FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

晦日詣

DSC03065_201512311657329ed.jpg

北海道で年末年始を迎える。
今年は今までにないくらい突っ走った年だった。
福音館と中公新書でイースター島の本を2冊作り、講演は25回、ウユニ塩湖、北米の花園、アイスランド、ペルー北部、クロアチア、チリの花園2回、ハワイ2回、そして南アフリカへテレビのロケ。北海道も2回目だ。
何度か体調を壊しそうになりながらも踏ん張り、最後まで健康体を維持してくれた心と体と魂。今日大晦日は、僕を生かしてくれた大いなる神々に、感謝の念を捧げに行く日。
向かった先は、北海道神宮(ご祭神:大国魂神・大那牟遅神・少彦名神・明治天皇)。
初詣は凄い人が集まるのだろう。
「押し合うと危険です」の横断幕が下がっていた。
DSC03070_20151231165731e63.jpg

初詣ではなく、大晦日に詣でることを、晦日詣(みそかもうで)と呼ぶ。
神社は、何かをお願いするところではなく、感謝の念を捧げて、置いてくる場所。その感謝の念が降り積もるからこそ、より聖地になっていくのだと思う。
DSC03074_2015123116573060e.jpg

「今年も一年、無事に生かして貰い有難うございます。貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます」
ぽわんと背中が熱くなった。振り返ると、雲間からやわらかな光が射し込んできた。
                      ノムラテツヤ拝
DSC03085.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

スノーダンス

DSC04738.jpg

青い池のライトアップに再び訪れた。
最初は2灯だと思っていた光源は全部で4灯もあり、大体5分くらいのサイクルでまた同じ光の組み合わせになることも、分かってきた。
この日は吹雪。
雪という白い筆が、闇のキャンパスに巨大な絵を描いていく。
うねり、ねじれ、揺れ落ちる。
スローシャッターで、その軌跡を映し込むと、まるで鳳凰が舞っているように見えた。
DSC05002.jpg

吹雪の向こうに火の玉が・・・、それは、線香花火のようにぼんやり光る満月だった。
「ライトアップ、吹雪、その向こうにまんまるのお月様」
まるで自然界からのギフトのような光景に、寒さも忘れた。
DSC04909.jpg

同じ場所を何度も撮影する楽しさを噛みしめる。
少しずつ、僕とこの池の波長が合ってきているのかな?
最初に訪れたときよりも、風景が優しく感じるのは気のせいだろうか?
僕の前で粉雪がクルクルと回った。
まるで、ダンスを踊っているかのように。
                ノムラテツヤ拝
DSC04692.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |