fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

義侠最高級酒

愛知の愛すべき酒蔵「義侠」の最高級種をご存じだろうか?
その名も「妙」。
お正月前に絞り、一年の始まりに飲む特別なお酒だ。
値段も当然張る。
けれど、この妙こそが、山田社長の最も好きな酒なのだ。理由は簡単、一年に一度だけ社長が何日も、時には何週間も試飲ばかりする。
妙は、ブレンドのお酒。酸味、甘み、旨み、などの五味をバランスよく混ぜてゆくのだ。
「お酒はどれが突出していても、僕は好きじゃないんだよね」
12月13日の誕生日に、愛知の友人から妙が贈られてきた。
生まれて初めての妙。
まず箱から違った。妙と書かれた上には和紙が薄く張られ、書道5段の奥様が書かれた妙の文字が輝く。
妙の箱

開けてみると、今度は何とも上品なエメラルド色の四合瓶に入ったお酒がうやうやしく現れる。
妙の中身

上部のキャップは、高級ブランドの蓋みたいに、重量感があった。
器に入れて色を楽しむ。やっぱり薄い黄色。
この色で、しぼりたての本来の日本酒だと分かる。そして黄味が深いので、3年や5年ものの古酒を使ってブレンドしていることも、伝わる。
美しい瓶

一口飲んで、このお酒の凄さを痛感させられる。
どの五味も突出させず、綺麗にみんな同じ力量。つまりまあるいのだ。
完全なる球体。
含んだときは原種のような重さがあると思えば、跡形なく後味は消えてゆく。
あっさりと感じる人もいるだろう。重いと感じる人もいるだろう。でもそれは自分の味覚の発達している部分の差にすぎない。
このお酒は、五味がみんな同じ大きさ。
没個性の球体という究極の個性が詰まっているのだ。
義侠の最高酒「妙」。これは一度飲んだら、生涯止められないのだろう。
お正月に飲む、世界最高級のお酒なのだから。
山田社長の絶対味覚に、ただただ、圧倒される。
                              ノムラテツヤ拝
杯に注ぐ
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |