FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

No,2 オーロラ

オーロラ1(c)

今日の写真はオーロラです。
自然が作り出す芸術で、最も感動するもの、膝がガクガクして、全身の毛穴が解放してしまうもの。
それが僕にとって、圧倒的なオーロラと間近で見るクジラです。
アラスカの冬、夜空は光のシンフォニーに包まれます。
                               ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!    ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

山中湖

屋台

8月1日に火ぶたが切られ、5夜連続。
富士にワクワクする夏がやってきた。富士五湖で場所を変えて、毎夜花火が打ち上げられるのだ。
1日は先陣を切って山中湖から。
ログハウスの社長さんと逢い、少しお話してから、会場へ向かった。
南米から帰ってきて、今まで以上にドキドキする光景がある。それが屋台。何故か分からないけれど、あまりに日本的な風景に、涙が出そうになる。
子供たちがりんご飴を舐め、たこ焼き、焼きそば、綿菓子をほおばる。射的なんてやってたら、もうアウトだ。
道路脇

山中湖畔に出店が並び、僕は一軒一軒観察した。
そして立派な舞台も作られていたので、それらを横目に歩いた。
舞台

昼過ぎから降っていた雨はあがり、なんとか開催されそうだ。浴衣を着た女性たちがぞろぞろと歩き、始まりの一時間前になると、湖畔の浜も大分埋まってきた。
午後7時過ぎ、区長から開会宣言が出される。
花火が一発上がると、背後の山山に跳ね返り、音が残響した。
打ち上げ前

霧がうっすらとかかるあたりも何とも山中湖らしい。標高1000mの高原、周りを見ると、長そでの人たちが結構いた。気温が20度を下回る中、山中湖花火大会が始まった。
今日の総計は8000発。それらを湖畔の四か所で同時に上げるらしい。なぜ一か所に絞らないのか、理由は分からない。一か所が休憩の時に、別の場所も眺められるから、それとも広がりを出すため、または四か所のそれぞれが、自分たちの場所を譲らないか・・・・・。
僕は一番賑やかだという山中湖のセブンイレブン前に陣取った。
さぁ、みんなでカウントダウン。10,9,8,7・・・・・・1.0。
湖上に5号玉が花咲き、無事スタートをきった。
打ち上げ開始

次々と勢いよく上がり、それらの残音が腹に響いた。
変わりだね

多色の変わり種が夜空に広がり、歓声があがる。
多色

「たぁーまやぁー」
湖にも少しだけ反射し、何ともオツ。
熱海などが有名だけれど、僕はこういう湖上や水上花火を今まで見たことがなかった。
花火の中心を切り取ると、まるで銀河の中を旅しているみたい。
花火の中心

蒼、赤、オレンジ、黄色、よくもまぁ、花火師というのはこんな夢の玉を作るものだ。
花火アップ

大好きなしだれ桜も打ち上げられ、それらが火の軌跡を描く。そして最後は、儚く消えてゆく。
しだれ桜

花火のワビとサビが、人生の光と影が、花火の軌跡に含まれているような気がした。
                               ノムラテツヤ拝
舞い散る
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:花火 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |