FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

季節外れの山菜とり

s-R0013663.jpg

実を言うと、今年の春は不完全燃焼だった。
というのも、富士の森でふきのとうを取っているまでは良かった。
けれど、富士桜が満開の5月1日に熱海へ。熱海へ来ると、もう山菜のシーズンは終わっていた。
美瑛を通って、そこから砂川へ抜ける国道70号線。
s-R0013665.jpg

話はずれるが、北海道には道道というものがある。県の道“県道”なるものが、北海道は“道道(どうどう)”になるのだ。
道路は未舗装になり、イイカンジ。
チリでの生活を思い出しながら、オフロードを駆けあがってゆくと、タラの芽がちらほら見えた。
車を降りて、一本、また一本と崖から伸びるタラを取った帰り道、足元にヒトリシズカが咲いていた。源義経に妻、静御前から取られた名。楚々とした佇まいが、この花の魅力だった。
芽吹いたばかりの春山から、地球の叫ぶような息吹きが感じられる。
s-R0013667.jpg

今日も生かして頂き、感謝します。
手を合わせると、雲の隙間から太陽が顔を出してくれた。
北海道らしき、一本道。
s-R0013670.jpg

掌には、ぶっといタラの芽が、転がっていた。
                         ノムラテツヤ拝
s-R0013672.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |