写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ラストフライト

ローマ上空

さらばローマ。
飛行機は離陸し、一気に雲の中へと突入してゆく。
ローマからドイツのミュンヘンまで1時間半。
途中、雲の切れ間から、雪の大地が見えたかと思うと、たちまちアルプスが広がった。スイスやオーストラリアのアルプスだ。
アルプス

純白の大地と、蒼い空のコントラストが目に眩しい。
アルプス越え

機体はすぐに、下降体制になり、ミュンヘン空港へ降りた。
すぐさま飛行機を乗り換えて出発。
ミュンヘンから11時間。定刻通り、飛行機は成田に到着した。
12日間の短いイタリア旅だったけれど、多くの収穫を得ることができた。
こんな旅を作ってくれた全てのご縁に感謝して。
                      ノムラテツヤ拝
ヨーロッパ最後の風景
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

イタリア | コメント:0 | トラックバック:0 |

フォロロマーノ

フォロロマーノ

アッシジを後にし、ローマへ帰ってきた。
フォロロマーノを見て、コロッセオを見学。
コロッセオ

そして、最後に僕のどうしても見たかった像を探した。
フォロロマーノ2

ミケランジェロがユリウス2世の墓廟のために彫ったモーゼ像だ。
場所はマリア聖堂。コロッセオから歩いて10分の距離だった。
天蓋には、細やかな細工が施され、その脇に、大理石で彫った彫刻群が見てとれた。
マリア聖堂

下の真ん中。これが僕の見たかった高さ2.7mのモーゼ。
モーゼ像

ミケランジェロ特有の、生命の解放感があった。
清流が流れてゆくような清々しいエネルギー。
モーゼ像2

もっとマグマのようなエネルギーなのかと思っていたので、ちょっと拍子抜けしたけれど、ミケランジェロのまた新しい顔を見せてもらえたようで嬉しかった。
スペイン広場へ歩いてゆく途中、トレビの泉によった。ベルニーニの彫刻もさすが。
観光客が思い想いにお金を投げ、願い事をしていた。
僕はまたこの地へ戻ってこられるだろうか?
きっと大丈夫。今度はヴェネチアに住む時に、イタリアへ戻ってくる。
そんな気がしてならなかった。
                        ノムラテツヤ拝
トレビの泉
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

イタリア | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>