FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ギアナ高地の旅

s-R0013274.jpg

この半年間、ベネズエラと格闘してきた。
20歳の時、アラスカのツアーをしたのを皮切りに、ペルー、パタゴニア、メキシコ&グアテマラ、北部ペルー、イースター島&イグアスなどを幾度となくアテンドしてきたが、ベネズエラはそのどこよりも手ごわかった。
まず、信頼のおける旅行会社がないということ。
ペルーとチリ、アルゼンチンなどには、いつも利用する信頼のおけるエージェンシーがある。
メキシコも素敵な女社長がされている旅行会社がある。が、しかしベネズエラは皆無だった。ホームページや、ロンプラを参考にしながら過去の記憶をたぐりよせる。
今まで2回、僕はベネズエラに足を踏み入れた。一回目はギアナ高地を見たくて。2回目はアンデス山脈縦断8000キロの旅の最終地として。
首都のカラカスやギアナ高地の玄関口シウダーボリバルのエージェンシーと何度かやり取りをして、2つに絞った。
それからだ。
航空券手配やホテル手配。何度か打診するものの、一向に返事が来ない。
2週間くらい返信が来ないのはしょっちゅう。しびれをきらし、何度か電話をした。
多分、インフラの問題なんだと思う。よくネットが使えなくなる、とか言い訳していたので。
電話もまた、電波が安定せずに、切れることたびたび。
そんなこんなで、ひとつひとつ積み重ねて、ようやく今日を迎える事ができた。
やるべきことは、しなければならないことは全てやった。
あとは、ぶっつけ本番。目の前に起こることを楽しみ、ひとつひとつ、味わっていこう。
ギアナ高地、最初で最後の旅が、今から始まる。
                        ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!  
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ベネズエラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |