FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ソニーの時代

img_01_20160325144118452.jpg

カメラをソニーに変えてから、撮影がより自由になったと思う。
高感度に強いので、三脚は星や夜間撮影以外はいらなくなり、電子ビューファインダーのお蔭で、太陽や星のピント面も、より掴みやすくなった。
何よりも旅に持っていく時のカメラの重量が劇的に軽くなったことで、よりアクティブに動けることが嬉しい。
ソニーαシリーズのカメラを使うプロフェッショナルたち。
そのインタビュー記事に、抜擢された。
もし良ければ、読んでやって下さい。
http://www.sony.jp/ichigan/voice/nomura/
時代は、ニコン、キャノンの2強時代から、ソニーの時代へ変更しつつあります。
4月、5月のソニーセミナーも、以下でさせてもらうことが決定。
詳細な時間は分かり次第、アップさせて頂きます。
4月16日、17日 梅田ヨドバシカメラ(大阪)
4月23日、24日 横浜ヨドバシカメラ(横浜)
5月14日、15日 新宿西口ビックカメラ(東京)
5月21日、22日 博多ヨドバシカメラ(福岡)
皆さんとお逢い出来るのを心より楽しみにしています。
               ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

旅の始まり

DSC00304_20160325065945c45.jpg

イースター島から無事に帰ってきました。
とっても思い出深い旅だったので、一つずつ綴っていきますね。
まず、旅が始まる当日前夜、問題が起こった。
「てっちゃん、ごめん」
いつも僕の南米旅を予約し、支えてくれているSちゃんの声。
「どうしたの?」
「僕の最終確認不足で、航空会社からてっちゃんたちのグループ予約が全部落とされちゃった」
「えっ・・・・」
旅のアテンドは、そこに入るまでにどれだけ用意し、あらゆるシュミレートをしているかどうか、そこで成功は決まる。
今回の姫旅は、山元加津子さん始め、そこに集う人達。旅慣れた人、旅慣れてない人たちの混合チームだ。
だからこそ、いつもの3倍くらいは用意をしてきたつもりだ。
これで何が起こっても大丈夫。そう思って寝たら、電話で起こされて上記の会話。
「それって?」
「振込み日の手違いで、チリの首都サンティアゴ~イースター島の航空券が全部落とされて、なくなっちゃった。どうしよう?社長に相談したら、これから行き先を変えることも考えないとだって」
「どこへ?」
「例えばチリ北部のアタカマ砂漠とか?」
「Sちゃん、それは無理だと思う。みんなイースター島に行きたいわけだから。まず出来ることからやろうよ」
今まで僕の弱いところを支え、バックで対応してくれたSちゃんが、今は自分のミスで困っている。こんな時こそ、僕が守らないと。
「行きと帰りの空き状況は?」
「行きは2便に分かれると思うけれど、同日で何とか取れそう。でも帰りは殆どが満席でいつ帰れるか分からない状況」
「分かった。ならまずは行きを何とか1便で行けるようにがんばろ!」
みんなで手分けした甲斐があって、ミスが見つかってから10時間後、行きのフライトが予定通り買い戻すことが出来た。
でも帰りのフライトは・・・・
そのまま、羽田空港に向かい、正直に参加者の皆様に今の状況を伝えた。こんな時、隠して旅すると、必ず痛い目に合う。みんな
で一緒に強く想った方が、未来は前進していくと思う。
予定通り帰らなきゃならない人、少しだけ遅れていい人、大幅に遅れてもいい人の希望を聞いて、飛行機に乗った。
トロントに着いても、帰りのフライトは絶望的。
「行くか、行かないか?」
それは、最終的に僕が決定を下さないといけないこと。
チリの首都、サンティアゴへ近づくと、白きアンデスが迫ってきた。アンデス最高峰アコンカグア(6960m)が悠然と聳え、天空
を突いている。
DSC00363.jpg

最終着陸態勢になり、素敵な青い湖をバックにシャッターを切った。うっとりするくらい綺麗だった。
到着後、すぐにSちゃんに連絡すると、ほんの少しだけど、帰りのフライトに動きが出てきた。
嫌なことが起こった時、怖いことが起こった時、悲しいことが起こった時、それらを否定的に想うと、さらにその波は大きくなる。
だからこそ、いつも心がけるのは、引き受けること。その起こるすべてを怖いけれど、全部自分に引き受けてみること。
すると、心が少し落ち着いて、前方にほのかな光を感じるようになる。「未来の光」を。
                     ノムラテツヤ拝
DSC00397_20160325065944a2b.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

チリ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ナミブ砂海

DSC05844.jpg

何度体験しても、ドキドキする。
胸が張り裂けそうになる。
通算13作目になる最新刊「ナミブ砂海(福音館書店)」が20冊ほど届いた。
発売日は来週末の4月2日(土)。
段ボールをゆっくりと開き、包装紙を取ると、インクの香りが立ち上った。
印刷で出すのが難しかった表紙の色合いを見て、ホッと一息。
手に取って、中を1ページずつ見ていく。
なんとか大丈夫。
一年間かけて、どこに写真をレイアウトするか、どこに文字を入れるかを丁寧に編んできた。
子供たちが読んでくれる大切な本。
どの言葉が日本語として一番相応しいのか、子供たちに分かりやすいかを毎日毎日考えてきた。
それが一つの作品となって、ようやく世に出ていく。
でも、どれだけ色合いが良くても、自分自身が納得していても、ここからが本番。
読者にしっかりと想いが伝わるかな?
興味を持って読み進めてくれるかな?
一緒に親も楽しんでくれるかな?
考えれば考えるほど、不安に押しつぶされそうになるけれど、それよりも少しだけ伝えたいという想いが勝る。
だからこそ苦しみながらも作品を作ろうという気持ちが湧き上がってくるのだと思う。
「ナミブ砂海 世界でいちばん美しい砂漠(たくさんのふしぎ 福音館書店)」をぜひ手に取って、読んでみて下さい。
目の前に知らない世界が広がることを祈っています。
サイン入りを希望される方は、fieldvill@gmail.comの方に連絡して頂ければ、こちらから発送させて頂きます。
どうぞ宜しくお願い致します。
たくさんの人たちに、この本が届きますように。
               ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:4 | トラックバック:0 |

水の惑星

DSC02580_20160313120506dbf.jpg

明日からイースター島のアテンドが始まると、まったく更新が出来なくなると思うので、大切な時間がある今の内に。
ウユニ塩湖が完全に凪いだ瞬間、のり先生は必殺「命」をポージング。
DSC02573_20160313120506ccd.jpg

ほんと空に浮いているみたいは浮遊感がある。
そして360度撮影出来るカメラで、僕たちをパシャリ。
そこにはまさに宇宙に浮かぶ、僕たちの惑星があった。
IMG_2749.jpg

世界屈指の絶景、ウユニ塩湖。
また来年や再来年にツアーを催行したいと思う。
             ノムラテツヤ拝
DSC02589.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |

ウユニ塩湖です

https://theta360.com/s/bGAV51gDG6oCpicJaXM7tO4gq

ウユニ塩湖です。

             ノムラテツヤ拝

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>