FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

アカショウビンの森

akashobin.jpg

ピョロロー、ピョロロー、と森から不思議なさえずり声が響いてくる。声の主は、夏の渡り鳥、アカショウビンだ。
山好きの父と母を連れて、今日は屋良部岳へ。昨夜の雨でぬかるんだ急坂を、丁寧に一歩一歩着実に登り頂上へ。そこからは石垣島を一望する絶景に囲まれた。
IMG_6412.jpg

「お母さん、高いところ大好きよ」と、母はウキウキ。
「お父さん、最近平衡感覚が」と、父はヨロヨロだ。
TEN08190.jpg

直下にはノルウェーの「トロルの舌」そっくりの磐座もあり、賽銭箱には、硬貨が山盛りに積まれていた。
TEN08219.jpg

さすが湿度が高い島だけあり、帰り道には沢山のキノコを見つけた。
TEN08227.jpg

熱い体をクールダウンさせるため、大好きな川平ファームへ。父はパッションフルーツジュース、母はマンゴージュースを飲む。
「さすが南国ね。マンゴー美味しいわ」
「お母さん、僕のパッションフルーツもなかなかだよ」
今日も、仲が良いことで。二人で分け合い、濃厚接触者になっていた。
               ノムラテツヤ拝
IMG_6428.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

プライベートビーチ

はま

Welcome to my private beach.
石垣島北部に、僕の愛する浜がある。
観光客も地元民も来ない、プライベートビーチ。
https://bit.ly/3eYvzWl
燦々と降り注ぐ太陽と、聴こえるのは波の音だけ。
大自然に抱かれるひと時だ。
          ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

本来のちから

TEN07966.jpg

サガリバナを前に、僕はしばらくカメラを構えずにボーっとした。この前、宇城先生から教わった感覚を、どうしても再現してみたかったのだ。
TEN07923.jpg

頭のてっぺんから氷がピキピキと凍っていき、気が足の裏へ抜けていく。そして全身が透明なクリスタルに・・・。わっ、いつもだとここで気持ちが薄れ、意識が飛んでしまうのだけれど、無意識に何処かから俯瞰しているような状態で、僕と自然界の境が消えていくのが分かった。
DSC03222.jpg

やっぱり、そういうことなんだ。
DSC03438_20200703162242cd7.jpg

長年の疑問が、融解し、僕はサガリバナ、サガリバナは僕になる。どうぞ、サガリバナ本来の「美しき力」をご覧ください。
          ノムラテツヤ拝
TEN07976.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

母の夢

DSC03042_20200703082448fd2.jpg

この世に生まれた時から、溢れんばかりの愛情を注ぎ、僕の夢をたくさん叶えてくれた父と母。だから、父と母にもし夢があれば、僕が全部叶えてあげたい。
「お母さんの夢なの、見に行くのが」
コロナ禍で、自粛ムードがまだ残る中、僕は聞いた。
「来年もまだ夢は逃げないけれど、本当に石垣島へ行く?」
「てっちゃん、私たちももうすぐ80歳、だから来年のことなんて考えないようにしたの。来年は無い。だから私は行きたいな」
腹をくくった瞬間だった。何があっても、母の夢を今年石垣島で叶える。目的の森は、今年も優雅に僕らを待っていてくれた。
「わぁ、こんなに大きな樹なんだ。まるで琵琶みたいな葉っぱね」
父と母は二人で話しながら、夢の花へ近寄った。
サガリバナ。沖縄を北限とする南国花で、夜に開花、朝にすべて散ってしまう儚い命。
DSC03080_2020070308244856e.jpg

「なんだか甘い匂いがするのね!」
「お母さん、見てみて!」
そう、僕はこうやって育ててもらったんだな。事前に予備知識は一切入れず、まっさらな状態で見る、やる、感じる。そこで感動したら、後から湧き上がるように調べれば良い。
初めての体験は、人生でたったの一度きり。だから100%感じないなんて勿体ない。
「母、夢は叶った?」
「うん、満足したわ。やっぱり夢って、口に出して言わないとダメね。お父さん、私の次の夢はね・・・」
DSC02996_20200703082445917.jpg

夜の雅な花見は、高らかな笑い声と共に過ぎていった。
            ノムラテツヤ拝
DSC03033_2020070308244763d.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

竹富島散策

Nmjp3s3lTD-e8ljZpvZ8Wg.jpg

昨夜の雷はすさまじかった。
叩きつけるような豪雨に、プラチナ色に輝く稲妻。まるで、コロナ禍を浄化するように、一時間近く光り続けた。
朝、起きると、母はなんのことかと頭をひねる。
「うそっ、あれだけド派手な雷と雨だったのに?」
「お母さんは、ぐっすりよ!」
そう、野村家の精神的支柱は間違いなく、母だ。何があっても動じない性格に、父、兄、姉、僕が、どれだけ救われてきただろう。でも、僕は知っている。人一倍好奇心旺盛な母は、きっと美しき雷を自分の瞳で見たかったに違いない(笑)
朝食を頂いてから、向かったのは竹富島。
RXT05370.jpg

今まで5度ほど訪れているが、ここまで静かな竹富島は初めて。
RXT05393.jpg

地元民が家の前を掃き掃除していると、父と母が絶妙な距離で寄っていく。
RXT05409.jpg

そしてあっという間に友達になる。いつも感心してしまうが、世界中、何処でも誰とでも絶妙に距離を詰め、地元に溶け込んでしまう力。もう一人のおっちゃんなんか、自分の身の上話まで話しだし、最後は父母と激しい握手を交わしていた。濃厚接触者、一丁出来上がりっ!
RXT05411.jpg

ハイビスカスに目を奪われ、
RXT05420.jpg

RXT05443.jpg

石垣島の語源となった、サンゴで積まれた石垣の道を風に吹かれて歩く。
RXT05398.jpg

幸福って、たぶんこういうこと。ちょっと足を止めたら、なんと白きパパイヤの花が開いていた。
RXT05455.jpg

さぁ、17時からが本番だ。親子旅のハイライト、母の夢を叶えに行く!
             ノムラテツヤ拝
RXT05463.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>