写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

クオウエス

DSC02152.jpg

前を走る変態がいてくれる幸せ。それをしみじみ感じる夜となった。
とある大手出版社の編集者Hさんを、僕は昔から兄貴と呼ぶ。
芸術全般、お酒全般、向かうところ敵なしの博学な兄貴から、僕は東京の美を沢山教えてもらった。
昔は寿司屋は、富山だ、仙台だ、天草だ、と吠えていたが、今は静かなもの。
だって兄貴に連れて行って貰った東京の2店を越える店が未だ見つけられないから。
「野村くん、ナショジオの投票も終わったことだし、久しぶりに何か食べようか?
仕事の話もしたいしさ」というわけで、お店は南青山の和食屋さんに決定した。
表参道のスパイラル前で待ち合わせすると、やっぱり今日も兄貴はお洒落さん。蝶ネクタイをさりげなく付けて、颯爽と現れた。
「元気そうだね」
「兄貴こそ」
タクシーで何度か細い道を曲がったところで降ろされた。
「分かりにくい店なんだ、ここらへんだと思ったけれど・・・あった、あった」とインターホンをならした。
「ここって、一見さんお断りのお店ですか?」
「いや」
「でも、絶対に最初の人は、このブザー押せませんよ」
中から美人の女性店員がひょこっと顔を出し、兄貴の顔を見るなりニッコリと笑った。店名は「挧翁S(クオウエス)」。もしこの名前にピンと来る人がいたら、あなたは間違いなく陶芸好き。それもかなりの。陶芸で初めて人間国宝をとった4人のう
ちの一人、石黒宗麿の雅号だ。
中へ入ると、サッパリした内観。
まずはビールを片手に、つきだしの貝を頂きながら、松茸の土瓶蒸し。上から見ると十字型の器に目がいく。
DSC02158_20170929173744ad0.jpg

DSC02163_20170929173743bef.jpg

日本酒に移ると、自分の好きなお猪口を選べるようになっている。ちょっとひしゃけた青いお猪口に一目ぼれ。
「野村くん、お目が高い。それ8万円」と兄貴がこそっと教えてくれる。
DSC02166.jpg

DSC02170.jpg

ぬる燗をすする。もちろん美味いけれど、壊してしまったらと思うと酔えない(笑)。
ヒラメの3種盛りも、まるで天目のような模様に、川底の藻を想像させた。
DSC02173_201709291738279a5.jpg

お酒が変わると、徳利も変わる。
「これ、ウン十万円」と、次々と高くなっていく。
何がそんな変わるのかと、その表面を撫でてみた。驚くことに、ザラ目なのにぞっとするほど滑らかだ。
鶏肉煮つけとジャガイモと枝豆で作られたスープ、あぶらの乗ったクエ。器はもう百万を超えていた。見ているだけで、静かな迫力が器から立ち上がってくるのだ。
DSC02188.jpg

DSC02201_20170929173825c48.jpg

そして、松茸に鱧が巻かれた天ぷらに、ガツンと衝撃。松茸の香りに負けてしまうかな?と思いきや、鱧が良い仕事しますね。後味にすっと寄り添ってくる。
DSC02210_20170929173824883.jpg

そして、ノドグロのヘシコに出汁をかけたお茶漬けで、僕はとうとう即死した。
DSC02227.jpg

ひとつひとつの丁寧な料理だからこそ、数百万の器にもしっくり来る。
茶道の長いクロモジでデザートの梨を頂きながら、兄貴と大将の四方山話に笑った。
DSC02243_20170929174017a85.jpg

大将は、椀が好きすぎて、眠る横に置いて撫でまわしているそう。
「良い椀って、どのようなものですか?」
「飽きないもの、一年間同じ椀で飲んでも、飽きない。逆にどれだけ見栄えが良くても、わずかに破たんしているものは、何処かで飽きる」
DSC02240.jpg

椀に限らず、それは人間にも言えることだなぁ~と、唸った。
だって、目の前にいる二人は完全に変態。破たんして突き抜けてしまっている。
有難いな、と思う。
こんな愛すべき先輩たちが、前を走っていてくれて。
DSC02252.jpg

僕も安心して、変態道を突き進みます。
帰る時に大将が一言。
「この壺300万。でもこれを売って、500万のを買おうと思って。今度見せてあげるからね」
             ノムラテツヤ拝
DSC02235_20170929174018188.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヨドバシカメラ新宿セミナー

SD_200000015000116389510B1.jpg

明日、明後日はヨドバシカメラ新宿西口本店(カメラ総合館6階 イベントスペース)で、ソニーのプロカメラマンセミナーを開催します。新製品α9で撮影した作品も含めて、ソニーの魅力を存分に語ります。
https://ers-sony.secure.force.com/SEvent/pageEventDetailEVT?e=a2O5F000001Hf9nUAC&p=%E6%9D%B1%E4%BA%AC
セミナー終了時には、割引クーポンも配布されますので、α7、α9のボディ、FEレンズなどの購入をお考えの方はぜひいらして下さい。
さらなる特別割引もあるかもしれません。乞うご期待!
東京周辺の方はもちろん、関東圏の方々、ぜひ遊びにいらして下さいね。心より楽しみにしています。
              ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ウォンさん

DSC09593.jpg

盛岡での講演会は、ウォン・ウィンツァンさんとのコラボだった。
NHKに数多くのピアノ曲を提供し、あのダブルミリオンセラーアルバム「feel」にも採用された。
上下純白のいでたちで現れ、真っ白いピアノの前で首を振り、体を揺らした。
一瞬の静寂の後、透明感あふれる音符が紡がれた。
最も感動したのは、こころの時代のテーマソング。
https://www.youtube.com/watch?v=2TdZ_tS75aU
首を振り、体を揺らすのが、音へ入るルーティーンなのか。ゆっくりと我が消えていく。体全体が音色になっていく感じ。
ドレミファソラシ の七音が七色に輝き、ウォンさんの白い服を染めていく。
自分のやりたい方向を、ウォンさんは体現していた。
終わってから聞いてみると、教えてくれた。
「瞑想をすると副交感神経が活発になります。でも音楽を奏でるのに必要なのは交感神経。そのバランスを取れるように、何度も試みました」
やっぱり、大切なのはバランスなのだ。
DSC09600_20170928100710db2.jpg

どちらが優位になり過ぎても崩れる。行ったり来たりしながら、自身を中道に乗せていく感じ。
旅のはじめに(にっぽん紀行テーマソング)では、まるで静寂の中、青い炎が燃えているよう。
静寂、また静寂の間を繋ぐように紡がれる音符たち。
今日は素敵なものを見せて頂きました。
               ノムラテツヤ拝
DSC02112.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

紅葉前線

DSC01830_201709272042025e2.jpg

日本は南北に長い国。だからこそ四季があり、大好きな季節を追える。
紅葉の前線へ向かうと、モミジが見事に色づいていた。
DSC02065 (2)

もしこれが東西に長い、インドネシアのような国だったら決してこうはいかないだろう。
近くのネコも、大きく深呼吸して、秋の空気を謳歌していた。
日本は南北に長い国。
DSC02069_20170927204200f7a.jpg

だから、奥深い自然が広がっているのだ。
           ノムラテツヤ拝
DSC02073.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

盛岡の仲間

DSC01870_20170926171032ced.jpg

僕の体には、父からの岐阜の血と、母からの仙台の血が流れている。
だからだろうか?
東北に行くと、妙に体が落ち着く。
DSC01875_20170926171031a79.jpg

そして僕の人生を彩ってくれる仲間たちが沢山いるから、いつも心が温かくなる。
こうちゃん。
僕たちの生きる手本として、いつも先頭をきってくれる鉄人だ。
自分が今まで企画した16のツアーの全てに参加してくれ、南米のペルーなんて、マチュピチュ・ナスカ、北部でヤギを食べる、ウユニとペルー、チャチャポーヤスと4度も参加してくれた。
一度でもこうちゃんに会うと、みんなが好きになる。
背筋を伸ばし、日本男子の神髄「強く優しい」心で、僕たちをふうわりと包み込んでくれる。
DSC02065_20170926171029383.jpg

2016年6月にアイスランドを旅した後、こうちゃんは手術をした。僕もお見舞いに行ったが、いつも通り気丈にふるまうこうちゃんに涙が出た。
術後、思うように傷がふさがらない縫合不全になり、今は胃ろうを付けた。食べ物は口に入れられないが飲み物は大丈夫と日本酒をゴクリ。
こうちