FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

明るい性

s-R0011841.jpg

プレインカ、インカ文明の中で、唯一エッチな土器が残るのがモーチェ文化だ。
写実的にして克明、そして何よりも明るいスケベさが、たまらない。
ペルーの首都、リマに、そんな土器だけを集めた博物館がある。
名前はエロティックギャラリー。
参加者の面々が、どうしても行きたい、見たいと目を輝かせるので、「行っちゃう?」とノリノリで出掛けた。
まずは御愛嬌で、後ろから。
s-R0011845.jpg

そして動物たちの、交尾。
s-R0011850.jpg

なんともコミカルで愛おしい、両性具有。
s-R0011851.jpg

そして、モロですね。
s-R0011853.jpg

こちらの女性も、匂いたつような、妖艶さが漂い、僕の最も好きな土器が姿を見せる。
s-R0011855.jpg

なんて明るいんだろう。一切隠さず、明るく、笑顔で。
すると、エロティックさがまったく無くなることを教えてもらう。
s-R0011874.jpg

これが、素の姿なんだから・・・・と諭されているよう。
背後にまわると、愛情たっぷりに腕が肩を抱いていた。
                         ノムラテツヤ拝
s-R0011876.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ペルー | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |