写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

涙の夕食

豆腐料理

シンガポールの玄関口、チャンギ空港に到着。
第3ターミナルは去年の一月に出来たばかり。第一から第三まで合わせると、成田よりもはるかに大きい巨大空港だ。
地下鉄のMRTで市内へ。シティーホール駅で降りて、そこから徒歩10分で、狙ったレストランが現れた。
NO SIGNBOARD SEAFOOD RESTAURANT
シンガポールで今、人気沸騰のマリーナ湾を見渡せるレストランだ。
まず出されたのが、豆腐と唐辛子を絡めた料理。
2品目が、海老のスープ。
エビスープ

そしてメインディッシュは、ペッパーで味付けた巨大ガニと、チリソースで絡めたクラブ。
カニ料理ペッパー

どちらも肉の味が濃厚で、がっついてしまう。が、これが後から起こる悲劇に繋がるとは、思いもよらなかった。
カニ料理チリ

生タイガービールを片手に、みんなで自己紹介。これから南アフリカの旅が始まるので、それぞれ美味しいものを食べて親交を温めた。
カニ食

お会計の時間、請求書には1300シンガポールドルと書かれていた。
一人あたり、800円? こんなに食べて?
えっ、えっ、まさか・・・・・
もう一度値段を計算してみると、一人当たり8000円ほどになる。
蟹の値段を見ると一匹が441シンガポールドル。つまり30000円だった。それを2匹食べたからしめて6万円なり。倒れそうになったけれど、食べてしまったので後の祭り。残ったカニ味噌と、カニソースをしみじみ頂くことしか出来なかった。
シンガポール、たかぁぁぁ~い。
ここが日本並みの物価、もしくはそれ以上ということを全く忘れていた。
食べ終わってからは、マリーナ湾に突き出す観光地へ。
世界三大ガッカリ観光地のひとつという汚名を着せられているマーライオンだ。
シンガポールの夜景

遠くから見た時は、やっぱりなぁ~と思ったけれど、近づいてみると期待していない分、感動した。マーライオンのすぐ背後に、小さな子供マーライオンがいるのだ。
2体のマーライオン

大人マーライオンはキリリとした顔立ち、対して子供は何ともあどけない。
背中だけ見ているとヤシの木か?と思ってしまう。
マーライオンの背中

ビル群に囲まれた中で、マーライオンが吹く聖水に、観光客が人だかりを作った。
マーライオンとビル群

アップで見ると、水の吹き出し口がよく分かった。
マーライオンアップ

シンガポールの至宝、マーライオン。
振り返ると、屈指の夜景が広がっていた。
                              ノムラテツヤ拝
シンガポールの夜景2
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

南アフリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |

シンガポールエアライン

シンガポールエアライン

前日から原稿書き。何とか書いて送ったものの、やはり編集長からダメ出しの電話がなった。
「今、すぐ書きなおせる?」
「ちょうど空港へ向かっているので、シンガポールからでも良いでしょうか?」
お願いして、空港へ向かった。
参加者の面々と逢い、出国。シンガポールエアラインに乗った。
イイ。
青や緑の民族衣装・サランケバヤンを身にまとったフライトアテンダントは、見事な曲線美。
腰のくびれに、触ってしまう乗客がいるというのもうなづけた。
飛行機は離陸すると、和歌山、四国、鹿児島と進路をとり、沖縄半島上空をゆく。
沖縄上空

パソコンを立ち上げ、機上で原稿をもう一度書きなおし、ホッと一息ついたところで、ランチ
タイムの始まり。
機内食

機内食はソーメンに、豚の生姜焼き、海老に玉子にレンコン。まるで日本の正し松花堂弁当のよう。味は機内食のレベルを超える高さ。最近アメリカ系ばかり乗っていたのでその差に驚いてしまった。
デザートはフォーションのバニラアイス。
デザートアイス

ハーゲンダッツよりも少し甘めだけれど濃厚だった。
映画「天使と悪魔」をハラハラ、ドキドキしながら見ると、もうシンガポール上空。
眼下に緑の大地が見えてきた。
シンガポールへ

薄日の向こうに雲が立ち込め、マラッカ海峡を横断し、マレー半島の至宝「シンガポール」へ。
450万人都市で、国花はラン。大きさは東京23区とほぼ同じ。
訪れるのは4年ぶりだ。
あの時は友人のYさんに連れていってもらい、みんなでシンガポールの景観と味を楽しんだ。
ラッフルズホテルで、シンガポールスリング(カクテル)を飲んだのは、今もよき思い出だ。
トランジットで滞在時間が8時間あるので、妥協せずにシンガポールの町を楽しもうと思う。
まずは原稿を送らなくっちゃ!
                              ノムラテツヤ拝
マレーの至宝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

シンガポール | コメント:0 | トラックバック:0 |

NO,19 雪もみじ

もみじが真紅に紅葉した秋、突然の寒波が里山を襲い、雪もみじとなった。
自然は、いつも囁きかけてくる。
毎日、毎日、同じ日はないことを。
同じ姿はなく、いつも変化し続けていることを。
                          ノムラテツヤ拝
雪もみじ(c)
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

韓国料理

ナムル

韓国料理が好きだ。
その中でもナムルが、たまらなく好き。
ここでまずいと、もうその店はアウトだと思ってしまう。
シンプルな味付けに、鮮度がものをいうナムル。
友人に連れられていった一軒は、大当たりだった。
キムチはいい感じに染まり、カクテキは角がどんがっている。
キムチ盛り合わせ

ゆっけは、卵がプリンプリン。
ゆっけ

そしてお勧めのタッカルビは、野菜たっぷり&大好きなホルモンで大満足だった。
タッカルビ

ラストはやっぱり、大好物の冷麺。
麺の腰もばっちりで、我を忘れて食べてしまった。
世界中を見渡しても、韓国料理は上位にランクされるんだろうなぁ~
                           ノムラテツヤ拝
冷麺
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

NO,18 熊の威厳

一頭のクマがいることで、風景は引き締まる。
それは、人間よりも強いものが、この世にいるという安心感と、恐怖感が同居するからかもしれない。
ライオン、トラ、クマ、ゾウ、ゴリラ、人よりも力の強い存在が、僕たち人間は自然に生かされているという当たり前の事実を、再確認させてくれる。
                           ノムラテツヤ拝
熊の威厳(c)
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>