FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

走る、立つ

DSC_6009_20130817165440246.jpg

花園に埋まるようにして、顔を見せるミーアキャット。
DSC_6016.jpg

可愛いなぁ~
DSC_6028_20130817165438206.jpg

ほんと絵になる生き物。
DSC_6030_20130817165437764.jpg

そして愛きょうを振りまく姿に惚れてしまう。
DSC_6035_20130817165437077.jpg

走る、立つ、また走る。
               ノムラテツヤ拝
DSC_6037.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

南アフリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |

花園とミーア

DSC_5901.jpg

アリ塚の上に姿を見せたのは、ミーアキャット。
走っては、ぴょこりと立ちあがって、周りを見渡す。
DSC_5908.jpg

こんな高いところから、監視することも。
DSC_5945.jpg

ナマクワランドデイジーが、隙間なく咲き乱れる。
DSC_5958.jpg

また立ちあがった。
              ノムラテツヤ拝
DSC_5984.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

南アフリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |

パノラマ撮影

DSCF1403.jpg

もはや満開。花の香りもだいぶ強くなってきた。
ガザニアも、太陽へ手を伸ばすように咲き誇る。
DSCF1414.jpg

ダブルレイヤーになっているものも。
DSCF1415.jpg

この絨毯が、どこまでも続いていくのだ。
DSCF1420.jpg

圧巻の風景。
DSCF1435.jpg

小高い岩の上から、全体を撮影してみた。
         ノムラテツヤ拝
panorama.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のジリスボタンの上でクリックしてみて下さい。話しかけます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

南アフリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |

種の力

DSC_5810.jpg

花園の中心地は、スプリングボック。
この町の近郊に、数々の花園が広がる。
DSC_5822.jpg

毎年、決して同じにはならず、去年黄色だった花園が今年は純白になることも珍しくない。
DSCF1389.jpg

花たちにとって、ベストな種類が地上に現れるのだ。
DSCF1397.jpg

その種の力を想う。
その底知れぬ力を。
               ノムラテツヤ拝
DSCF1400.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のジリスボタンの上でクリックしてみて下さい。話しかけます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

南アフリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |

今年の花園

DSC_5745.jpg

今年も南アフリカに見事な花園が広がった。
例年よりも2週間早く咲き始め、もう大地は絨毯のようになっている。
DSC_5758.jpg

白、オレンジ、黄色、そこにギラギラの太陽が輝く。
DSC_5780.jpg

花園に立つと、いつもその力に驚かされる。
DSC_5788_2013081703342539c.jpg

植物が上へ上へと向かう、そのエネルギーに。
                 ノムラテツヤ拝
DSC_5805.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

南アフリカ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>