写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

王宮探検

s-R0014960.jpg

フエの王宮へ。
その堀で、釣り人が長閑に糸を垂らす。
門をくぐり、ホーチミン氏の写真が掲げられるパレスへ。
s-R0014969.jpg

中には民族衣装に包んだ人々がずらずら。
s-R0014977.jpg

だだっぴろい地に、王様の間やら、応接室やら、見どころ満載。
s-R0014981.jpg

最奥からの眺めに、しばし、時を忘れてしまう。
ベトナム屈指の古都、フエ。
その風の中に、王家の物語を探した。
s-R0014986.jpg

帰り道、カエルなのか、巨大トカゲなのか、焼酎漬けされていた。
仲良く肩を組んでいるようで微笑ましかった。
                  ノムラテツヤ拝
s-R0014994.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!  
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ベトナム | コメント:1 | トラックバック:0 |

アオザイ

s-R0014944.jpg

ベトナムの民族衣装といえば、アオザイ。が、学生からおばあちゃんまで、アオザイは絶滅しつつある。
なぜ? 単に日本の着物のように面倒だから?
数日町を歩いて感じたのは、ヘルメットとの関連性だ。
ベトナムはバイクが多い。昔は自転車。
アオザイにバイク、自転車にバイクは、写真などでよく見かけた光景だ。
そこにベトナム傘を被る人もいる。しかし、今は取り締まりが厳しく、ヘルメット着用率が98%くらいになる。
そこでアオザイとヘルメットという形が考えられるが、これが傍目にも変。ベトナム人たちは、アオザイを脱ぎ捨て、西洋の服にヘルメットという出で立ちができたのでは?と邪推する。
でも、たまにハッとするアオザイ美人にも出逢う。
s-R0014945.jpg

路地では、バイク用の防塵マスクが売られ、市場では傘をかぶり金を品定めするおばさん、そして現代を象徴するヘルメットな若者。
s-R0014946.jpg

その今昔の交錯に、見とれてしまう。
                   ノムラテツヤ拝
s-R0014947.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!  
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ベトナム | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>