写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

北欧の夏

DSC08118.jpg

北欧の夏。
予想以上に美しく、何処へ出掛けるでもなく、光のシャワーが降り注ぐ。そして地面に光が降り積もって、人々まで輝かせる。
またいつか、この国には戻ってくるような、そんな気がする。
今日で北欧は最後。
批判を恐れずに独断と偏見で書けば、僕の北欧感想はこんな感じだ。
一般に北欧はデンマーク、ノルウェー、スウェーデンの3ヶ国を指すが、その周りのフィンランド、アイスランドも入れようと思う。
DSC00833_20160803211858fd1.jpg

デンマーク)
言わずとしれた北欧で最も洗練された王国。美男美女も沢山いて、みんな坊ちゃん、嬢ちゃん系が多い。醤油顔好きにはたま
らない場所。
フィンランド)
さすがスオミの国。純白系の女性が町を闊歩する一方、なぜか美男は少ない。男性も女性も、恥ずかしがり屋なところがあり、
たまにハニカム姿がたまらない。
ノルウェー)
恐ろしいほどの美女遭遇率。バイキング軍団がそこ、ここに。目が合うと、ニッコリ笑い、愛嬌たっぷり。旅をしていて、とても気持ちの良い場所。
スウェーデン)
北欧(スカンジナビア)の雄としてのプライド、気品を植え付けられてきたのか、少し斜めを向くようにツンとしている。少し太めの人が多く、全体的に笑顔や愛嬌は少ない。
アイスランド)
肌は北欧中で最も白く、妖精のような人が沢山いる。性格は実直、シャイで静かだが、こちらから話しかければ、寒気がするほどの美しい氷の微笑で応えてくれる。
バイキングの王国も、こうやって自分の足で踏み入れてみると、千差万別。そしていつも想うのは、現地民の性格や性質は、そ
の大地の自然と必ず似通うこと。だって、その大地の恵みを頂き、人間は生かされているのだから。
DSC00905_2016080321185724d.jpg

自分をてっとり早く変えたければ、簡単。
大地を変えること。今とは別の場所で異なった食べ物を体内に取り込み、違う性格の人々と交遊する。
それぞれ体内には、どんなものも映す水で7割満たされている。それらが目の前のものと映し合うことで、自然に確実に変わっていく。
DSC01037_20160803211857134.jpg

「若い時に旅をさせろ!」と昔から言うが、その意味は3つある。
一つ目は阪根ひろちゃんが言うように、自分が無知で白痴で、何も出来ないと知ること。
2つ目と3つ目は、最近より強く想うこと。
・自分がいつでも好きな時に変われるということ。
・自分の立つ場所は、ここだけじゃなく、世界中どこでも良いのだと知ること。
それらを体感するために、若い時に旅をする。または心が若い内に旅をすべきなのだろう。出来れば一人旅で。
オスロの街中から乗ったバスはトンネルを抜け、新緑の中を国際空港へ向かってひた走る。
DSC01042.jpg

「僕たちは、何時でも、何処でも、選択することが出来る」
陽が照ると光の粒が降り注ぎ、雪のように積もっていく。
              ノムラテツヤ拝
DSC01075.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

北欧 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ムンクの叫び

DSC01188.jpg

オスロの国立美術館。
その19番部屋に、ムンクの絵がズラリと飾られていた。
凄い行列になっているところが勿論「叫び」。
僕はその絵に近づいて、横から見てみた。
美術の教科書に出ていた誰もが知るムンクの叫び。
でも教科書では絶対分からないのが、どれだけの色を重ねて厚みを作っているかということ。そしてそこから発せられる
エネルギー。
グルグル、グルグル。絵の周りはそんな気に満ちていた。
ムンクの言葉を信じれば、この絵の誕生秘話はこうだ。
"わたしは2人の友人と道を歩いていた。太陽は沈みかけていて、突然、空が血の赤に変わった。わたしはふと憂鬱を感じて立ち止まった。青黒いフィヨルドや町並みが炎の舌と血に覆いかぶさるようで、ひどく体がだるい。友人は歩き続けたが、わたしはそこに立ち尽くしたまま不安に震え、自然の発する果てしない叫びを聴いた"
つまり、叫んでいるのは、ムンクではなく、まわりに自然。本人はその声を聴いているという設定なのだ。
絵を前にして、ジックリとその中へ入っていく。自分の気と絵から放たれる気を合わせていく。
鬱や精神疾患のような、気が僕の体に入りこんでくる。
その答えを、僕は次のムンク美術館で知ることになるが、その前に、国立博物館で最も感動した絵、それがマドンナだ。
一目見た瞬間に、額から飛び出してくる存在感に圧倒された。
そして、まるでセックスしているような女性の声が波紋のようにこだましてきた。上部から月の光が射し込んでいるような色合いに、身体は妊娠している。
DSC01189_20160803202228f72.jpg

マドンナだから、通常はマリア様のことを指す。でもこの絵はムンクの愛おしい人だったのかしら?
色の厚みを見ると、まさにムンクの愛のように、何度も何度も重ねられていた。
ムンクのことを何も知らない僕はその足で、ムンク美術館へ。
ここで、幼少時の母の死、そして青年期の父の死。本人は精神疾患にかかっていたことを知った。
DSC01240.jpg

ポートレートが何枚も展示されているが、時代と共にどんどん暗く、赤や黒が多くなっていく。最後は、地獄の業火に焼かれたポートレートで締められていた。
DSC01242_20160803202227f37.jpg

マドンナの版画版もあった。周りには白い骸骨のようなものと精子が泳ぐ姿。
DSC01233_20160803202228077.jpg

精神的に飛んでいたムンクは、それらを周りではなく、絵の中にぶつけて偉大なる成功をおさめた。
ムンクの叫びの舞台となったエーケベルグの丘へ。
少しずつ陽が傾き、オスロの静謐な夜景が浮かび上がった。
              ノムラテツヤ拝
DSC01403.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

北欧 | コメント:0 | トラックバック:0 |

コンティキ

DSC00783_20160801140727618.jpg

ノルウェーの偉人と言えば誰が思い浮かぶだろう?
人類で初めて南極点到達を成し遂げたロアール・アムンゼン、画家のエドヴァルド・ムンク、または作曲家のエドヴァルド・グリーグだろうか?
僕は、やはり探検家であり文化人類学者でもある、トール・ヘイエルダール。
博物館を訪れて、彼の人生に心の底から嫉妬した。
この感じは、バルセロナで見たピカソ美術館とガウディの家に行ったとき以来だった。
まばゆい朝の光の中、オスロの船着き場から、フェリーでビィグドイ島へ。
ここに、宝石箱のような「コンティキ・ミュージアム」がある。
DSC00550_20160801140703828.jpg

DSC00574.jpg

南太平洋、南米、エジプトと世界中を自分の足や船で動き回り、自身の目で確かめ実践し、科学や考古学の常識を次々と覆す人生。彼は結婚を機に、南太平洋のファトゥヒバ島に移り住み、アダムとイブのような暮らしをする。その模様は著書「バックトゥーザネイチャー」に詳しく書かれているが、その時にどのようにして南太平洋の人たちは移住してきたのかに興味を持つ。
長年謎とされてきた問題に、彼は「南米から海を渡ってやって来た」と仮説を作る。
DSC00578_2016080114070219b.jpg

それらを実証するために、バルサ材の筏を作り、コンティキ号(インカ帝国の太陽神 ビラコチャの別名)と名付け、1947年4月28日にペルーのカヤオ港より漂流開始。フンボルト海流にのって西進し、102日後の1947年8月7日にツアモツ諸島のラロイア環礁で座礁。その航海距離は8000キロにも及ぶものだった。この冒険を元に書いた本「KONTIKI」の映画「コンティキ」をご覧になった方も多いのでは?
DSC00592_20160801140701eba.jpg

今は遺伝子学が進んだことで、初期の移住者はポリネシアから来たとされ、彼の説は否定されているが、初期ではなく、何処かの時代で南米からポリネシアにやって来た可能性は大いにあるし、証拠も出て来ている。
DSC00680_20160801140730bb2.jpg

その後もエジプトの遺跡から発掘された葦船をモチーフに、パピルス(葦)で作ったラー号で、モロッコからカリブ海へ2回、チグリス号で、インド洋を航海する。
展示される一つひとつの英語を食い入るように読みながら、彼のやりたかった事が手に取るように分かる。
自分の頭で考えて、仮説を立て、実証する。つまり、誰もやったことのない視点を、自分の中に取り入れたかったんだろうな。だってその視点さえあれば、何処へ行こうとも、誰も見ていない世界が広がっているんだから。
ヘイエルダールは、絶海の孤島・イースター島で、ある家族が持っている洞窟を調査し、そこからの発掘物をミュージアムに運び込んだ。それらが非常に脆い物だったため、地下に保管されていたが、2014年、空調設備の一新して、公開に踏み切った。
小さなモアイ像やモアイカバカバと呼ばれる木像、トカゲや太陽の神々など、洞窟に埋葬された祈りが、静かな力を持って迫ってきた。
DSC00725_20160801140729a75.jpg

DSC00771_20160801140728928.jpg

DSC00776.jpg

もし「イースター島を行く(中公新書)」を書く前にこれを見ていれば、より洞窟のことを魅力的に書けたのに・・・、と後悔したが後の祭り。これはまた何処かに書きたいと思う。
イケメンのヘイエルダールの写真の前で立っていると、突然、声が鳴り響いた。
「生きるなら、でっかく生きろ!」
もう一度、見つめ直す。
やっぱり同じ声が。
今日も、沢山のことを教えてもらう日となった。
                       ノムラテツヤ拝
DSC00596_201608011407016d7.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

北欧 | コメント:0 | トラックバック:0 |

オスロへ

DSC00252.jpg

圧倒的な新緑が眼下に近づいてくる。
飛行機は最終態勢に入り、森の中へ滑り込むように着陸した。
ストックホルムから、110ヶ国目となるノルウェーのオスロへ。
空港を出た瞬間、木々の香りがして体が緩んだ。
「この国は好きになる!」
この初対面の印象って、僕にはとても大切なこと。
市内へ入ると、またしてもデザインが町中に溢れていた。
自動車型の駐輪場や、アパートの下に書かれた精巧なペイント。
DSC00326_20160801034644892.jpg

DSC00337.jpg

お店に入れば、北欧の美とも言うべき室内ランプの数々。中でも目を奪われたのは、ランプの周りに鳥の羽根が無数に付けら
れた逸品。
DSC00362.jpg

DSC00363_2016080103470361c.jpg

DSC00391.jpg

駅近くには、氷山を模した純白のオペラ座が浮かび、そこで現地民が輝く夏を謳歌している。
DSC00407_20160801034702af6.jpg

中央市場へ寄れば、名物のヤギチーズをはじめ、新鮮な肉や野菜もキラッキラに輝いていた。
DSC00360_20160801034643810.jpg

そして、更に驚かされたのは美人の多さ。
血管が透けて見えるような真っ白な肌に、ラピスラズリのような蒼い瞳。
右を見ても、左を見ても、まさにバイキングの美女軍団。
この国は長居すると、ハマってしまうだろうな、きっと。
            ノムラテツヤ拝
DSC00354_20160801034701fd8.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

北欧 | コメント:0 | トラックバック:0 |

円形劇場

DSC00044_20160731003551fb1.jpg

旅をしていると、いつもその地の図書館が気になる。
デザイン都市のストックホルは、やはり世界屈指の機能美を讃えていた。
円形劇場のような場所に、ぐるりと三段の棚が張り巡らせ、そこに世界各国から集められた本がズラリと並んだ。
僕も、天国のようなその場所に立って、分厚い本を広げてみる。
あぁ~、幸せ。
DSC07940 (2)

翌朝、早起きして散歩。
ガムラスタン(旧市街)を見渡せる場所からシャッターを押した。
DSC00125.jpg

ここには世界的に有名なユースホステルがある。
ガムラスタンの対岸、そうこの船が、実はユースホステルになっているのだ。
岐阜ユースで生まれ育った僕としては、どうしても巡礼しておきたかった地。
朝のパリっとした空気感に、よく似合う光景だった。
               ノムラテツヤ拝
DSC00141_201607310035493a0.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

北欧 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>