FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

植物の智慧

DSC_7203_20200625110607b66.jpg

世界で一番好きな花、それはマーチリリー。
南アフリカの一部の原野にしか咲かない、幻の花。
DSC_6558.jpg

現地民から教えてもらった特別な場所で、僕は朝夕夜と目を向けた。
DSC_6097_20200625110606558.jpg

花は確かに綺麗。でもそれ以上に智慧深く、狡猾だ。
DSC_5963_20200625110606481.jpg

その清濁併せ持った存在に、僕は惹かれ続けているのだと思う。知れば知るほど、植物たちの賢さに頭が上がらない。
         ノムラテツヤ拝
DSC_5947.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

南アフリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |

日傘リス

DSC_4495_2020060308224720c.jpg

今日は、暑くなるみたいだよ。
大丈夫、僕らには尻尾があるから。
日傘代わりに使えば、ほらこの通り。世の中、工夫次第で何とかなるもんだね。
         ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

南アフリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |

神の使い

DSC_3119_2020051906371847e.jpg

アフリカに神の使いがいる。
現地民も、その神々しさにひれ伏す動物、それがホワイトライオンだ。まさに、手塚治虫の「ジャングル大帝レオ」。純白のたてがみが風になびくたび、その圧倒的な美に僕は支配される。
折角この地球に生まれたからには、実際に見て感じて欲しいな。この誇り高き白き王者の存在を。
          ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

南アフリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |

コビト

DSC_0449_20200518165556e7e.jpg

「母さん、待ってよ~」
「早くいらっしゃい、狩りに出かけるわよ」
「ステイホームじゃないの?」
「段階的に解除してるから、私たちもね」
「危なくないの?」
「19人の小人に気を付ければ、大丈夫よ」
「コビト?」
「そう、COVID-19」
         ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

南アフリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |

わらしべ長者

DSC00269_202005171648309a4.jpg

昔、ある一人の貧乏な男がいた。毎日真面目に働いても暮らしが良くならないので貧乏から何とか逃れようと観音様に願をかけると、「初めに触ったものを、大事に持って旅に出なさい」とお告げをもらう。男は観音堂から出るやいなや石につまずいて転び、偶然1本の藁しべ(藁)に手が触れた。
こんなで出だしで始まる物語は、有名な「わらしべ長者」だ。貧乏な男は、やがて藁しべ→アブが結び付けられた藁しべ→蜜柑→反物→馬→屋敷と長者になっていく。
昨日、大好きな芦川さんの話を書かせてもらった。その反響たるや凄まじく、娘さんのヒロコさんからも丁寧な返事を頂いた。有難いことです。その芦川さん話の中に、「ワイナリーのオーナーになりたい」と書いたが、その夢をちょっとだけ補足させてもらおうかな。
DSC00282_20200517164829b0a.jpg

南アフリカ共和国に2年間住んでいた時、僕はひとつのワイナリーに魅せられることになる。仮に名前をOワイナリーとしようか。そこはまるでドロミテ山脈のようなゴツゴツした山の麓に葡萄畑があり、素敵なワイナリーハウスが。大きな窓からは借景のような眺め、美しきカウンター、そして極上の白&赤ワイン。すべてが僕の理想通りで、社長に掛け合い、いつかこのワイナリーを僕が買うからと握手を交わした。
ワイナリーのオーナーになったら、やりたいことが2つある。秋に絞ったワインを、南アフリカに遊びに来てくえる友人、知人たちにこうやってふるまう。
「これ、つまらない僕のワインだけれど、呑んでみてよ」って。そして、友人が帰国するおりには、手で持っていけるだけという制限付きで、好きなものを何本でも持ち帰ってもらう。つまりは、世界中の仲間たちが集う、笑える場所、楽しい場所の一つを、南アフリカで作りたいのだ。
R0022261_202005171648299b9.jpg

有難いことに、僕らの世代は粒揃い。世界で活躍する魅力ある男性、女性が数多くいる。彼らがそれぞれの場所で、そんな場所を作ってくれたら、2つ目の目的である理想の生活が完成する。半年は世界中からの仲間を、ワイナリーでアテンドして、爆笑しながら過ごす。残りの半年は、世界中を旅しながら、彼らの作る理想の場でアテンドしてもらい、今流行りのもてなし方や、昔から変わらぬ国独自の真心を学び、それをまた次の半年間に生かす。そうやって、世界中のご縁ある仲間たちと、生涯地球を遊びきりながら、爆発的に進んでいきたいと願う。
昨日の文章の最終部を再記する。
「てっちゃん、やりたいことはなんだ?」
「ワイナリーのオーナーでしょ。ヘリで地球をくまなく空撮もしたい。そして周りの人が笑顔になり続けるような環境を作ること」
「分かった。てっちゃん、大切なことを言うからね。その想いはどんな人の前でも口に出して伝えること。人生は短いんだから、稼ぐことに気を取られて、やりたい本質を失っちゃいけないよ。お金はただの手段でしかないんだ。やりたいことを魂の中心に据えて、真っすぐに生きるんだ。そうすれば僕みたいなヤツが必ず、てっちゃんを応援してくれるから」
そして、今日、息が止まりそうなメールが届いた。
「哲ちゃん、芦川さんが、言ってる人、私、です。ワイナリーを、キヤッシュで、買えますよ!お手伝いをさせてください」
何度目を擦っても、やっぱりキャッシュという文字が飛び込んでくる。
「えっ、うっそ・・・ちょっと待って、待って」
メールの送信主は、いつも良くしてくれる、すこぶる格好良い御夫婦だった。
目指せ、わらしべ長者。やっぱり、口に出すことって大切ですね。僕はワイナリーのオーナーになるぞぉ~!!!
                  ノムラテツヤ拝
R0022268_20200517164828fb6.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

南アフリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>