FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

カカオ・サンパカ

カカオ

2007年8月4日 記す
サグラダファミリアを見学してから、お昼はカカオ・サンパカへ。
カカオ・サンパカは、チョコート専門店。ミシュラン3つ星の「エルブジ」のパティシエ、アルベルト・アドリアがプロデュースしたお店だった。
僕は、ここで、カカオ80%のアステカというココアを頼んだ。出てきたのは、ドロドロのココアというよりもチョコレートを溶かしたもの。口の中へチョコレートが流れ込むと、僕は失神寸前に追い込まれた。
今まで・・・・なんでチョコレートを甘くするんだろう? カカオだけで、もろチョコレートというココアは出来ないもんか? 
それに一番近かったのが、南米・エクアドルで飲んだココアだった。
その味もフランスのアメリカフェで抜かれ、アメリカフェも、このカカオサンパカに軽く飛び越えられた。
半分ココア、半分チョコレート。
甘みはゼロ。
僕にとって、まさにこれは、究極のココア、夢のココアだった。
今まで求めていてココアが、今出されているショック、そして興奮で、瞼が震えてくる。
顔もひきつりを起こしてくる。
これは、日本で出しても、確実にうけるだろう。
甘みが嫌いな自分みたいなタイプにはてきめんだ。
そして甘いものが好きな人には、トラディショナルと呼ばれるカカオ70%のものがある。
これにはシナモンも入れられ、口に上品な甘みが残る。
他にも冷たいチョコレートドリンクで、パッションフルーツと混ぜたものなんかもある。
もし興味のある方は、以下のホームページをのぞいてもらうと、いいかも。
www.cacaosampaka.com
コーヒー好きの剛史。これ、日本でやってみたら、うけるかもよ。試しに買っていこうか?
                              ノムラテツヤ拝

カカオ入口

上記の文章を書いてから、2年後の2009年9月3日、ついに日本にカカオ・サンパカがオープンした。
あの味をもう一度、はやる気持ちを抑えて、盛岡へ講演に向かう途中、東京駅の丸の内ブリックスクエアに向かった。
ようやく見つけると、その外観に気持ちが高揚する。あのバルセロナの支店と雰囲気がそっくりなのだ。
入口には、ソフトクリームのコーンが。
チョコソフトクリームとココアを頼んだけれど、はっきり言って素晴らしいのひとこと。
チョコジェラート

バルセロナで愛したアステカというカカオは、あと数ヶ月後から発売するらしいけれど、今出されているココアも、まさに甘味なしのチョコレート。正しきホットチョコレートなのだ。
更にお店には、このホットチョコレートの元も売っている。シナモンたっぷりの味だ。
サンパカココア

東京駅でひろちゃんと逢い、さぁ~、盛岡へ向かおう。
チョコレートは、あまりに濃すぎて、すぐに膜が張っていた。
とにもかくにも、ウマい。近くに行かれた人は、ぜひ寄ってみてください。きっと美味し過ぎて、腰が抜けます(笑)
                                ノムラテツヤ拝
ココア
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |