fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

水上の都へ

印字機

ローマのテルミニ駅から、イタリアの新幹線ユーロスターに乗る。
まずは切符に日付と時間を印字するために、黄色い機械に通す。
ユーロスター

銀色の車体に赤い線。まるでウルトラマンのような配色のユーロスター。
ローマから1時間半でフィレンツェ、そこから2時間でヴェネチアを結ぶ。
ユーロスター外観

このユーロスター、日本と比べて、やたら背丈が高い。車両に上がるステップも、大股じゃないと上がれないほどだ。
座席は2人がけと対面がけ。
シートは微妙に曲線を取り入れ、デザイン国のイタリアを感じさせる。
ES内部

対面シートには、真中に机が配備され、観音開きのようにそれらを手前に広げることも出来た。
対面の椅子

広げる

8時51分発。
6分遅れで、ユーロスターは走り始めた。
10分も走ると、周りは田園風景。1時間も走ると、丘陵地にブドウ畑が広がった。
全ての道はローマに通ず。こんな田園風景も、必ずあの永遠の都に繋がっていることを想像した。
まるで南仏プロバンスのような風景をユーロスターは快適に走る。
1時間半で、少し遅れているけれど、フィレンツェに到着。
フィレンツェからは、ボローニャの山々を越えて、ローマから3時間45分後、ついに水上の都が見えてきた。
海の上に建物が浮いている。
水上都市

頭では分かっていても、実際に見ると、こうも違和感があるものなんだ。
ヴェネチアに到着した。駅を降りると、すぐに運河。
ゴンドラと呼ばれるボートが、行きかいしている姿に、ボルテージが上がった。
「好き」
胸がドキドキし、僕はヴェネチアに一目ぼれした。
                            ノムラテツヤ拝
ヴェネチア運河
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

イタリア | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |