写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

フィレンツェの夜

7.jpg

銀座セミナーのために写真選定をしていたら、懐かしい写真が出てきた。
見た瞬間、あの静謐な冬の夜に、僕は引き戻された。
その時のことを、テツヤ通信にこう記している。

「フィレンツェの夜景」
ヴェネチアから3時間かけて、フィレンツェへ到着。
真っ先に目に飛び込んできたのは、街のシンボルにもなっている花の大聖堂だ。
正確にはサンタ・マリア・デル・フィオーリ。
この花こそが、フィレンツェの語源になる。
フィレンツェは花を意味するイタリア語。英語ならフローレンスになる。
緑と白の大聖堂の前には、ミケランジェロが天国の扉と呼んだ門がある。
ドゥオーモと呼ばれるドーム状のクーポラは角度的な問題なのか、重力を感じない設計になっている。というか浮かんでいるような形なのだ。
まるで大聖堂が飛行船になって飛んでゆくようなイメージを受ける。
大聖堂の中は、クーポラ内部に、キリストの歴史が描かれ、一大絵巻物のようだ。
大聖堂もクーポラも、そして街さえも、いちいち格好良い。
どこを撮影しても絵になってしまう街、それがフィレンツェだった。
昨日までの雪が、まだフィレンツェに残っていたので、夕方ここがチャンスとばかりに、大聖堂の脇に立つジョットの鐘楼に登った。
全部で420段くらいある階段をらせん状にあがってゆく。
上からの眺めは、予想通り。フィレンツェの家々には、しっかりと雪が積もり、化粧されていた。そこに光がポツリポツリと点灯する。模様の向こうに、クーポラの姿。う~ん、美しい。遠くにはメディチ家が作り上げた市庁舎が鉛筆のように建っている。空にはうっすら雲がかかっているけれど、暗さが更に際立ち、街明かりが温かく感じた。
闇が暗くなればなるほど、夜景は明るくなってゆく。
フィレンツェの花のドームにも、明かりが灯り、まるで夢の世界のようだ。
次の瞬間、サンタクローチェ教会から5時の時報がなった。
市庁舎からも、ドミニコ教会からも。気づいたら、僕は5時の時報の中心にいた。
鐘の音が四方八方から鳴り響き、僕はその音に包まれた。
同時期に多方向から鐘の音を感じる。
今までの人生で、僕はそんな経験をしたことがなかった。
鐘の音と音の音色が混ざり合い、まるで倍音のように響いてゆく。
そして足元の地面が少し震えるのだ。
気温はマイナス10度くらいだろうか?
ヨーロッパを襲った大寒波のお陰で、こうやって純白の風景と夜景を見させてもらっている。千載一遇のチャンスを与えて貰っているのだ。
鐘の音が止むと、フィレンツェには夜が訪れる。
華やかで、豪奢な夜が・・・・・。

懐かしいな。イタリアは今も心から憧れる、愛すべき国です。
HISと銀座のセミナーが無事大盛況で終わって、ホッとしている。
でも身辺はバタバタ(笑)。また報告させて頂きますね。
                ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ                             

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ヨーロッパ | コメント:0 | トラックバック:0 |

蒼の洞窟

DSC03613.jpg

ランペドゥーサ島から離れ、ナポリへ。
やっぱり最後はね、もちろん行きますよ!
ナポリの対岸、ソレントから船に乗ってカプリ島へ。
DSC03880.jpg

純白の建物が立ち並び、そこから現地ツアーに飛び乗った。
DSC03896_2016100621491384b.jpg

小型ボートを3台引っ張りながら20分ほどで、小さな黒い穴が見えてくる。
ここが世界で最も有名な洞窟「蒼の洞窟」だ。
引っ張ってきた手漕ぎボートに乗り換えて前に座る。そして入口に近づくと、真横に寝るよう指示された。
船頭さんが鎖を持って、ぬるっと入ると、目の前は真っ暗闇。起き上がって座り直した瞬間、衝撃の世界が広がった。
DSC03839.jpg

グランブルーの世界。外の光が洞窟から射し込み、そこが怪しく蒼くゆらゆらと煌いた。
これが「蒼の世界か・・・」。
DSC03679_201610062149133d3.jpg

ゆっくりと洞窟内を船は2周し、船頭の讃歌が響き渡った。
まるで時空を飛び越え、別の世界へ迷い込んだようだ。
DSC03690_20161006214912d2b.jpg

体内の水と、外の水が呼応し、体の中心から突き抜けるような快感がやってくる。と同時に震えも押し寄せてくる。
DSC03764.jpg

蒼の洞窟、そしてカプリ島が、世界屈指の観光地になる意味を知った。
3ヶ月の旅も、ここが最終地となる。
ナポリ~フランクフルト~コペンハーゲンと乗り継いで、愛する日本へ帰国する。
                ノムラテツヤ拝
DSC03848.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ヨーロッパ | コメント:0 | トラックバック:0 |

すべてが止まる瞬間

DSC01761_20161005140430ea7.jpg

地図とにらめっこ。
初日に船と影の位置関係を学び、翌日に島を一周して地形を知った。
さぁ、これからが本番。
今まで撮影したもので、一枚として僕と島と海の波長があったものは無かった。
何時ごろ、何処で、どんな角度から撮ると最も美しく見えるのか?
天気予報図からも、光の加減、風の強さなどを読んだ。
よっし、自分なりにイメージが掴めたので、翌朝、目的の場所へ向かった。
まだ船は一艘しか来ていない。
DSC02245.jpg

風もピタリとやみ、波も凪いでいる。
僕は目を瞑って、海と島に手を合わせた。
さぁ、昨日計算した時刻がやってくる。
DSC02282.jpg

一艘、また一艘と湾内に入り、花崗岩の海底岩盤が、ブレることなく黒い影を作る。
すっと船が浮かび上がり、今日も空を飛ぶ。
DSC02346.jpg

風と波が完璧に収まる時を、シャッターに手をかけながら待った。
僕たちが呼吸するように、自然も必ずリズムがある。
深呼吸しながら、海のリズムと僕のリズムを重ねていく。
来た。
DSC02362_2016100514042853a.jpg

僕が海に、海が僕になったとき、すべてのものが停止した。
そしてシャッターが静かに切られた。
船の位置、影、海の色、そのすべてが三位一体となった写真。

DSC02505.jpg
また呼吸が合ってくると、新たな一枚が生み出された。
場所を変えて、今度は船の間近で。
すべてが止んだ瞬間、完璧な飛翔船が出来上がった。
             ノムラテツヤ拝
DSC03051.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ヨーロッパ | コメント:2 | トラックバック:0 |

海底の謎

DSC01361_201610041117467da.jpg

朝から快晴。
今日は島の一周クルーズツアーに参加する。
右を見てもイタリア人ばかり。
ほんと美男美女の国だなぁ~とウットリする。
DSC01435_20161004111745742.jpg

何よりもオッチャンが格好良いのがイタリアの特徴でもある。
いわゆる、チョイ悪オヤジというヤツ。
DSC01430.jpg

海へ出ると、陽光に照らされ、見事な蒼が広がった。
お昼はスカンピ(海老)や魚の海鮮尽くし。白ワインも用意されご機嫌だ。
DSC01538_20161004111744a12.jpg

海へ入って泳ぐと、海底からフラッシュライトを浴びせられているみたい。水中メガネを付けて潜ってみると、ようやくその正体
が分かった。
DSC01519.jpg

このランペドゥーサ島は世にも珍しい海底地層。石灰岩で海底が作られていた。気の遠くなるような年月をかけて、ゆっくりと自
然が作り上げてきたのだろう。
だからこそ、太陽光をこうも反射し、船の影をクッキリと浮かび上がらせるのだ。
DSC01898.jpg

午前中に吹いていた風も、午後には止んで、またボートの下に影がクッキリと。
DSC01871_20161004111802f22.jpg

DSC09482.jpg

宇宙船のようなジョバンニ号は、今日もゆっくりと浮きあがった。
              ノムラテツヤ拝
DSC09520.jpg

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ヨーロッパ | コメント:2 | トラックバック:0 |

飛翔船

DSC00242_20161003213426771.jpg

「気持ち良いっ!!!」
エメラルドグリーンの海で存分に泳いでから、断崖絶壁の高台へ。
噴き出す汗を拭いながら頂まで上ると、昼過ぎの斜光が、ボートの下に影を作り出した。
カメラのピントが船にあった瞬間、視線がぼやけた。
DSC00859_2016100321342518f.jpg

まるで青い地球を、ボートが飛んでいるように見える。
DSC00316.jpg

それにしても、何故こんなに海の底が輝いているんだろう?
DSC09771.jpg

明日、あの辺りを潜って確認してみようっと。
「飛翔船」。
ランペドゥーサ島に奇跡の海が広がった。
               ノムラテツヤ拝
DSC09978.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ヨーロッパ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>