fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

イタリアワイン

バローロ

イタリアはフランスと並ぶ、ワイン王国。
そもそもメディチ家がなければ、フランス料理は生まれていなかったわけだから、イタリアワインも美味しいに決まっている。
中でも、日本でも見られるバローロは、味覚にフィットする。
購入したのは2004年もの。ガンバという名前も素敵だけれど、その味の安定感といったら。
どっしり重く、ビターチョコレートのような苦味と、ほのかな酸味がミックスし、空気とマリアージュさせると更に味が伸びる。
もちろん常温が最も美味だろう。
それらに合わせるのは、やっぱりパルミジャーノレッジャーノとペコリーノの2大チーズと、パルマ産の生ハムだ。
限りなく薄くスライスされたハムは、塩味も絶妙で、赤ワインの中で星のように光り輝く。
値段はパリやバルセロナと違い、ずっと安いのも助かる。
                          ノムラテツヤ拝
生ハム
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

イタリア | コメント:0 | トラックバック:0 |

バーカロ

リアルト橋から

ヴェネチアで最も有名な橋・リアルト橋が夕闇に沈み、店に明かりが灯る。
この橋の近くに、バカーロが点在する。
バーカロとは、立ち飲み屋。
ワインとおつまみが用意され、仕事還りに地元民が一杯ひっかけてゆく場所だ。
バカーロ

ヴェネチアの夜は、バーカロに出かけ、お酒を軽く飲んでから、レストランへ出かける。これが日課となった。
カンティーナ ド モーリは、ワインの蔵を改築したヴェネチアで最も古いバーカロ。
扉を開けると、天井から銅の打ち出しの鍋が吊られていた。
バカーロ内部

お勧めのチーズと、自慢のワインを頼む。
地元の人が談笑し、豪快に飲む姿の横に佇むと、自分も少しだけヴェネチア人になった気持ちになるから不思議だ。
こんな場所が、日常の中にあるって良いな、と思う。
よく食べ、よく飲み、よく話す。旅行国イタリアの人気の秘密は、ここに尽きるのかもしれない。
                        ノムラテツヤ拝
愛すべき雰囲気
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

イタリア | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |