写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

楽園島

DSC07393.jpg

フアヒネ島は、まるで楽園だった。
ゴーギャンの世界が島全体に息づき、村を散歩すれば地元民が笑顔で迎えてくれた。
海岸部のマラエを撮影していると、笹が擦れるような音が聞こえてきた。
背後の家へ回ると、おっちゃんがバナナの葉で屋根を編んでいた。
世間話をしていたら、あまりに素敵な笑顔。
気持ちを込めて、一枚だけシャッターを切った。
               ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

タヒチ | コメント:0 | トラックバック:0 |

聖なるマラエ

DSC07838.jpg

汗が滝のように落ちていく。
獣道を登っても、登っても、うっそうとした森が続いた。
「聖なるマラエ」
テラノちゃんの言うマラエが連綿と大切にされてきたのであれば、必ず出会える。
だって、そこには人々の深い祈りが刷り込まれているのだから。
頂上まであと10分というところで、まるで結界が張られるかのように氣が変わった。
「この辺りだな」
周りを見渡しても、マラエらしきものは見当たらない。
でも、確実にこのあたりにある。
足の踏み跡がないか? 
木々に隠されていないか?
そしてどこからこの氣は流れてきているのか?
まるで見えない地図を探り当てるかのようなワクワク感がある。
ここで誰かに教えてもらっては意味がない。
世の中は出会えるもの、出会えないもので満ちている。
自分にご縁のあるものは見せてもらえるし、その反対もしかず。
ブーロ(黄色いハイビスカス)が道を彩り、間近で見ると、それらは闇に浮かぶ一つの星に見えた。
DSC07851.jpg

さらに上っていくと、一本の大木が。
岩には苔が付着し、荘厳さが漂っている。
ここだ。
僕はカメラザックを下ろし、根元に置いて、まわりを探した。
スレートのような大きな一枚岩に隠れるようにして、美しい頭蓋骨が。
DSC07797.jpg

僕を真っ直ぐ射抜くように見つめていた。
DSC07352.jpg

遺跡を見る、というのは現在を見るのではない。
大切にされた時代に想いを馳せ、そして想いに寄り添うこと。
すると、今日も一陣の風が吹き始める。
それは、森の声、マラエの声、そして彼らの声。
僕は目を瞑って、その声に耳を傾ければ良い。
僕と森の境目が薄れ、やがてマラエの記憶が、体内へ溶け込んでくる。
                 ノムラテツヤ拝 
DSC07817.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ     

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

タヒチ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>