FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

清流へ

チャチャとオソルノ山(c)

好天が続いている。
我が家に遊びに来ているチャチャも舌を出して、はぁはぁ言ってる。
「チャチャ、車に乗りな」
チャチャは助手席にチョコンと乗り、僕たちは森の流れるクリスタルの清流に出かけた。
森の中にはオフロードの道が何本も通っていて、まずはメインのキツネ通りで南下、それからプドゥ(鹿)通りを抜けて右折、ウルモ(花)通りを真っ直ぐいった所で車を止めた。ここからは歩き。右手にはフライフィッシング用の竿、左手には疑似餌のフライが入った透明ケースを持って。
ポスターカラーを塗った青空の中、空気をかき分けるようにして清流へ向かった。
あまりに暑かったのか、チャチャは、清流が音が聞こえてくると、いきなり走り出し、いきなりドブンと体を浸し、目を細めた。
清流の瀬に、フライを投げ込んでみる。
投げて、引き抜き、また投げて。
フライフィッシング(c)

餌で釣るよりも、フライって忙しいもの。
そんな脇で、チャチャは足だけ、冷水につけていた。
しばらく振っても、当たりが無いから、チャチャと遊ぶことに。
深いところへチャチャを連れていき、そっと離す。
するとチャチャは見事に犬かきで河原へ泳いでゆくのだ。
スイミング(c)

誰に教えてもらたわけでもないのに、やはり動物は水の中で泳ぐ術を本能で知っているのだろう。必死に泳ぐチャチャの目が、愛らしかった。何度か泳がせると、チャチャはグッタリと疲れて眠り始めた。
チャチャお疲れ(c)

チャチャが遊んでくれなくなったので、今度は釣り。
「収穫で夕食にしよう!」と意気込んだが、僕の腕と時間帯が悪かったのだろう。
魚信は全く無かった。
写真の魚は、以前同じ場所で、友人のI氏がルアーで釣ったもの。こんなトラウト(マス)が、この川にウヨウヨしているというのに・・・・・。
マス(c)

明日からは、撮影の旅に出る。
今度は中部パタゴニアのバルマセダ、コジャイケ周辺。去年の秋に出かけ、あまりの美しさに惚れ込んだ場所。チリ屈指の山・セロカスティーヨと、これまた屈指のサンラファエル氷河の撮影だ。
期間は12日間。
パタゴニアの風をしっかり感じ、心の声に耳を澄ませて、一枚一枚丁寧にシャッターをきりたいと思っている。
オソルノ山は、ここ数年で最も万年雪が溶けているという。パタゴニアの大自然にも、温暖化の影が忍び寄っている・・・・・。 
                                   ノムラテツヤ拝
チャチャと釣り(c)
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

パタゴニア | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |