FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

浅間神社

浅間神社

延暦7年(788年)ころ、富士山の噴火を静めるために創建された古の社。
桃山様式の本殿は、西宮本殿、東宮本殿とともに国の重要文化財に指定されている。
富士吉田にある浅間神社は昔から、修験道の社として、富士を守る役目を果たしてきた。
浅間神社は、“あさま”とは呼ばずに”せんげん”と読む。富士の浅間神社へ手を合わせにいった。
「こちらへ縁があり、来させてもらいました。今まで見守って頂き、有難うございます」
いつものように105円を賽銭箱に入れ、2礼1拍手1礼。
御神木

そして社務所で、あたためてきた質問をした。
「どうして浅間神社では、富士山の富が、点の無い冨士山なのでしょう?」
「富士より高いものが無いので、点が無いのです」
「富(とみ)の山ではなく、修行の山だから冨士になったとも聞きましたが」
巫女さんは首をかしげ「詳しい者を呼んできます」と後ろへ消えた。
しばらくして出てきたのは40代くらいの女性。目がクリクリとしていた。
「富の山じゃないという諸説も確かにありますが、宗教上の当て字です」
「というと、富士の語源と思われる不二山(ふじさん)も、宗教上ということですか?」
「最初に言葉があって、それに漢字を当てはめたんだと思います」
彼女の説明だと、富士の当て字は、富士、冨士、不二に付けくわえ、福地(ふじ)もあるということだった。つまり大和言葉として最初にフジという響きがあり、それを漢字が渡来したときに縁起の良い字で作り上げたのだ。
「あと、これも一つの解釈なのですが、うちのご神体の中に、富士の点の部分に神様が描かれているものがあるのですが、神様、つまり大切なものは目に見えないということで点が取られたという説もあります」
「三本鳥居の真ん中みたいなものですね」
「本当ですね」
鳥居の原型は3本足のヤタガラスといわれている。本来鳥居は三本足なのだけれど、真ん中の柱は神が通る道として、目に見えないのだという。だから鳥居の真ん中を歩くのは一般的にタブーとされているのだ。
冨士山は、見えない大いなるものが上に乗ってこそ、霊峰になる。大切なものは、大いなるものは、目に見えないけれど、そこに確実にあるのだ。
                                 ノムラテツヤ拝
浅間神社2
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

地産地消

地ものサラダ(c)

新宿から高速バスで1時間半。
富士急ハイランドへ到着し、久々に森の我が家へ戻ってきた。
「産直野菜をいろいろ買ってみてね」と、アキコさんが地ものを使った料理を作っていてくれた。ルッコラとトマトたっぷりのサラダは、ルッコラの香りがたちのぼり、味に野性味がある。
「これ、いくらだったの?」
「一袋たっぷり入って100円」
「いいねぇ」
今度、これでたっぷりルッコラ生ハムピザを作りたいなぁ~。
次はパタゴニア在住の時から食べたかったもの。
野菜のあげびたし(c)

野菜のあげびたしはあげびたしでも、日本らしくレンコンやエリンギ、アスパラなんかが入っている。
シャリンシャリンの味わいに、うぅぅ、と震えが来る。やっぱり根菜類って、他の野菜に比べて、独特の味と力があると思う。
そして、ビールのお供には、ぴっかぴかのシシャモ。
ししゃも(c)

もちろん卵がたっぷり含んでいる。
地元のものを食して暮らさせてもらう幸せを痛感させられる。地産地消の心を大切にし、森の生活を続けていきたいと思う。
我が家の庭には、野生のウドがにょっきりと伸び、タラの芽も爆発している。
森には山椒の葉っぱもあったし、よく見ていければ、森の中のものだけでも結構暮していけるのかもしれない。
勉強してみよっと。
PS、翌日、山梨県の県庁所在地の甲府へ出かけました。ここで昔から行きつけのお店へ寄りました。やっぱり甲州と言えばコレですね。かぼちゃほうとうです。
                               ノムラテツヤ拝
ほうとう屋(c)
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

清風楼

しゅうまい(c)

阪根ひろちゃんから教えてもらった大好きな店が中華街にある。
名前は「清風楼(せいふうろう)」。
「ここのシュウマイとチャーハンを食べながらビールを飲んでれば、もう言葉がないよ」
世界中の美味しいものを食べつくしてきたひろちゃんの言葉に、僕は唾を飲んだ。
「絶対に間違えるなよ、チャーハンは上チャーハンを頼むんだぞ」
今まで3度ほど行かせてもらい、ことごとく撃沈してきた。
編集長をにその経験を話すと、すぐさま行こうということに決定。
清風楼は、こじんまりとした店だから、通り過ぎることしばしば。今回も少し迷いながら到着した。
まずはやっぱりシュウマイ。
そしていつも同じだと面白くないから、とりそば。そして王道の上チャーハンと注文。ビールはもちろん頼む。
ここのシュウマイは、まず味が濃い。肉の持っている野性味が存分にしゅうまいに詰め込まれ後味は旨味だけが残る。
「うまいじゃん、ココ」
水餃子の名店「山東」の後は、シュウマイの名店「清風楼」で締めるなんて何とも贅沢なこと。
ぺろりとシュウマイをたいらげ、次のとりそばにかかる。
とりそば(c)

ほのかに甘い。これもネギ油を焦がしたような味もするが、鳥とネギの甘味に、ストレート麺がよく合った。とりそばフェチの僕としては大満足の味だ。
そしてこれらの料理をまとめてくれるのが、上チャーハン。パラパラのご飯に、肉やハム、卵やエビが絶妙に絡み合い、今日も意識が飛びそうになる。
「これって、麻薬が入ってるんじゃないか?」
編集長がそう言うのも、分かる気がした。
ほんとうに、いつまでも、いつまでも、食べていたい味なのだ。
横浜中華街に、清風楼あり。もし近くまで行かれた方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。それにしても中華街は、奥が深いなぁ~
                                 ノムラテツヤ拝
上チャーハン(c)
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

山東

山東(c)

小学館の敏腕編集長Hさんがニコニコして言う。
「てつや、中華街へ行こうか?」
「ここからだと遠いんじゃないですか?」
「すぐだよ、すぐ」
言葉に乗せられて、編集長と一緒に、横浜中華街へ向かった。
連れていかれた場所は「山東」。細い路地の奥にある小さな店だった。
店の前には長蛇の列。だけれど、編集長の行きつけなのか、すぐに店内へ入れてもらえた。
「家庭料理」の看板さがるこの店の事を何も知らない僕は、ただ編集長に促されるまま座った。
最初に出てきたのは、横浜中華街随一と呼び声の高い「水餃子」だった。
水餃子(c)

餃子は焼きの方が美味いと信じて止まない僕には意外なチョイスだったけれど、食べてみて納得。水餃子独特のベタベタした感じはみじんもなく、中の肉が一気に口内で弾けるのだ。
まるでショウロンポーのような水餃子に、人気の秘密が、見え隠れした。
「タレも付けてみろよ」
目の前に置かれた赤いタレをつけると、これも衝撃的。なんとココナッツの千切りが入った水餃子用のタレなのだ。
タレ(c)

これは女性陣に受けるだろうなぁ~とひたすらがっついた。
次はエビ揚げ。もちろん最初から飲んでいるのは、花彫の陳年10年ものの紹興酒、ぬる燗だ。エビを姿揚げし、胡椒で味付けされた一品は、ことのほか紹興酒に合う。
エビ揚げ(c)

そしてお腹もポンポンになってきたところで、締めの高菜チャーハン。
今まで色々な場所で高菜チャーハンを食べてきたけれど、僕の中で、間違いなくトップランクに上がってくる美味しさだった。高菜、グリンピース、豚肉、卵、ネギ、そして隠し味はラードだった。舌に膜を張るようなラード。でもその上品さと言ったら、ない。何のラードなのかは分からないけれど、油っぽいものが嫌いな自分でもどんどん食べられた。
「ここが最近のオレのお気に入りなんだ」
紹興酒をぐんぐん飲んだからなのか、編集長も僕も、ホロ酔いになってきた。
「次はどこへ行くか?」
「僕に任せてくれませんか」
「てつや、いいねぇ~」
僕たちは、ネオンギラギラの道から、脇へそれた。
                                 ノムラテツヤ拝
高菜チャーハン(c)
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ご近所

家の近くから(c)

家の近くを紹介したいと思う。
うちの所在地は、河口湖町の横の鳴沢村。その森の中に佇む一軒のログハウス。
ここから、富士山が見えるけれど、まずはその高さに毎日ハッとさせられる。
こんなに大きかったっけ? 富士山って?
鳴沢の道の駅は、結構大きくて、富士山展望にはもってこい。
道の駅(c)

近くには産直の野菜などが、所狭しと並んでいる。
青空の中に吸い込まれそうな富士山を眺めていると、風が雲をどんどん流してゆく。
青空の中の富士(c)

それにしても、なぜ富士山を見るとこんなにドキドキするのだろう?
まるでドキドキさせるDNAが、生まれた時から埋め込まれているような・・・・。ほれぼれするうどん店が点在する富士吉田も、また趣があって良い。
秀麗(c)

電線がちょっと多いけれど、その向こうに富士山があることで、風景は一変する。
また詳しく書くけれど、富士山の正式名称は富む山の富士ではなく「冨士」と書く。
うかんむり、では無い。上の点が無いことで、冨士山の真の意味が浮かび上がってくるのだ。日本の美、冨士の意味が・・・・・・・
                                ノムラテツヤ拝
街中(c)
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

日本 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>