FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

投入堂

登山中

先頭に僕、後にりゅうくん、れんくん、雅之さんの順で登ってゆく。
れんくんの背丈くらいの大岩を越えたり、鎖場なんかもある。
鎖場

う~む、楽しい。
りゅうくんもれんくんも、緊張しているのか、顔がマジ。でもそれを雅之さんが笑わせほぐす。
そして危険なところでは、体を張って、子供の背後にぴったりと付く。
れんくん鎖場に挑戦

そして岩上に建立された文殊堂に到着する。舞台づくりに建ってみると、足元は目のくらむような高さ。高所恐怖症じゃないけれど、手に汗が浮き出てくる。
文殊堂

そこからしばらく行くと、今度は地蔵堂。
地蔵堂

「そこに並んでぇ」とお父さんが息子たちにレンズを向ける。
この辺から、僕は涙なしには見られなくなってしまう。
記念写真

お父さんが愛する息子たちと登山する。息子は父ちゃんのカッコいい背中を追いかける。
これって、僕の理想じゃん。してみたい夢のひとつが、現実として目の前に現れた感じだった。
途中の鐘楼で、鐘をつく。こんな険しい山道をどうやって、誰が上げたのだろう?
鐘楼

そして、岩をくりぬいた中に、不動堂の姿。
不動堂

岩が滑りやすくなっているので、みんなでゆっくりと歩を進めた。
岩をぐるりと回ったところで、おぉぉぉぉ、ついに現れた。
国宝の投入堂が、急峻な断崖絶壁にへばりつくように建てられていた。
投入堂

全て木で作られ、神社本殿形式。年輪測定をしたところ、平安時代まで遡るというから、驚きだ。木組みを見ても、落ちてこないのが不思議なほど。
投入堂のアップ

よく顔晴ったと、りゅうくん、れんんくんと写真を撮った。
よく顔晴った!

国宝 投入堂 数年前に世界遺産登録を試みたが、残念ながら落選したというけれど十分世界遺産になれる建物だと思う。少なくとも日本に似た建物は無い。山寺が少しだけ似ているけれど、ここまで特異ではないし。
国宝看板

帰り道も、僕はりゅうくん、お父さんはれんくんをカバー。
必死に歩を進める子供たちに、目頭が熱くなる。
「お父さん、息子たちは、立派に逞しく育ちました」
下り道

れんくんに関しては最年少で、三徳山に登っていることになるのだから。
登山口まで戻ってきて、お疲れ様ぁ~
登山終了

雅之さんは草鞋を脱いで一言。
「草鞋は汚くなったけれど、靴は綺麗なままで良かったぁ~」
みんなの笑い声が空に吸い込まれた。
                                  ノムラテツヤ拝
足洗い
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:6 | トラックバック:0 |
| ホーム |