FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

インカの聖殿

P-043 (1)

過去10年間、日本人が行ってみたい世界遺産の堂々1位は、ペルーにあるインカの聖殿「マチュピチュ」だ。今日、数えてみたら、今まで訪れた回数は33回。阪根ひろちゃんは、100回を軽く超えているから、今生で追いつくのは難しいかな。
毎度、毎度、マチュピチュは素敵な姿を見せてくれるが、最も印象に残っているのは、やはり一番最初に出かけた時だろう。
今から24年前、21歳の僕は、なけなしの金を握りしめ、マチュピチュ直下の安宿にいた。夜の3時起床、漆黒の闇の中を歩き始め、インカ道を1時間ほど直登した。4時に入口へ到着し、門番が早めに開けてくれたと同時に入場。
息を切らしながら坂を登っていくと、眼下に霧の立ち込めたマチュピチュが広がった。東から西へ、まるで遺跡を舐めるかのように、純白の霧がゆっくりと流れていく。憧れの地でその静謐さと神秘さに見入ったのは勿論、その妖艶な姿を存分に見せてくれるマチュピチュという存在に深く心を揺さぶられた。
あれから毎年1回か2回、このインカの聖殿に詣でさせてもらっている。マチュピチュは、歴代皇帝たちの墓であり、様々な儀式が執り行われた夏の離宮。
この自然に溶け込むような設計は、インカ時代以前(プレ・インカ)の人たちが作ったことが最新データで証明された。
科学がひとつずつマチュピチュのベールを剥がしていくことで、また一つ、二つと新たな謎が深まっていく。世界で最も偉大な遺跡のひとつ、それがマチュピチュだ。
              ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ペルー | コメント:0 | トラックバック:0 |

天からのギフト

TEN08578.jpg

真っ青な空にハロ(暈)がかかる。
虹色はどんどん強くなり、やがてその上に白きリングが現れる。神々が身につける「天空のパールリング」だ。
「綺麗、美しい、有難う」
パタゴニアに住む先住民の友ハインが、虹の出し方を教えてくれたっけ。
TEN08787.jpg

「心をまっさらにして、大きな虹を描く。そして綺麗、美しい、有難うって強く念じるんだ。僕たちの内側と外側は常に鏡のように繋がっているからね」
想い始めて20分、ようやくその瞬間がおとずれた。僕と空が互いに吸い、吸われ、存在自身がゆったりと溶けていく。意識が無意識へ移動したとき、カシャンとシャッターが切れた。
TEN09173.jpg

「天からのギフト」
僕はただ、美しき七色のプリズムをシャワーのように浴びた。
           ノムラテツヤ拝
TEN09220.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ペルー | コメント:0 | トラックバック:0 |

海のなかまたち

TEN02450.jpg

よちよち歩きのフンボルトペンギンが次々と海へ飛び込んでいく。赤岩の上で休むのは、南米大陸みしか生息しないオタリアたち。海から上がってきたばかりの彼らは、それはそれは滑らかな体躯を惜しげもなく見せてくれる。
TEN02839.jpg

英語では、シーライオン(海のライオン)。ヒレのような手足を器用に使い、体中をピタピタと綺麗にする様は、まるで毛繕いのよう。遠くの砂山はカツオドリで埋め尽くされている。
TEN02678.jpg

「皆さん、ツイてますか~?」
見上げると、鳥たちが白い糞を僕らへ投下し始めた。
              ノムラテツヤ拝
TEN02898.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ペルー | コメント:0 | トラックバック:0 |

天空の瞳

TEN01873.jpg

スペイン語で「弧」を意味するバジェスタス。
「ペルーのガラパゴス」と呼ばれるこの島は、海洋生物と鳥たちの楽園だ。
船からでしか見ることの出来ない地上絵「カンデラブロ(燭台)」に歓声を上げながら進んでいくと、やがて細長い島影が見えてくる。海食によってできたトンネルをくぐると、広大な空が待っていた。
TEN01877.jpg

太陽の周りにまあるい暈(ハロ現象)が現れ、外側にはモルワイデ図法のような楕円形の複虹が。
まるで太陽という瞳が、僕らを天空から見下ろしているよう。
TEN02221_20191123092847ab2.jpg

そう、自然界はいつでも、どこでも僕らを見つめている。目を離すのは、僕たち人間の方なのだろう。
              ノムラテツヤ拝
TEN02168.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ペルー | コメント:0 | トラックバック:0 |

ナスカのこころ

TEN01855.jpg

古代ナスカの人々は、ナスカの地上絵をどこから見ていたのか?
それは、ナスカの都「カワチ」なのは、間違いないだろう。
手前に墳墓があり、その向こうの大平原に地上絵が。
古代の人々はウクパチャ・カイパチャ・ハナンバチャという世界観を持ち、それは今の黄泉の国、現世、天上界と重なる。
午後になるとナスカ平原に砂嵐が舞い、それらがやがて小さな竜巻になる。きっと古代の人たちは、墳墓の魂を鳥や竜巻によって、天上界へ運ぼうとしていたのだ。
カワチ遺跡の発掘が始まる前からこの地を訪れていたが、周りにはまだ20基以上のピラミッド群が発掘を待っている。この先、一体、どんな新たな発見があるのか? 目の黒いうちは、しっかりと見続けたいと思う。
許可を取り、ドローンを飛ばさせてもらう。ナスカの地上絵を描いた人々は鳥に異常なほどの関心を持っていた。それは現世と天界を結ぶ象徴だったからに違いない。
              ノムラテツヤ拝
DJI_0874.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ペルー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>