FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

世界最高のホタル場

蛍風景3

2日目の夜は、ホタルにとって最高の状態だった。
ムッとした湿気があり、風は皆無。ドローンで上から眺めると、パンパ地帯には見渡す限りの大豆畑が。世界には2000種類のホタルが生息しているが、見たことのない白っぽいホタルが大平原を埋めるのだ。光り方はビカビカッと連射する日本のヒメボタルに似ているが、大きさはヘイケボタルほどある。
故郷が岐阜なため、昔からホタルにはよく遊んでもらった。葱坊主にしたり、ありったけの蛍を掴まえて車に入れ、翌日はホタルの墓になっていたことも。思い出せばキリが無いほど、ホタルとは縁が深い。
一匹、また一匹と光り始める。この発光物質はルシフェリンと呼ばれ、ルシフェラーゼという酵素とATP(アデノシン三リン酸)が働くことで発光する。飛びながら光るのは主に雄で、葉の上にいる雌はその光り方で愛する夫を決める。つまりホタルの飛翔は、フェロモンの乱舞でもあるのだ。
output_comp7.jpg

ラピスラズリ色の星空に南十字星やオリオン座が輝く、そこに流星のように流れるホタルの軌跡。昨夜の3倍以上出現しているだろうか?まさに数百万のホタルが地上の星のように煌めいた。
TET08732 (2)

命の炎は、地平線まで埋め尽くし、ビカビカと連射する。そう、今から思えば、ホタルたちは知っていたのだろう。翌日から大雨になることを。最新の研究によれば、成虫になったホタルの寿命は、オスで平均3.3日、メスで平均5.7日ほど。だからこそ、今夜燃え尽きなければと、ありったけの力で命を表現したのだ。
連綿と続くその力強さに、僕はパンパ地帯で圧倒された。世界最高のホタル場、100キロ続く蛍の道が、ここアルゼンチンにある。
             ノムラテツヤ拝
1549891966588.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アルゼンチン | コメント:0 | トラックバック:0 |

YOUは何しに・・・

DSC09241.jpg

「YOUは何しにアルゼンチンへ?」。
A村のガウチョ祭りに招待され、市長と対談形式の取材を受けた。
「どうして、こんなに大勢の日本人がうちの村へ?」
「それは世界一のホタル場だから」と昨夜撮影した写真を見せると、取材側は目を丸くした。
「本当にうちの村の風景なのか?」
DSC09322.jpg

灯台下暗し。そう、身近なところに沢山宝物は隠れているもの。市長と撮影し、美人のガウチョたちを見て、さぁ、2度目の本番へ。
DSC09303.jpg

風は無風。いざ、ホタルの聖地へ。
             ノムラテツヤ拝
IMG-20190210-WA0006(1).jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アルゼンチン | コメント:0 | トラックバック:0 |

肉王国

DSC06413_201903021742059da.jpg

町中を散歩。
見事な尖塔の教会に朝日が当たり、独立請負人のサンマルティン将軍が建つ。
ランチは肉の王国アルゼンチンらしく、アサード(焼き肉)で決まり。
DSC06443_20190302174204be7.jpg

世界で最も美味しい羊肉、それがここにある。そのあばら肉(コスティーヤ)にたっぷりのチミチュリ(香辛料)をかけて、大きなナイフで切り分けながら頂きま~す。
口に含んだ瞬間、脳天から足先まで電撃が走っていく。このあばら骨まわりのゼラチン質の美味いこと!
レストランで友達になったタンゴ歌手が、「私、今日誕生日なの」と話しかけてきた。皆で誕生日を祝おうとバースデーソングを贈ると、お返しにとタンゴの名曲ラ・クンパルシータを歌い返してくれた。
https://bit.ly/2GTJXlb
こんな現地民との触れ合いが、後から振り返ると、深く心に刻まれていることがよくある。旅とは絶景を見るだけではない。そこに生きている人と時間を重ねるからこそ、無限の面白さがあるのだと思う。それにしても、さすがプロ。上手かったなぁ。
              ノムラテツヤ拝
IMG-20190211-WA0009.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アルゼンチン | コメント:0 | トラックバック:0 |

蛍の海

output_comp_2019030115593608a.jpg

緊張しながら車を走らせていると、「あっ、いたいたっ」と声が響いた。
「えっ、どこどこ?」
闇の中に、ポツンポツンと明滅する蛍の光。ブレーキをかけたが、思いとどまった。生まれて初めての場所、ロケハンも兼ねて、更に奥へ行ってみよう。胸を高鳴らせ、そこから10分ほど走ると、あたりは光の世界になっていた。
畑の脇に停車し、外へ飛び出すと、皮膚に何かが触ってくる。ヘッドランプの明かりを付けると、それらは全て大きな蚊だった。慌てて戻り、虫よけをシュッシュ。三脚を持って、道端から畑を狙った。
この辺りは、世界有数の大パンパ地帯。地中60mまでが岩のない土壌が広がっている。タイムラプスをかけながら、少しばかりのテクニックを使う。写真とは想像の産物。どれだけ撮る前に具体的にイメージできるか?それに近づけるために、出来るうることは全てヤル。
陽が沈んでから1時間後、自分を支点に360度、地平線まで蛍に包まれた。遠くに町の光が。地図で測ると、それは50キロ先の光だった。半径50キロということは、僕の周りには直径100キロの蛍が光を放っていることになる。
元画像で見られたい方は以下からご覧下さい。圧巻です。
「100キロ続く蛍の道」が確かにある。世界は恐ろしく深く、そして広大無辺だ。
数十万、数百万匹の蛍が命を燃やす大乱舞。それはまさに地上で輝く星のよう。空には天の川。僕は星と蛍を一枚に重ねた。夜空に蛍という流星がひとつ、またひとつ。
           ノムラテツヤ拝
A5 (1)
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アルゼンチン | コメント:0 | トラックバック:0 |

ホタル隊

DSC08826.jpg

「ホタル隊」と名付けられた今回の旅は、最初から勝負している。
情報源から聞いているのは、アルゼンチンのパンパ地帯に、ホタルの大発生が起こるということ。大体の場所は聞いているが、それらを最後に目撃されたのは今から6年前のこと。
でも、あまりにその情報が魅力的なのだ。
「100キロ続く蛍の道」
そんなものがこの世に存在するのか? あるわけ無いと切り捨てるのは簡単だ。でも、僕はこれと同じ経験を以前にしていた。南アフリカに100キロ以上の花道が存在する。それを信じて踏み込んだら、600キロもの花道が喜望峰まで続いていた。
どこにある? 車を飛ばしながら目的地へ向かう。アルゼンチンには今まで40回ほどは行き来しているが、生まれて初めて足を踏み入れる場所。
大きな夕陽が、パンパ地帯に沈もうとしている。車を止めて、参加者の皆で眺めた。
DSC08837.jpg

僕は、草むらに目をやる。もうフライング気味のホタルであれば、光り始める頃。いない、いない。どこにいる。雲は真紅に焼け、闇が少しずつ迫ってくる。
「ここじゃない、場所を変えましょう」
インスピレーションに導かれるように、僕たちは車を北へ向けた。
               ノムラテツヤ拝
TET07505.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アルゼンチン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>