FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

瀧の周波数

DSC_5259.jpg

ナマクワランドで最も優美な山、それはマスカム山だろう。
標高は1000m、ギアナ高地のようにテーブル状だ。
そこに面白い場所がある。
宿の主人、ヘイラさんが教えてくれた、天空の滝。
早速出かけてみると、現場はとても穏やかでビックリ。
滝自体、もっと激しいのかと思っていた。
DSC_5278.jpg

川が流れ、滝つぼがポット状になっているのだが、一枚写真を撮るごとに不思議な感覚に包まれる。
まったく自分と自然の波長が合ってないのだ。
いのちは常に、波型のエネルギーを出し、それらが絡んだり、ぶつかり合ったりする。が、ここの滝は僕とまったく気持ちを合わせてくれない。
DSC_5299.jpg

ん、んん? なんでだろう?
写真は、というか、絵でも、映像でも、芸術やフィールドワークはみんな同じだと思うけれど、自分と自然とのエネルギーが重なり合う時、自然界は歌に満ち溢れる。いのちの垣根がなくなり、繋がるのだ。
イメージだとラジオが分かりやすい。互いに同じ周波数を出したときに、初めて音が聞こえてくるような。
DSC_5300.jpg

一度重なれば、自然の姿が見えてくるのだ。が、今日は調子が悪いのかな?それとも嫌われているのかな?瀧の声が聞こえてこない・・・・
                   ノムラテツヤ拝
DSC_5355.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のジリスボタンの上でクリックしてみて下さい。話しかけます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

南アフリカ | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |