FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

新刊

DSC02743.jpg

今度の新刊は過去最長、一年半のときを要した。
中公新書のカラー版「パタゴニアを行く」「世界の四大花園を行く」に次いで第3作目の「イースター島を行く ~モアイの謎と未踏の聖地~」が10冊ほど自宅に送られてきた。
日本全国の本屋に並ぶのは、来週の6月25日(木曜日)だけれど、一足先に見本として。ドキドキしながら包み紙を剥がすと、中公らしい緑のバックに白地で題名、そしてモアイの写真が帯で巻かれていた。
1頁1頁、最初から最後まで写真の色をチェック。今回も印刷所の人にはとてもお世話になった。数々の職人さんの手によって、こんな綺麗な色が生まれるのだ。
そして、いつものように一つの想いが湧き上がってくる。
「怖い」。
何冊作っても、いつもそれらが世に出るときは無性に怖くなる。
時間はしっかりかけた、妥協もしなかった、良い物は作れた、と思う。
でもそれはただの僕の主観に過ぎない。
客観の世界にさらされたとき、本を手に取ってくれる人たちは、どのように感じるのだろう 
それを考えると、とても怖くなる。そして不安になる。
でも、編集者や印刷所の職人、デザイナーや校閲者など、中央公論新社の営業の方々も含めたら、100人以上の手がかかってようやく並べられる本たち。
軽い気持ちになんて、決してなれない。
楽しみです、なんて笑顔ではいられない。
関わってくれた全ての方々、そしてこれから関わってくれる全ての人たちのためにも、しっかりと結果を残さないと。
手にした12冊目の新刊は、僕にとって、ずっしり重い本となった。
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:3 | トラックバック:0 |

再爆発

24_20150619112151abd.jpg

間欠泉の飛沫が舞う。
25.jpg

アイスランドの間欠泉は、5分ほど待つと、もう一発が炸裂する。
26.jpg

球体状に盛り上がった刹那、一気に爆発する。
27_20150619112150316.jpg

地球が生きている証拠だ。
28.jpg

間欠泉は太陽を目指し、高く、高く、舞い上がった。
                ノムラテツヤ拝
34_2015061911215802a.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のジリスボタンの上でクリックしてみて下さい。話しかけます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

アイスランド | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |