FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

Mのレストラン

レストラン

チクラーヨから車で20分ほど行った町Mの中に、僕の愛するカブリート屋さんがある。主人は仮にPとしようか。
Pに電話をし、今日食べに行くから10名分、用意しておくように頼んだ。
晴天の下、レストランに到着すると、9か月前に来た時と何も変わらず子ヤギが草をはみ、客は一人もいなかった。
Pと再会。
きっとビックリしているんだろうな。こんな日本人の団体なんて、この店に来た事は一度もないんだから。
まずは軽めに、乾燥したエイのセビーチェ。チンギリートだ。
チリンギート

食べた後には、皆の笑顔が広がる。
燻製臭とレモンの酸味が絶妙に混ざり合う。
そして待ってました。
一発目のカブリート。
この旅は、ペルー北部ツアー「カブリート隊」と命名しているので、名前負けしないように。
でたぁ~、あの愛したカブリートがそのまま、テーブルに運ばれてきた。
みなの笑顔

一口食べて、軽くガッツポーズ。
カブリートは、生まれてからアルガロボとミルクしか飲まされずに育てるため、肉の味がミルクっぽい、というか、完全にミルク味になっている。その後味の厚さ、奥行きの深さに、ため息が出る。
絶品カブリート

さっきまでビールを飲んで笑っていた隊員たちも、いつの間にか目の前の皿に顔を突っ込んで食べている。
無言のとき、無上の幸せ。
                           ノムラテツヤ拝
無言のとき
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ペルー | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |