FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

あまくさ

R0019455.jpg

生まれて初めて、天草に足を踏み入れた。
実を言うと、2年ほど前に阪根ひろちゃんに質問したことがある。
「もし2~3年、自分の好きなところに好きなだけ住めるとしたら、国内と海外どこを選ぶか?」と。
ひろちゃんはう~ん、と首をひねってから、まずは海外ならイタリアだろうなと、納得の答え。イタリアはそれぞれの州が元は別の国だったこともあり、やっぱりバラエティに富んでいる。フレンチを作り上げたのも、イタリア。風光明媚だし、ご飯も美味しい。地元民は美男美女とくれば、やはり人気が出るのも当然だ。
対して、国内は意外な答えだった。
「天草かな」
その言葉を聞いて以来、僕はいつか訪れたいと切望した。
R0019457.jpg

ちょうど近くまで来ていたこともあり、頼んで天草まで足をのばした。
天草と言えば、やはり五島列島と共に隠れキリシタンの場所。大江天主堂の中は、エネルギーが静まりかえり、僕の細胞は、魂は一気に鷲掴みされた。
静謐な、上品な、気品あふれる場。
室内は、派手でもなく地味でもなく、絶妙な配色がなされていた。
R0019460.jpg

津崎天主堂は、一転白を基調としていて、これまた鎮魂する感じ。
R0019465.jpg

床を見ると、畳が敷かれているのも、微笑ましかった。
R0019467.jpg

少し前までは、大江天主堂も畳だったが、今はその上にカーペットが敷かれている。
天草四郎が生まれた場所、島原の乱で動いた場所、談合島、天主堂。
ここには、まだまだ、奥深い何かが眠っている、そんな気がしてならない。
                    ノムラテツヤ拝
R0019469.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!  
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |