FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

シンガポールエアライン

シンガポールエアライン

前日から原稿書き。何とか書いて送ったものの、やはり編集長からダメ出しの電話がなった。
「今、すぐ書きなおせる?」
「ちょうど空港へ向かっているので、シンガポールからでも良いでしょうか?」
お願いして、空港へ向かった。
参加者の面々と逢い、出国。シンガポールエアラインに乗った。
イイ。
青や緑の民族衣装・サランケバヤンを身にまとったフライトアテンダントは、見事な曲線美。
腰のくびれに、触ってしまう乗客がいるというのもうなづけた。
飛行機は離陸すると、和歌山、四国、鹿児島と進路をとり、沖縄半島上空をゆく。
沖縄上空

パソコンを立ち上げ、機上で原稿をもう一度書きなおし、ホッと一息ついたところで、ランチ
タイムの始まり。
機内食

機内食はソーメンに、豚の生姜焼き、海老に玉子にレンコン。まるで日本の正し松花堂弁当のよう。味は機内食のレベルを超える高さ。最近アメリカ系ばかり乗っていたのでその差に驚いてしまった。
デザートはフォーションのバニラアイス。
デザートアイス

ハーゲンダッツよりも少し甘めだけれど濃厚だった。
映画「天使と悪魔」をハラハラ、ドキドキしながら見ると、もうシンガポール上空。
眼下に緑の大地が見えてきた。
シンガポールへ

薄日の向こうに雲が立ち込め、マラッカ海峡を横断し、マレー半島の至宝「シンガポール」へ。
450万人都市で、国花はラン。大きさは東京23区とほぼ同じ。
訪れるのは4年ぶりだ。
あの時は友人のYさんに連れていってもらい、みんなでシンガポールの景観と味を楽しんだ。
ラッフルズホテルで、シンガポールスリング(カクテル)を飲んだのは、今もよき思い出だ。
トランジットで滞在時間が8時間あるので、妥協せずにシンガポールの町を楽しもうと思う。
まずは原稿を送らなくっちゃ!
                              ノムラテツヤ拝
マレーの至宝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

シンガポール | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |