写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

撮影秘話

DSC03696-2.jpg

今年の初めにハワイ島を訪れた時、現地に住む親友が、僕に会うなり言った。
「のむらくん、死ぬかもしれないけれど、好きそうな現地ツアーがあるよ」
話を聞くと、数日前に大きな岩が崩落し、そこから溶岩が海へ勢いよく流れ落ちているという。
そこにボートで近づくというんだから、確かに死にそうだ。
何かを判断するとき、僕は一つだけ大切にしていることがある。
「どちらの方がワクワクするか?」
もちろん答えは明白だった。
夜明け、僕たちはボートに乗り込み、20キロ先の崩落現場まで船を走らせた。
闇の中、オレンジ色の光がどんどん近くなり、海から上がる蒸気が見えてきた。
残り200mを切ったところで、カメラの異変に気付いた。
ソニーのカメラα7RⅡに、70-200mmGMレンズで撮影しようと用意していたら、何故か電源を入れてもAFが駆動しない。マニュアルで取るにしても、まだあまりに暗いのでリスクがある。
100mをきった。
仕方ない。もう一本のレンズ、24-70mmGMレンズに切り替えた。
20mを切ると、溶岩の滝が地球の血管のように見えてくる。そして海面からは爆発的に煙が上がった。
レンズが突然見えなくなる。慌てて前面を見ると、熱くてレンズが曇ってしまっていた。
拭いてシャッター、また拭いては撮影の繰り返し。
溶岩滝にあまりに近づき過ぎて、火傷しそうになる。もう10mをきっているだろうか。
有毒ガスで涙がとめどなく溢れる中、ふっと闇の海面を輝かせる溶岩の反射に気づいた。
船から身を乗り出し、手を下に伸ばせるだけ伸ばす。背面の液晶を見ながらピントを合わせ、海面すれすれからシャッターをきった。
海面の赤い光、そして水蒸気が奇跡的に止んだ一瞬、稲妻のような滝が海面へ飛び込んでいった。
「写真は自分が撮るものではなく、撮らせてもらうもの」
まさしく写真の神様が撮らせてくれた一枚だった。
もし最初に70-200mmの望遠レンズが壊れてくれなかったら、僕はこの引いた写真は撮ることが出来なかった。もし70㎜域で撮っていたとしても、重くて手ぶれしていただろう。
この時の撮影の模様(動画+文章)は、下記で見ることができる。
http://www.sony.jp/ichigan/a-universe/news/122/
僕の力ではなく、何か大きなるものに撮らせてもらった写真だからこそ、最期まで面倒をみたい。
折角、世界一のナショジオフォトコンテストPEOPLES-CHOICEにエントリーして貰えたのだから、日本代表として、日の目を見させてあげたい。
http://travel.nationalgeographic.com/photographer-of-the-year-2017/gallery/peoples-choice-all/15
だからこその一票を、どうぞ、どうぞ宜しくお願いします。
                   ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アメリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |

たびのおわり

DSC05431.jpg

ハワイの旅が終わり、日本へ。
眼下の夜景を見ながら、カメラを構えた。
写真に撮れないものは無い、そんな時代だからこそ自分が何を切り取るのか、撮らせてもらうのかが、より重要になってくる
のだろう。
大地は漆黒になり、街明かりがポツポツと付き始める。でも、西側に聳える富士は、まだ夕方の朱色が残っている。
あわいの時間。
僕はこんな夕方でも夜でもない「間(あわい)の刻」が好き。
そして一日の中で最も美しい時間だと思っている。
飛行機はゆっくりと最終着陸態勢に入った。
街の明かりは、まるで宝石のように闇の中で光り輝いた。
              ノムラテツヤ拝
DSC05450.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アメリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |

理想の家族

DSC02229.jpg

嫉妬する。
日頃からあんまり人を羨んだり、嫉妬したりすることは無い方だと思うけれど、
やっぱりハワイ島の愛すべきしげるっち家族には嫉妬する(笑)。
どんな時もしなやかで、中心に揺るがぬ芯が伸びる奥様のみどりさん。フラダ
ンスからヒップホップまで何でもこなし学業優秀な心優しきまこちゃん、そして
狩猟に惹かれて今は銃のライセンスまで持つ野生児こうちゃん。
こんな家庭、未だ僕は見たことがない。
DSC02247_20170202193424c7d.jpg

