FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

一幅の絵

DSC01684.jpg

尊敬する画家、熊谷守一は、一番美しい絵は真っ白いキャンバスだと言い切った。
目の前の光景を見ながら、そんなことを思いだした。
どれだけ絵がうまくとも、自然には敵わない。そう守一は伝えたかったのだろう。
北の大地美術館に、一幅の絵のような自然がある。
DSC01686.jpg

額縁の中に新緑の柏の森。
これを見たくて、帯広にやって来た。
父、母、僕、みんな2度目の来訪。
そして、みんなでため息をついた。
世の中で最も美しい絵とは、こういうものを言うのだろうな。
日々季節によって絵が変わっていくのだ。留まることはない自然の摂理。
父、母に座ってもらって、背後から撮影。
DSC01688.jpg

床にも新緑が映し出される。
DSC01690.jpg

ぼくはその風景に、長い間、見入ってしまった。
               ノムラテツヤ拝
DSC01691.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |