写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

α9

α9カメラグランプリ

御目出とうございます。
このたび、ソニーの最新機種α9が、カメラグランプリ2018大賞を受賞しました。
今日はカメラとは一体何なのか?から書き出してみようと思う。 
フィルムカメラの時はフィルムに光を透過させて現像液で色を定着させた。それに対してデジタルカメラはイメージセンサーで光を取り込み、画像エンジンで写真に処理していく。では、このイメージセンサーは何処で作っているのか?それ
が日本の雄・ソニーだった。
他にイメージセンサーを作っている会社はカメラメーカーだとキャノンしかない。でもその差は約2年、ソニーが進んでいるという。そう、勘の良い方ならもう分かるはず。
47-9.jpg

キャノン以外のカメラメーカーの殆どが、ソニーのイメージセンサーを購入しているのだ。アイフォンも例外でなく、2016年のイメージセンサーの世界シェアは何と45%(2016年度)、半分を占めるほどに成長しているのだ。
その自社センサーを誰よりも知り尽くすソニーが、もしレンズとボディを作り上げたら「世界一のカメラメーカー」になれるのでは? それが10年前、ソニーがミノルタのカメラ部門を買い取った時からの野望だった。
ミノルタ時代からの名前αを引き継ぎ、レンズはカールツァイスから、ボディは2強のニコンやキャノンから学ぶことで、真骨頂のカメラが生まれていった。
フィルム時代から続いたカメラ内の鏡を無くしたミラーレスカメラ。ボディは小さくなり、異様に高感度が強くなったα7Sの発売(4年前)と同時に購入した。
隠すことはないので書くが、カメラの手ほどきをしてくれた父、兄の影響で、僕は写真を撮り始めた15歳からひたすらニコンを使ってきた。フィルムカメラはF4→F5→F6、デジタルになってからはD2→D3→D4まで使ってきた。堅牢なボディに無骨なレンズ、手堅い写りが、長年僕の仕事を支えてきてくれたのだ。
写真家にとってボディは絵具の色、レンズは筆だと常々思っている。ソニーは高感度にも耐えられる奇跡の色と極めて良質の筆を作り上げた。
旅の撮影はあっという間にソニーが主となり、やがてニコンは僕の部屋で眠るようになった。カメラは使ってもらってこそ価値がある。少しの迷いはあったけれど、手持ちのボディとレンズすべてを友人知人に売却した。
そして2017年、満を持して、一眼レフに引導を渡すα9が発売された。圧倒的な高感度、撮影時のブラックアウトフリー、秒20コマの高速撮影に加え、特筆すべきは、そのフォーカス追跡能力。瞳AFで常に瞳だけを追い続ける技術は、プロの技を軽々と抜き、これはプロのために作られたのではなくプロを殺すための武器なのでは?と疑うほどの出来栄えだった。動物もコンティニュアスAFで確実に追跡し、今までピンボケしていたカットも、確実に目にピントが当たるようになった。
DSC03860.jpg

「まさにα9はAIを積んだカメラ」だと、発売時から現在までαアカデミーや店頭セミナーで幾度も話してきた。AIは未来ではなく、カメラ業界には、もう押し寄せているのだと。
これからは一眼レフカメラが消えて、ミラーレスカメラに取って代わっていく。理由はひとつ。α9はミラーレスの得意分野を更にブラッシュアップさせ、一眼レフの得意分野を全て凌駕したのだから。
2018年のカメラ大賞受賞、本当に御目出とうございます。でも、日々使っている者としては、当然の結果と受け止めています。
PS,写真はすべてα9で撮影。
ノムラテツヤ拝
47-11.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

富士撮影会

4-2.jpg

ソニー主催で、富士山撮影会が行われた。
前日にロケハンし、一通り感触をつかみ、当日は参加者の皆様がストレスなく、撮影に臨めるように、手助けする。
4_2018051819070150c.jpg

10.jpg

19_20180518190659452.jpg

同じ場所に立ち、富士を見る。でも、各人それぞれの視線によって千差万別の写真が生まれていく。
面白いなぁ~って思う。写真いどれが良いなんてない。
DSC04030_20180518190727190.jpg

自分が感動したものを、楽しく写したものは、みんな素敵な作品になるのだ。
DSC04059.jpg

撮影日当日は快晴で、太陽がキランキランに輝いた。
DSC04004_2018051819065853d.jpg

山中湖~忍野~河口湖~サニーデ前~遊覧船~新倉山で締め。
忠霊塔と富士、そして新緑の桜が一枚に収まった。
DSC04090.jpg

翌日はソニーストア銀座で講評。プロ顔負けの作品に、とても幸せな気持ちになった。
DSC04133_201805181907258b8.jpg

参加者の皆様、お疲れ様でした。次回は9月に三浦半島での撮影を予定しています。
       ノムラテツヤ拝
DSC00265.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

キスヴィン

DSC07792.jpg

どうしても、会ってみたい女性がいた。
数カ月前、友人が送ってきたくれた一本の記事。それはこんなふうに始まった。
「ボトルはシャルドネが1本1万4000円、ピノ・ノワールが1万5000円と高級シャンパン並み。サントリーやメルシャンといった知名度のある大手ワイナリーの造るワインには1万円を超える高級ワインもある。しかし、4年前に醸造を始めたばかりの小さなワイナリーのワインに、数千円以上の値段が付くことはまずない。価格高騰の一因は、世界のワイン界の第一人者ジェラール・バッセ氏の「つぶやき」だった。2017年、日本を訪れた際にキスヴィンを訪問したバッセ氏は、発売前のピノ・ノワールを試飲。すぐさまツイッターで、「才能豊かな醸造家が造ったこのワインは、ユニークでセンセーショナル」と発信した。

会いたかった女性の名は斉藤まゆちゃん。僕より6つ年下のワイン醸造家だ。
アメリカとフランスで醸造について学び、それらを山梨勝沼のキスヴィン(ヴィンヤード(ワイン畑)にキスする)ワイナリーで、花を咲かせている。
「既存のものを大切にしつつ、常に既存を疑い、それらを打破していく」
僕は男女問わず、そんな人に惹かれてしまう。
富士吉田に住む友人を介して、河口湖のジビエ料理屋・トヨシマでまゆちゃんと御縁を結ばせてもらった。
キスヴィンワイナリーのスパークリング(甲州)から始まり、猪のパテやハムをつまみながら、ワイン談義。
DSC07799.jpg

まずは直球でまゆちゃんに聞いてみた。
「ワインはよくテロワール(土地)で決まるというのは、どう思ってますか?」
「実は、わたし、テロワールという言葉が嫌いで。最初から良い畑なんてなくて、フランス、アメリカで成功してる有名な蔵は、何世代にも渡って必死に畑に手を入れて来たからなんです。ワインを作るのは人の想い、飽くなき研究と熱い情熱なんだと思います」
くぅ~、しびれる~!
ブドウの摘む時期、混ぜ方によるテクニックなどを教えてもらいながら、桜ポークとウドのピクルスに舌鼓をうつ。
DSC07818.jpg

そして、一本、1万4000円のシャルドネがお目見え。
DSC07811.jpg

ワイングラスに注ぐと、レイトハーベストのような黄金色。
DSC07812.jpg

鼻を近づけると、パイナップルのような香りが漂った。
僕は甘いデザートワインが苦手。もしかしたらそっち方面なのかな?と口に含むと、驚くべきドライさ。シャルドネの華やかさとふくよかさは残したまま、後味はドライに消えていった。
「香りと味わいが、まったく違うんですね」
「わたしのアメリカの師匠の言葉なんですが、ワインの香りを超える味、というのを目指して作っています」
「アメリカ、フランスで学び、そこで醸造家を目指すという選択じゃなく、勝沼で勝負する可能性は何だったの?」
「ワインは土地ではなく人が作るもの、私がそこにいる限り、可能性があるんです。おばあちゃんになった時に、自分の納得できるワインになっていれば良いな」
キスヴィンワインの豊潤な味に皆ほろ酔いになりながらも、まゆちゃんは続けた。
「ワイン界の第一人者ジェラール・バッセ氏がコメントを書いてくれた時には驚いたけれど、実は、やっぱりわたしを見つけてくれましたか!って思った」
この言葉を言えるのは、ただの世間知らずか、誰よりも努力してきた人のどちらか。まゆちゃんは、大学生2年生の時にフランスのコルシカ島でワインと出会い、命を燃やして取り組む道を見つけたのだ。
それはなんと尊いことだろう。ワインの基本をアメリカの大学とフランスのワイナリーでがむしゃらに学び、それらを土台に日本で革新させていく。
DSC07814.jpg

同世代で、また素敵な夢追い人を見つけた。まゆちゃん、今度はキスヴィンワイナリーで勉強させて下さいね。
          ノムラテツヤ拝
DSC07834_20180516201029616.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ゼロ磁場さがし

DSC07662_201805151252055c2.jpg

ゼロ磁場。
こんな言葉を聞いたことがあるだろうか?
日本だと南アルプスの分杭峠が有名だが、そもそもこのゼロ磁場とは何なのかを私見で答えたいと思う。
言わずとしれた地球は北極(N)と南極(S)の巨大な磁石の玉。地球上の各地で、そのNとSが交錯する。仮にNを+、Sを-としようか。すると、各ポイントのエネルギーを数値化することが出来る。+1000もあれば、-10もある。
数が大きくなれば、エネルギーは強くなるが、バランスが崩れる。対して数が少なくなれば、エネルギーは弱くなるが、バランスが良くなる。そして+と-が重なり合ったところは互いを打ち消し合いゼロとなる。そこにエネルギーは存在しないのか? いや、そこにこそ、恐ろしく細やかで最高のバランスの氣が発生する。それが「ゼロ磁場」だ。
国内では中央構造帯上に集まっていると言われるが、世界中、日本中を旅しながら気づいたことは、小規模のゼロ磁場であれば、ある程度の数が存在するのだ。
ペルーの聖都クスコにあるコリカンチャも、ゼロ磁場を囲った館であり、国内だと北は北海道から南は沖縄まで、各地で小規模のゼロ磁場があった。
前置きが長くなってしまったが、それが今回の24時間高知滞在のミッションだった。
コマンダーの持っている山には、数々の秀逸な磐座が存在する。去年初めてここを訪れたとき、山全体が異様にエネルギーの数値が小さいことに気づいた。弱いのではなく、+と-が打ち消し合っている氣。時間がなかったので残念ながら探せなかったけれど、今回はそのリベンジだった。
坂本竜馬の初恋の相手、加尾が晩年を過ごしたという地が、コマンダーの家。そこには巨大な水晶Pちゃんが飾られ、月型窓の灯篭の中にも、水晶の玉が転がっていた。
DSC07637_20180515125207d05.jpg

DSC07641.jpg

DSC07654.jpg

早速森へ入らせてもらうと、雨上がりのお陰が、太陽の光が森をキラキラと輝かせた。磐座に挨拶をしてから、急斜面を駆け上る。
DSC03608.jpg

体がどんどん軽くなってきた。
DSC03743.jpg

山頂には、巨石が立っていた。まるでさっき見ていたPちゃんとソックリの形。昔から人々が祈りの対象にしていたのは、形質や氣質から見ても明らかだった。
DSC03655_20180515125136d05.jpg

+と-が打ち消し合い、辺りは+1~+2くらいの間。何処かにあるはず。一か所ずつ、自分の体をセンサーにして測っていくと、ある岩の前で、完全に打ち消し合う場所を見つけた。
直径1mくらいの岩。それらをかたどるように、ゼロ磁場が出来
上がっていた。その緩やかな傾斜に、思わず横になってみる。太陽光が降り注ぎ、涼やかな風が頬を撫でていく。ゼロ磁場に入ると、体が一気に元の状態へ戻ろうとする。
o1080081014187420656.jpg

元の氣へ、元の氣へ。それが本物の「元氣」という状態なのだろう。
       ノムラテツヤ拝
DSC03685_20180515125135029.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

高知へ

DSC07563.jpg

訳あって高知へ飛んだ。
霧の包まれた空港からバスに乗ると、たおやかな田園風景が広がった。ポコポコとした山並みに、竹林の緑が目に眩し。湿度は高いが、なんだろう、このドキドキした心の高揚感は?
今までの経験から言うと、こんな場所は住めるとこ、または、自分が住みたいと無意識で思っている場所だ。
空は薄暗くなり始め、うっすらと青い膜がかかったよう。窓に着いた水滴が、動くたびに踊った。バスの室内は、あら珍しや。小さなシャンデリアが揺れていた。
さて、四国にいられる時間はジャスト24時間。大切にミッションをこなさねば。
はりまや橋で降りて、最寄りのホテルへ。ここで高知、いや四国の経済界のドン「コマンダー」と再会した。去年のペルーツアーでアテンドさせてもらい、その破天荒な生き方に、惚れた。
「てっちゃん、僕は「はい」と「イエス」しかない人生。でも、人生は意味不明なんだ」と、澄んだ瞳で真っすぐ訴えかけてくる。前世はなんと宇宙船の船長、だからコマンダーなのだ。
「まずは高知の飯を食べようよ」と向かったのは、割烹料理屋の「タマテ」。
コマンダーが幼稚園児の頃から行きつけのお店らしい。中へ入ると、歴史的建造物なのがよく分かる面構え。
ビールを一杯すすると、すぐに「ちゃんばら貝(マガキガイ)」が。
DSC07564.jpg

爪楊枝で貝を回して掬うと、チャンバラのような柄が出てきた。
DSC07571.jpg

味は、貝が持つ自然な甘さと、熟成チーズのようなワタの旨み、そこにクニンクニンの食感が加わった。一個食べたら、もう一個。まるで酒のアテのために生まれてきたような味だ。
次はシシャモの卵をイカで巻いたもの。
DSC07573.jpg

これも食感がトビッコのようで、日本酒が欲しくなる。すぐさま土佐鶴が運ばれてきた。
コマンダーが力説する。
「ここのカツオのたたきを食べると、他が食べられなくなる」と。
DSC07585_2018051416564074b.jpg

出されたカツオの赤色に食欲がそそられる。一口食べると、あぶり方の違いに驚かされる。香ばしさが最初に攻めてきて、その後にまるで紹興酒漬けの上海ガニのような溶ろけ方、歯を使うまでもない。それらを上品なニンニクと一緒にかじると、さらに甘みが波のように押し寄せた。
DSC07602_20180514165714891.jpg

「今まで食べてきたカツオのタタキと格が違う」
「そうだろ」と、コマンダーは豪快に笑った。
次はヒラメの薄造り。高知では生チリと呼ぶらしい。味は勿論だけれど、切り方が絶妙。
DSC07609.jpg

端が太く、どんどん細くなる。食感も味も楽しめる心遣いに、脳みそがボーっとしてきた。
「ラストは、いつもコレなんだ!」と出てきたのは、黄金色の卵が乗ったウニ丼。食べてみると、なんと僕の大好きなムラサキウニだ。
利尻島や礼文島産のような味に、「これって?」
「勿論、北海道から取り寄せてるよ。味は高知仕様だけれど」
DSC07610_201805141657132a3.jpg

ムラサキウニ、海苔、濃厚な卵の三位一体。
高知は間違いなく住める。いや、近々、住んでみたいと思わせる反則の味だった。
         ノムラテツヤ拝
DSC07622.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>