FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

尾道水道

RXT04483.jpg

瀬戸内海で最も風光明媚な地と言えば、やはり「尾道」だろうか。
坂の多い街並みは、大林監督の三部作(転校生、時をかける少女、さびしんぼう)でも有名だ。ロープウェーに乗って見下ろすと、昨日通ってきた尾道水道が弧を描くようにして流れていく。その時、頭に弾けるものがあった。
IMG_2836.jpg

最高の時間帯に、しかるべき場所で、撮りきる。
すると、今まで見たことのない「尾道水道」が姿を見せた。
DJI_0033.jpg

写真は、想像の産物。その視点を作るために、日々の積み重ねがある。
              ノムラテツヤ拝
DJI_0028_stitch.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

鞆の浦

DJI_0995.jpg

宮崎駿監督が社員旅行で初めて訪れた鞆の浦。
海と山はもちろん、古い町並みあり、人情ありのこの地に惚れこみ、その後、何度も足を運んだ。その甲斐あって、完成したのが「崖の上のポニョ」。その地を自分の足で歩いてみたかった。
RXT04408.jpg

現在、新たな橋を架ける働きがあったが、鞆の浦の人たちは「昔のままが良い」と頑なに固辞。映画のシンボルだった常夜灯や自然石で海上に伸びる波止、そして匂たつ生活の香り。
RXT04404.jpg

海へ目をやると、弁天島に仙酔島。昔から海の要衝として栄えた港らしく、ここはまさに海神(ポセイドン)が眠る地。細い路地を歩けば、まるで神社の境内に入ったかのよう。まさにご神域だった。
            ノムラテツヤ拝
DJI_0985.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

仙酔島

DJI_0961.jpg

「仙人は森の中に住み、夕陽を眺めながら酒を呑む」
だから、仙酔島(せんすいじま)。
それらを眼前で見せてくれるような素晴らしい夕日だった。
IMG_2793.jpg

雲が焼け、海に落ちる太陽道に、船が一艘、また一艘と帰っていく。
IMG_2795.jpg

夕日が沈むその瞬間、森の木々が真紅に染まり、妖艶な雰囲気が漂った。
RXT04337.jpg

鞆の浦港へ戻ると、まあるい満月におおきな暈が。
IMG_2814.jpg

さぁ、我らも仙人に負けずに、夜中まで呑みますか。
               ノムラテツヤ拝
RXT04348.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

瀬戸内クルーズ

IMG_2751.jpg

友達のツッチーをどうやって紹介すれば良いのかな?
海猿の先生、船の買い付け、運転、メンテナンス、クレーン作業、カジキマグロ釣り師、従業員を抱える社長、国家試験収集マニアなど、う~ん、まだまだありそうだ。つまり遊び関係、海関係のプロフェッショナル。
だからかな? 海無し県の岐阜県に生まれ育った僕にとって、ツッチーはとても刺激的だ。ハワイツアーで一緒に旅したお父さん、お母さんも、やはり素晴らしかった。こんな心のデッカイ年下の漢が日本国内で育つんだ、ということに強い衝撃を受けた。
RXT04097.jpg

今朝からは約束通りの瀬戸内クルーズ。井上さんの格好良い船を借りて、ツッチーの運転で出航だ。凪いだ海をぶっ放して、演歌で有名な交通の要衝「尾道水道」を通り、
RXT04179.jpg

児島にかかる橋のたもとへ。
IMG_2782.jpg

こうやって真下から橋を見上げると、視点が新鮮で斬新だ。
IMG_2783.jpg

風を切って、僕も運転席に座らせてもらう。きゃぁぁ、気持ち良い~!
IMG_2780.jpg

陽が斜めに傾く頃、海の向こうに鞆の浦港が。あのポニョに出てきた造船所と常夜燈が少しずつ近づいてくる。
RXT04292.jpg

こうやって、昔の人たちはホッと胸を下ろしながら、海の一日を終えたのだろうか。そして海人を抱くようにして、この鞆の浦があったのだろうと、嬉しくなってしまった。
豊か。瀬戸内は日本屈指の豊饒さを讃えていた。
「さぁ、てっちゃん、仙人が酔う島に向かうよ」
ツッチーパパがニッカリと笑った。
           ノムラテツヤ拝
DJI_0957.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

福山の夜

RXT03957.jpg

海外に足を踏み入れた分だけ、日本国内も旅する。
「どっちかに偏らない」が信条なので、ずっと憧れていた場所へ羽田から飛んだ。
「ポニョの舞台になった鞆の浦に行こうと思って」
「いつ? そこなら俺も行くよ」
「良いよ、いいよ、忙しいんだから」
「いんや、行く。鞆の浦は海から見ないと良さが分からないから、俺の地元を見せたるわ」
大好きな漢ツッチーが、そこまで言ってくれるのであればと、頭を下げた。
山奥の広島空港へ到着後、レンタカーで福山へ。ホテルへ投宿すると、すぐにラインが。
「ホテルの前で待ってる。おかんも一緒」
そう、去年の11月のハワイ隊に、ツッチーとおとん、おかんが参加してくれていたのだ。
「お久しぶりでーす」
愛の人おかんとハグし、福山の懐石料理店の「なかくし」さんへ。ツッチーの友人の井上さん、いずみちゃんと一緒に、地元の美食を堪能した。印象に残っているのは、新鮮な刺身はもちろん、揚げたクワイ、
RXT03932.jpg

そしてしんじょうが入ったハマグリの澄まし汁。
RXT03951.jpg

もちろん、広島産の牡蠣も頂きました。
2次会は文化人たちが集う渋いBarで、戻ったのは26時半過ぎ。さて、明日からの瀬戸内クルージングは、大丈夫かしら?
           ノムラテツヤ拝
RXT03982.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>