fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

奥庭

カラマツの季節

ようやく巡ってきた快晴。それも紅葉のベストシーズン。
僕は迷わず、富士山の五合目までゆく有料道路スバルラインを上がった。
落葉樹の紅葉は3合目あたり、針葉樹の紅葉は4合目から5合目が見ごろだった。
カラマツの紅葉は金。
黄色でもなく、茶色でもなく、黄金色だ。
五合目付近からは、巨大な富士が小山の向こうに見えてくる。
スバルライン

この前の富士登山では寄れなかった奥庭の駐車場で車を止めて、そこから石畳の道を下ってゆく。
空には200羽くらいの鳥が、旋回している。あとから教えてもらったけれど、アトリという渡り鳥が、一週間前から富士上空を旋回しているという。
奥庭

5分ほど下ると、一気に視界は開け、金のカラマツの向こうに富士の姿。
奥庭2

その間にも赤松とカラマツが深い森を作り上げていた。
奥庭3

新雪はやっぱり少し青い。
青空、青っぽい雪、それに金の紅葉が眼前に迫る。
足もとに目を向ければ、薔薇のようなカラマツの松ぼっくりが。
からまつの松ぼっくり

唐松のみち

そして道脇には、シャクナゲの大群生があった。健気につぼみを膨らませ、このまま冬を越すのだ。
シャクナゲのつぼみ

山梨県側の富士は5合目付近に、シャクナゲの群生地が多くある。
春先ここへ来ると、きっと帯状になってピンクのシャクナゲが咲き誇るのだろう。
僕の母の一番好きな花がシャクナゲ。来春は一緒に見られると良いなぁ~
                                 ノムラテツヤ拝
シャクナゲの群生
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |