FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

アンデスの調べ

ぜんちゃんと

ペルーの首都リマに、宝箱のような博物館がある。
ミラフローレス地区の一角、緑色の壁面に「天野博物館」と刻まれている。
ツアーの仲間と天野博物館へ出かけると、ひろちゃんが待っていた。
「今日は別グループの人たちも一緒だけど、良いかな」と、船井幸雄さんのグループと一緒に、天野博物館の説明が始まった。
「うっす、久しぶり」
背後から声をかけられ、びっくり。
大好きで、尊敬して止まない白根全ちゃんが立っていた。
「どうしたんですか?」
「今日はちょっと頭蓋骨の撮影をしてて」
おもしろそう。みんながひろちゃんの説明を聞いている間、僕は全ちゃんの助手にしてもらい、手伝うことにした。
博物館の三階に、簡易の撮影場が築かれていた。
変形した頭がい骨を選び、それを撮影台へ。僕はレフ板を当てて、光の調整をする。
カシャン。
乾いたシャッター音が響いた。
「いいですねぇ~」
変形頭がい骨

骸骨って本当に綺麗だと思う。
天野博物館には、たくさん、たくさんあるので、全ちゃんは今度は顎付きの骸骨を持ってきた。
色っぽい。
頭がい骨から色っぽさを感じる自分は変かな?と思っていたら、全ちゃんも
「これってきっと女性だよね」
二人で笑い合った。
全ちゃんは自由人。
僕の夢は「死ぬまで遊ぶ」。この夢を後押ししてくれたのが全ちゃんだった。
「出来るとイメージした人から出来る。諦めなきゃ叶うよ」
全ちゃんの人生が、まさに“死ぬまで遊ぶ”だったのだ。
こんな素敵な男性と御縁が結べたことに、深く感謝した。
全ちゃんは、世界に2人しかいないカーニバル評論家で、少し前もニューヨークのブルックリン祭りの取材に出掛けていた。
全ちゃんは、風のような、気のむくまま、自分の心が求める方へ旅していた。
ひろちゃんの説明が終わったのが、ぞくぞくとツアーメンバーやフナイメディアのメンバーの方々が三階に上がってきた。
みんなの顔を見ると、とっても幸せそう。やっぱりひろちゃんは凄いなぁ~。
そしてアンデスの恵みを頂く夕食が始まった。
アンデスの果物

果物はチリモヤとグラナディーヤ、ルクマとピタハヤ。大好物のピタハヤはプリンプリンだった。
ピタハヤいっぱい

アンデスの恵み

野菜関係は、ジャガイモ数種に、黒いトウモロコシやユカやピーマン。
ジャガイモ2種

ナス科のペルー原産植物が並んだ。
家庭料理のアドボは豚肉を煮込んだもの。
アドボ

ユカのフライを一度口にすると、もうポテトフライに戻れないほど美味。
ユカ

アヒデガジーナは、ペルー版のカレー。
アヒデガジーナ

ひろちゃんの説明のもと、アンデスの恵みが、一同に集まった。
                               ノムラテツヤ拝
ひろちゃんの説明
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

ペルー | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |