写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

混沌

DSC00385_201602101535029e4.jpg

混沌。
僕はこの言葉が好きだ。
相反するものが、ごちゃ混ぜになっている世界。
すべてのものが、今のままで良いのだと教えてくれる。
DSC00546.jpg

現在のネパールは、まさに混沌の時代を迎えていた。
地震の復旧が進む首都部と、全く進まない地方部。
恐ろしいほどの貧富の差と、観光地に潜む光と闇。
DSC00542_201602101535015a7.jpg

自分の足で感じることの大切さを、今回もまた痛感した。
南風に乗ってインドから粉塵が飛んでくる。
それらがスモッグとなり、大気を汚染していく。
現地民たちもマスクをし、一日でそれらを真っ黒になる。
何が良いのか、悪いのか・・・
こんな場所に身を置くと、自分の心の奥底にある声が嗚咽のように浮かんでくる。
「僕は何を求め、何処へ向かうのか?」
その輪郭が、クッキリと目の前に浮かんだ。
             ノムラテツヤ拝
DSC04126.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

心象風景

DSC00278_201602090948310aa.jpg

祈る人、マニ車、手のアップ。
監督の姫が心に描く風景を写真に収めていく。
スワヤンブナート寺院は朝日に輝き、猿の親子が闊歩する。
道端には、真っ白い眉毛と髭を生やしたシブいお爺さん。
DSC00333.jpg

寺院の中では、一心不乱にお経を唱える人々。
DSC08917.jpg

そしてそれを支えてきた皺の刻まれた手。
日常は美しいと思う。
人々の暮らし、それは限りない美を内包している。
             ノムラテツヤ拝
DSC08910.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>