てて、僕たちに新たな視点を与えてくれる。
凄腕の操舵技術で洞窟の中へ船を滑り入れ、夜光虫が発光するかのような、カプリ島の青の洞窟に入ったかのような錯覚を起こさせる。
DSC03135_20190317073137d64.jpg

地球はなんて綺麗なのだろう。
DSC03146_20190317073137d6d.jpg

自然はどうして美の塊で出来ているのだろう。
DSC03181_20190317073155b4b.jpg

シンプルに表現すれば、それが「愛」そのものだからに他ならない。
TET01004.jpg

「嬉々として喜ぶために、僕たちはここ地球へやって来た」
それが宇宙を創造した神々の願い。
「さぁ、最も美しい洞窟に行くぞ!」
まだ序の口。更に続く圧倒的な世界を、僕はまだ知る由もなかった。
           ノムラテツヤ拝
TET01043.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

パタゴニア | コメント:0 | トラックバック:0 |

マーブルカテドラル

DSC02623.jpg

この旅で最も楽しみにしている場所があった。
「マーブル・カテドラル」。
花崗岩が作り上げた、奇跡の光景だ。
リオトランキーロの村からボートで出航すると、空には彩雲が。
DSC02570.jpg

七色の雲がゆらめき、色づいた。
まず最初の洞窟に船の舳先を入れていく。純白だと思っていた浸食壁は、うっすらと青い。生まれて初めて見る蒼い花崗岩だ。
DSC02606.jpg

そこにターコイズブルーの水がたゆたう。自然が作り上げた花崗岩の殿堂へ、僕たちは少しずつ足を踏み入れた。
         ノムラテツヤ拝
TET00759.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

パタゴニア | コメント:0 | トラックバック:0 |

絶景ランチ

DJI_0824.jpg

パタゴニアで最も美しい河、それがB河だ。
ターコイズブルーのその色は、見る者に突き抜ける感動と畏怖の念を感じさせる。今日はその源流に当たる、ヘネラル・カレーラ湖へ。遠くには雪を纏ったアンデスが聳え、柔らかな波音が響き渡る。
DJI_0832.jpg

深い森には純白のサルオガセが垂れ、空気の綺麗を物語る。
湖から一本だけ外部へ流れ出す地点。ここからB河が始まり、やがて太平洋へと注がれていく。
DJI_0833.jpg

珍しいくらいの穏やかな天気に、フェデリコと話し合って予定を変更。車の中で済ませようとしていたランチを、湖畔沿いでテーブルを出して取ることに。我らの旅は、自由自在&臨機応変が持ち味。絶景を見ながら、美味しいランチの始まりだ。
「手を合わせて下さい。頂きま~す!」
             ノムラテツヤ拝
DSC02508_20190315163254ba1.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

パタゴニア | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>