親友のしげるっちは鬼太鼓座の初代メンバーで、北米中をマラソンしながら駆け抜け、最後はカーネギーホールで演奏した。
みどりさんはプロのダンサーで、NYで大活躍。そんなやりたいことをやりたいだけやってきた二人が、NYを離れて選んだ地、それが、この自然多きハワイ島だった。
DSC02244.jpg

二人は「やれば出来るよ」なんて子供たちに言わずに、なれるイメージの道しるべを作り出す。だから子供たちにやりたいことを聞くと、いつも驚くべきほど明確に、そして多くの夢を抱いている。
夢が叶う道は2つ。そこになれるよう努力するのは勿論だけれど、叶うイメージ、そして自分を愛し、信じること。それが出来ていれば、もし求める道が何かで塞がれても、また別の素晴らしき道が切り拓かれていくのだと思う。
最後の晩餐はカウアイ島産のエビとパパイヤサラダ、そして極上のラム肉だった。
DSC07598.jpg

その後に、こうちゃんと一緒に吹き矢競争。
ふふふ、私もアマゾンで慣らしたくち、負けませんぜ!
ハワイ最終の夜は、静かに、優しく過ぎていった。
            ノムラテツヤ拝
DSC07606.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アメリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ラストティキ

DJI_0169.jpg

始まりと終わりは見えていた。
子供たちのために作る写真絵本。今度のテーマはポリネシア。
面積の巨大だが、物語も壮大になる。
イースター島、タヒチから始まり、ニュージーランド、ハワイで最後へバトンへ渡していく。
それぞれの繋がりは問題ない。でもハワイからラストの展開へ持っていくエピソードが見えなかった。
見事な溶岩の滝を見ても、キラウェア火山と満天の星を仰いでも、そのことがいつもあたまの隅にあった。
民泊した家に、ハワイの古代の建造物という本が転がっていた。
何気なく見て行くと、驚くべきことが書かれている。
今、現在ヘイアウ(神殿)に立つティキは、新たに作られたもの。
昔から連綿と続いてきた最後のティキは、祈り込みがされてきた本物のティキは、たった一体しか現存していないという。
そこに書かれている地図を読み取っても、いまいち分からない。
でもどうしても行かなければ。
DSC04975.jpg

翌朝、僕は新しく作られたホナウナウのティキの写真を撮影してから、最後のティキを探した。
膝まで水に浸かって行くと、海沿いの森の中に一本の白木が立っている。回り込んで見ると、顔も無く、ただの棒のようになって
いた。
DSC05142_20170202180531447.jpg

落胆しながら撮影を始めると、そのティキの背後に白い影が見えた。
DSC05165.jpg

近寄ると、それは倒れた、朽ち果てて行くティキ。背後に回るとしっかりと顔が残り、その大きな瞳と目が合った。
その瞬間、この本の一本に繋がり、圧倒的な感動が脳天へ突き抜けていく。
こんな時、僕は何かを作り上げる仕事に携われて良かったと感謝せずにはいられない。
やりたくてもやれない人が沢山いる中、こうして自分の作りたいものを、世に出していける幸せ。
この朽ちていくラストティキが、最後のピースを埋めてくれたのだ。
すぐにノートの今の気持ちを書き留めて、僕のハワイの仕事は終わった。
さぁ、しげるっちの家で、最後の晩餐をしようっと。
               ノムラテツヤ拝
DSC05188.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アメリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |

大地の釜

DSC04829.jpg

夜、キラウェア火山へ出掛けた。
大地の釜のような火口からは、マグマがドップドップと上がり、元気そのもの。
天の川や南十字星が丁度真上にかかってきたので、それらと重ねて撮影。
湿度を含んだ暴風に吹かれていると、身体の芯まで冷えてくる。
ぶるるっっと震えながら、今度は動画も撮影。深紅の飛沫が激しく舞った。
DSC05071.jpg

ハワイはほんと多様性に満ちている。
大自然が好きな僕は、やはりカウアイ島とハワイ島に惹かれてしまう。
1年かけて、いつかハワイ島のすべての島をくまなく巡ってみたいな。
新たな夢が生まれた瞬間だった。
            ノムラテツヤ拝
DSC04855.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アメリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>