写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

最終夜

DSC09422.jpg

ウユニ塩湖も最終日。
空は完璧に晴れ渡り、鏡のような塩湖に星々が映り込む。
DSC09458.jpg

みんなと天の川もこんな風に自由自在。
DSC09424.jpg

自分が愛して止まない自然を、ご縁のある仲間が愛し始める瞬間、
僕は無上の幸せを感じる。そしてその大きな愛が天へ届き、より一層、自然はまばゆい光景を見せてくれるのだ。
朝日が昇る約1時間前に、ゴールデンタイムが訪れる。
天の川と青空が交わるのだ。
時間にして、たったの5分ほど。
「ブルーモーメント」。
蒼の時間と形容される美しき瞬間だ。
DSC09501.jpg

僕たちは後何度、こんな風に夜空を、蒼の時間を体験できるのだろうか?
一期一会とは良く言ったもの。
一回、一回、かみしめながら、大切に感じていくしか、その答えは出ないのだろう。
圧倒的な星空が、地球から見える。
それを経験しているかどうかは、これからの人生にとって、大きな差を生むような気がする。
             ノムラテツヤ拝 
DSC09491.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ       

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |

さぼてんの島

DJI_0079.jpg

ウユニ塩湖の中心に、インカワシ(魚の島)がある。
ここは、世にも珍しいハシラサボテンが群生し、塩湖とのコントラストが存分に楽しめる地。
3月下旬~4月上旬は、鏡張りもあれば、乾季のような風景も見られる。
座り込んで撮影すると、塩の結晶が陽光に照らされてキランキラン。
DSC00614_201704171614210bb.jpg

今日は、塩湖の真ん中でピクニックランチ。
車もパラソルも、カラフルに光り輝いた。
DJI_0087.jpg

インカワシで、ウユニ塩湖の古くから伝わる神話を聞かせてもらった。
トゥヌパ火山の涙が、この塩湖を作ったという壮大な悲恋詩。
目を瞑って想像すると、日の光はより暖かく、高地特有の澄んだ風が頬を通り過ぎていった。
DSC00788.jpg

今なら断言できる。
世界で唯一の絶景がウユニ塩湖にある。
死ぬまでにぜひ訪れて欲しい場所、それがウユニ塩湖なのだと。
                ノムラテツヤ拝
DSC00836_20170417161418e65.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |

トライ

DSC00547_201704151808126fb.jpg

自分を振り返るときに、一つ気にすることがある。
「今、何か新たな試みをしているか?」
それが思い当れば良し。でも、忙しさにかまけて、それらを言い訳にして、忙殺していたら。行動がルーティーン化し、今までやってきたことだけで日々が終わっていたとしたら、僕は落ち込む。
「勢い」というのは、状態が良いときに攻めること。時間を作って、新しい体験をどんどん試みること。そうすれば、ちょっと状態が悪くなっても、その時の伸びしろで前を向いて進んでいけるのだと信じている。
写真、講演、執筆、セミナー、撮影会、それに伴う国内・海外の旅のアテンドやガイドと走ってきたが、それらが日常になることで、新たなことをする時間が作れなくなっていた。
例えば、新しい本を今2冊作りたいと考えているが、企画書さえ仕上げられない。新しいことをするのは、いつもしている事と比べ、明らかに労力が必要となる。でも、それらの手間を、挑戦を止めた瞬間、ドキドキ・ワクワクという“体内に燃えたぎる炎”が小さくなってしまうような気がする。
まず、明日の箱根撮影会が終わったら時間を意識的に取る。そして、新しい企画書を大切に書き上げ、出版社へ持ち込もう。
「常に新しい風を取り込み、体験を経験という血肉へ変えていこう」
ウユニ塩湖で試みたように、今よりも高くジャンプをして、そこから見える風景を大切にしたい。
               ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |

命日

DSC07245_20170414190804b7a.jpg

としさんが亡くなって、もうすぐ一年になる。
「てっちゃん、一緒に祈ろうか」
ひろちゃんが、としさんの遺骨を手のひらに置いた。
としさんの分身は、ウユニの風に乗って、大空へ飛び、舞った。
あの大きな笑顔を思い出すだけで、今でも胸が締め付けられる。
でっかい、でっかい、打ち上げ花火のような人だった。
http://fieldvill.blog115.fc2.com/blog-entry-2724.html
夕日が、まるで海へ吸い込まれていくように、塩の湖へ溶けていく。
テルテル坊主のようになったかと思いきや、最後はグリーンフラッシュ。
幸福の緑の光が輝いた。
DSC07313.jpg

「としさんの仕業ですね、きっと」
「あいつならやりかねないな、神様を脅して、最高の夕日を出せって」
やがて背後の雲が焼けてくると、周りの空気がピリピリと張り詰めてきた。
どうしたんだろう?
振り返ると、僕たちは一瞬で固まった。
そこには大きなフェニックスが飛んでいたのだ。
としさんがあの世から不死鳥となって、こちらを見下ろしていた。
ダメだ・・・
僕はただ見上げ続けた。
そうじゃないと、涙が溢れて止まらなくなってしまうから。
            ノムラテツヤ拝
DSC07522.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:2 | トラックバック:0 |

俯瞰

DJI_0059.jpg

ウユニ塩湖を縦横無尽に嘗め尽くす。
これが旅のテーマだった。
持参したのは、ドローン。
今の僕たちを俯瞰すると、今まで見えなかった感情が芽生える。
圧倒的な自然、強烈な印象、突き抜ける感動。
僕たちはそれらをキッカケとして、自身を変化させることが出来る。
相手を変えることなんてできない。出来るのは自分を少しずつ変化させ、周りがそれにつられて変わること。この世はただ在るだけなのだから。
陽が落ちてくると、塩湖の色も変わってくる。
水面すれすれに視線を傾けると、ブルーの世界。
この世に必ず神、またはサムシンググレートはいる。
人間では決して到達できない、こんな繊細で偉大なものを創造できるのだから。
僕は信じる。この美しき地球の自然を、この繊細で壮大な尊さを。
               ノムラテツヤ拝
DSC08340.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>