fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

最高の店P

マハマエス農法

旅の後半戦へ入ってきた。
今日はリマから一気に440キロ南下する日。
途中でまず止まったのは、砂漠を掘ってそこから水分を引き出す技・マハマエス農法を見学する。
そしてCという町で、この旅で最も僕が楽しみにしているお店へ向かう。
名はP。
P

ここはペルーで最高の川海老のセビーチェを出す店。それもいつもの冷たいセビーチェじゃなく、ほんのり温かいセビーチェ。
P店内

店内に入ると、予約しておいたとおり席が配置され、壁には今は亡き主人の顔写真が掲げられていた。
「今年も無事にやって来られたことに感謝します」とひろちゃんと二人で手を合わせる。
主人

席についてビールを注文。そして一品目がすぐに出てきた。
ポテトフライならぬ、ユカフライ。
フライドユカ

これにこの店特製のアヒベルデ(緑唐辛子で作ったペースト)を付けて頂く。
アヒベルデ

くぅ~。のっけから、やばい。
「今日は良いのが入ってますから、ご期待下さい」
料理人の息子が、じきじきに持ってきてくれる。
川海老の大きさもさることながら、この色。エビのみそと卵を混ぜ合わせたセビーチェなのだ。
エビのセビーチェ

お皿にとって、一口。全身に鳥肌が立ち、粟立つ。
やっぱり僕はこの店がペルーナンバーワンだと想う。
巨大川海老

そこに海老ご飯が出され、さっきのセビーチェのお汁とレモンをかけて頂く。
エビご飯

僕も含めて、みな一心不乱にかっくらっている。
「ツアーでは決していけないツアーを」
それを作るために、この店は無くてはならないものだった。
茹でる前の川海老

料理人から茹でる前の川海老を見せてもらう。グレーの姿からは想像出来ない味だった。
僕たちはCの町を後にして、一路ナスカへ向かった。
                                 ノムラテツヤ拝
主人と息子
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

ペルー | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |