FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

熱海海上花火大会

s-DSC_0006.jpg

熱海で有名なものの一つに、熱海海上花火大会がある。
昨日は夏の一発目。年間に12回もあり、春夏秋冬それぞれ打ち上げられる。
中でも夏は7月~8月にかけて7回も打ち上げられ、昭和29年から続く花火大会も今年で59回目を迎える。
シャンパンゴールド色の満月が夜空に浮かび、波の音が響き渡る。
s-DSC_0011.jpg

会場には、花火を見ようと、浴衣姿の女性陣から、夏休みの子供たちまで集まる。
8時20分~50分までの、たった30分の花火が、なぜこんなに有名になったのか?
それは歴史の重みだけはなく、この熱海という地形にあった。
熱海の背後には箱根の山々。花火が一発撃ちあがると、その残響は凄まじいものがある。
8時20分の最初の花火が上がったときに、僕は背後から押されるような衝撃を感じた。
s-DSC_0027.jpg

すぐ近くからスターマインが打ち上がるのも見どころだけれど、やはり海上花火は海に映ってナンボの世界。去年の富士五湖の花火も美しかったなぁ~、ぶっちぎり精進湖が素敵だった。
色とりどりの花火が同時に上がり、背後には満月。
s-DSC_0153.jpg

s-DSC_0206.jpg

風もあり、花火の雲も流れていく絶好の日よりだ。
s-DSC_0300.jpg

尺玉が上げられ、地面が揺れる。振動が足から頭へ突き上げられる。
s-DSC_0303.jpg

満月と花火が重なった瞬間だった。
                            ノムラテツヤ拝
s-DSC_0305.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |