FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

太陽の掴み方

DSC02145.jpg

生命は光から出来ている。
七色の粒の集合体。
ご縁は光を繋ぐもの。
そこには永遠なる輝きが満ちている。

フージオは教えてくれた太陽光の掴まえ方。
大切に、これからの作品に使っていきます。
           ノムラテツヤ拝
DSC02467.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

チリ | コメント:0 | トラックバック:0 |

フージオ

R0016889.jpg

人生において、あそこがターニングポイントだと思う瞬間がある。
それは僕にとって、イグアスの滝の夜だったのだろう。
自分は22歳から友人、知人たちと一緒に世界中を巡るツアーを催行しているが、あの時は南米チリのイースター島とブラジルのイグアスの滝を組み合わせだった。
夜、満月が作り出す虹を見ようと出かけたが、殆どの人が一目見ただけで綺麗だねと帰ってしまった。でも一人だけ僕の横に残ってくれた人、それがフージオだった。漢字で書くと不二夫、まるで富士山(語源は不二山)を彷彿とさせる。
「てっちゃん、綺麗だねぇ~、∞の∞の感謝だよ」とはしゃぎながらシャッターを押す。
「あっ、撮れたぁ~」
まるで少年のように悦びを爆発させるフージオが、僕は好きだった。
DSC_0111_20151020181733fb7.jpg

「てっちゃん、生きるって美しいよな、楽しいよな。僕は今というこの瞬間が大好きなんだよ。てっちゃん、自分の好きなことを大切にしながら、お互い思いっきり人生を生き切ろう」
満月に照らされたフージオは、プラチナ色にキラキラと輝いていた。
フージオが、一昨日、肺気胸で他界された。享年65歳。
アタカマ砂漠で撮影中の僕は、突然の訃報に呆然とした。
昨日は何を撮影していても、涙がぽろぽろと溢れてかすんでしまう。
でもそんなときは、あの誰もが幸福になってしまうフージオの笑顔を思い出すように。するとその穏やかさで、また涙が溢れてしまう。
人生にとって大切な指針を与えてくれたフージオ。
ある花を撮影しているとき。涙にぼやけた花に太陽の光が入り込んだ。
それは七色のプリズムで、花々の命が光に包み込まれたような写真。
涙を拭いて、もう一度同じ角度から、同じ画角で撮影してみる。
「太陽を掴まえる」
これはすべての自然写真家の願い。この数年、どうやったらそれらが自由自在に出来るのかを、自分なりに試行錯誤していた。
まさか、、、もう一度やってみる。
カメラの液晶には、七色の花のいのちが写り込む。
「∞の∞の感謝だよ」
天から言葉が雨のように降ってくる。いくつもいくつも。僕はカメラを地面に置いて、号泣した。
その瞬間、僕の中でフージオがこの世を離れたことを体感した。
「さりげなく、でも命をかけて見守る力」
誰か困っている人がいれば全力で助け、講演会があれば、必ず最後尾のドアに近い方に座る。
「どうして?」と聞く僕に、「みんなを見ていたいんだよね」と。
そんな風のような人だった。
僕はフージオから貰ったものを、ちゃんと生かしているだろうか?
生き切っているのだろうか?
フージオ、今もこの文章を書きながら、僕はグショグショに泣いています。
でも、今日から下を向くのではなく、天を見上げながら進みます。
だって、僕がいつまでもいじけてたら、フージオは悲しむものね。
アタカマにいることもあって、お通夜にもお葬式にも伺えません。
でもフージオのお墓は、大空や大海が似合うような気がします。
今日も、太平洋と大空に手を合わせます。
フージオ、僕たちはいつも七色の光で抱かれているんだよね。虹の環の中心にいるんだよね。あの満月の虹は、魂が震えるほど美しかった。
DSC_0228_20151020181734797.jpg

そしてそこに一緒にいられたことを、とても感謝しています。
太陽光の掴まえ方まで、教えてもらい、ありがとう。
丁寧に、丁寧に、毎日を積み重ねて邁進します。
それが、まさにフージオの生き方だったから。
                   ノムラテツヤ拝
R0016738.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

チリ | コメント:2 | トラックバック:0 |

夢の跡

DSC_4996_2015101810470331f.jpg

皆様、テレビ番組への温かいメッセージやメールを有難うございます。
読んでいて、何度も涙がこぼれ落ちそうになりました。
僕はまだ映像を見ていないですが、今回の素晴らしきテレビクルーチーム、
そして愛のある編集をしてくれた、はるちゃんが作った番組ですもの。
素敵なものになると信じていました。
今日は、チリの花園の夢の跡を撮影。2週間前まで紫に染まっていた大地は、
一面の枯れ野原になっていました。
大地には無数の種が落ち、シードバンク(種子埋蔵量)は満タン。寝転ぶと、
まるで地球が抱きしめてくれているような安らかさを感じました。
生命は次世代に命をバトンを渡し、また命が育まれる時を静かに待ってい
るのですね。
番組を見て頂いた方、これからビデオで見られる方、ダビングしてもらって
いる方、本当に有難うございます。
アタカマ砂漠の花園からたくさんの愛を込めて!
               ノムラテツヤ拝
IMG_2253.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

チリ | コメント:2 | トラックバック:0 |

今日

DSC00701_20151017011637b03.jpg

トロントから11時間、南米チリの首都サンティアゴへ。
リマを過ぎ、アタカマ砂漠を越えるあたりからアンデスが機体と並走する。
純白の山脈が、朝日と共に刻々と姿を変えていく。
青からオレンジ、そして黄金色へ。
DSC00721.jpg

遠く、南米最高峰アコンカグアが見える。
機体は最終着陸態勢に入った。
DSC00766_20151017011635831.jpg

雲を突き抜けると、眼下には菜の花の群落が見えた。
南米チリも、確実に春へ向かっている。
PS,番組は今日の18:54~。昨日の毎日新聞に番組の紹介が載ったようです。
                  ノムラテツヤ拝
IMG_2246_20151017181613827.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のジリスボタンの上でクリックしてみて下さい。話しかけます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

チリ | コメント:2 | トラックバック:0 |

再告知

DSC_1273_20151016071826ce8.jpg

今、カナダのトロントにいます。
また?
そう、また愛するジャパンから飛び立っています。
G0026564.jpg

今年は3月のカリフォルニア花園撮影を皮切りに、4月~5月アイスランド、
7月ペルー北部チャチャポーヤス、8月クロアチア、9月南アフリカのテレビ
ロケと中旬からチリ花園撮影、10月ハワイのロケハンと怒涛の日々が続く。
11月21日からはハワイツアーの本番が待っているけれど、その前に、再び南
米のチリへ。あの神々しい花園はとっくにピークを過ぎているが、ひとつの
物語にするため、あるものを撮影しにいく。
DSC_2919.jpg

前回は友人の松井がいたけれど、今回は自分ひとり。
丁寧に大地へ感謝の気持ちを送りながら、写真と動画を積み重ねてきます。
ということで、明後日17日のテレビ放映日は、僕はアタカマ砂漠。当然BS
放送は見られないので、どんな番組だったか、ぜひ感想を教えて下さいね。
愛のある編集者・はるちゃんが作り上げたものだから、きっと素敵な物語に
なっていると思います。どうぞどうぞ宜しくお願い致します。

番組告知)
10月17日(土) BS朝日(BS5) 18:54~20:54
「地球紀行 ~奇跡のホワイトライオン!
絶景!南アフリカ 砂漠に咲く神秘の花畑~」
                   ノムラテツヤ拝
DSC_3468.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>