FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

いざ、ラオスへ!

バンコク航空

バンコクに夜中到着し、空港近くのホテルで一泊。
翌朝、アジア最大のスワンナプーム空港へ戻り、バンコク航空で一路北上した。
バンコク上空は、水田が目立ち、さすが米所だと実感させられる。
フライト時間は2時間。
ラオス入国書

その間にラオスの入国審査書を書き、機内食を頂く。
機内食

ラオス。
この国の説明を少しだけしよう。
ラオス人民民主共和国。
人口が630万人で、人口密度が1平方キロあたり26人。もうこれだけでどんな国だか想像が出来よう。東南アジアで唯一の内陸国でもある。
70人乗りの小型飛行機で、もうラオス上空にさしかかってきた。
首都はビエンチャンだけれど、町に興味のない僕は、古都ルアンプラバーン、現代読みではルアンパバーンに降りてゆく。
ルアンパバーン

空港は掘立て小屋のよう。
そこで簡単に入国審査が終了。審査官の子供なのか、必死にパソコンに向かっているので何をしてるのか覗き込むと、トランプゲームをしていた。
う~ん、のどかだ。
送迎のバンでホテルまで送ってもらう途中、メコン河を通過。
「これって、メコン?」
「違う、違う」
「メカーッ」
これが正しい現地読みなのだろう。メコン河ではなく、メカーッ河なのだ。
ホテルには南国っぽい植物が茂り、なんともバリっぽい。
南国風景

ラオスのホテル

美しき藻の浮かぶ池の上には橋がかかり、なんともアジア。
緑橋

藻には葉影が映り込み、風にさわさわと揺れていた。
美しい藻

蓮の葉っぱの向こうにリラックスプレイスが。
灼熱バンコクよりは、気候がまし。
荷物を置いて、さぁ、街に出よう。
                      ノムラテツヤ拝
休み場
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ラオス | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |