FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

積雪の富士

雪の我が家

夕方から吹雪になり、夜中も津々と降り注ぐ。
朝、うちの周りは60センチの積雪になっていた。
慌てて車を雪の中から出し、雪かきをして道を作る。
日の出と共に、カメラザックを背負って、撮影に出かけた。
それにしても、どうだろう。このこの朝の光の透明感は。
雪の日は一段と美しさが増すような気がするのは、僕だけじゃないだろう。
木々は重そうに雪をかぶり、まるでハロウィンのように、化粧をしている。
松に積もる雪

雲が朝日を受けて、少しずつ染まっていく時間。高山特有の高音が耳に響き、寒さにぶるるっっと震える。
朝のもり

さすが別荘地だけあって、主要な道には、もう雪かきの車が入っていた。
雪かき車

専用車ではなく、パジェロの前に器具をつけたものだった。
御苦労さまです。
雪かきパジェロ

僕の方は、膝まで埋まりながらのラッセルだ。
まるで冬山を登っているような感覚。標高が1200mもあるから、ガシガシ歩くと、息も切れてくる。
大好きなポイントまで、あと少し。
膝よりも上まで雪が積もっているところもあり、全然ペースが上がらないけれど、一歩一歩、歩かせてもらう。
一本松

このパウダースノーが大地を覆うことで、保温され、春の芽ぶきに繋がってゆくのだ。
パウダースノー

もし雪がなければ、あの春の爆発的な躍動は生まれないのだ。
雪に感謝しながら、小さな丘を越えると、そこに神々しいばかりの富士が迫っていた。
                            ノムラテツヤ拝
富士冬風景
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |