FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

パタゴニアへ

バゲッジクレーム

ようやく到着。
40時間かけて、日本の真裏のアルゼンチンへやってきた。
今回は5度目の、アルゼンチンの氷河ツアーをアテンドさせてもらう。
世界で最も美しい自然が広がるパタゴニア。その原野を縦横無尽に駆け巡ろう。
成田~ヒューストン~ブエノスアイレス。国内線に乗りついでブエノスからカラファテまで。
日本から出発するもので、これほど長いフライトは、ほぼ無いだろう。
名づけて「氷河隊」に、今回は13名集った。その中に敬愛する阪根ひろちゃんがいてくれる事が何よりも心強かった。
ブエノスアイレスのバゲッジクレームでは、働かない国らしく、荷物が至る所に落下し、ベルトコンベアーで運ばれない事態。
「やっぱりアルゼンチンだなぁ~」としみじみ嬉しくなってしまう。
そしてパタゴニアのベースタウンとなるカラファテでは、大好きなDというホテルへ。
ここはカラファテで最もアルゼンチンらしくないホテル。
前にはアルゼンチン湖が広がり、全てイタリア様式。部屋も食事も、まるでイタリアだった。
「てっちゃん、パタゴニアも変わってゆくねぇ~」
僕が最初にカラファテに来たのが13年前。
あの時と比べたら、なんと大きく成長したのか。そして観光客もあの頃より10倍くらい増えている。
あと10年後には、ペルーのマチュピチュのような世界観光地になっているのかも、と想像してしまうほど、今でもこの町の勢いは衰えを知らない。
朝日が小島に差し込むと、島全体が黄金に光り輝いた。
                             ノムラテツヤ拝
光る島
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

パタゴニア | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |