FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

公式ホームページをリニューアル

野村哲也公式ホームページをリニューアルしましたので、もし良かったら遊びに来て下さいね。
アドレスは以前と同じ http://www.glacierblue.org/ です。
野村哲也公式ホームページ
今回、デザインから全てを担当してくれたのが、大好きな友人Oさん。
とても優しく、そして幹のしっかりしたページになったこと、心から感謝しています。
これからも定期的に更新していきますので、どうぞ宜しくお願いします。
Oさん、素敵なページにしてくれた、有難う。
困った時に助けてくれて、感謝しています。
                         ノムラテツヤ拝

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:2 | トラックバック:0 |

奇跡のテーブル

ケッチャーノ

奇跡のテーブルと呼ばれるお店が庄内にある。
店の名前はアルケッチャーノ、天才といわれる奥田シェフが手掛けるお店だ。
庄内の地物を、素材が引き立つように出す。
組み合わせの妙、そして地域おこしの雄としてのアルケッチャーノ。
外観は何てことのない、イタリアンっぽいお店。が、今では、ここに日本中、世界中からもその味を感じようとやってくるお客が後をたたない。日本で最も予約の取りにくいイタリアン料理店のひとつだろう。
看板ははっきり言って、田舎くさい。でもそれが作戦。
看板

中はイタリアの細い路地に何処にでもあるようなビストロ風だった。
ケッチャーノ店の中

黒板には、日替わりのメニューや、旬の食材が丁寧に書かれていた。
最初の一品目は、マグロのカルパッチョ風。一口食べると、何か細工がしてあるのか、ひと手間かけているのか、上品にとろける。
まぐろのカルパッチョ

次は白身のヒラメと、赤みのサーモンのお刺身。
ひらめとサーモン

三品目がこの辺りで取れる雪菜だ。
生ハムと合わせてある絶妙さ、そして焼いてある雪菜は、まさに大地の味がした。土臭く力強い。
雪菜

川エビのリゾットも秀逸。薄味なんだけれど、食べれば食べるほど食欲が出てくる。
エビの甘みも、完璧だった。
川エビのリゾット

そしてこの店の凄さを更に実感したのが、コレ。
焼いた桜マス。ネギとアスパラ菜とアンチョビを焦がしたものが上からまぶされ、涙が体内から溢れだす。
さくらます

人は本当に美味しいものに出逢ったとき、言葉は出ずに、涙が溢れるのかもしれない。
それからも、上海ガニそっくりの庄内で取れたワタリガニのパスタや、庄内牛が出される。
かにぱすた

そして締めは、ゴルゴンゾーラのリゾットだ。
庄内の今を味の絵巻物で見せてくれる。
そんな感じだった。
庄内牛

庄内に最高の店がある。
その名は、アルケッチャーノ。
未だ舌にその記憶がありありと残っている。
                           ノムラテツヤ拝
ゴルゴンゾーラのリゾット
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |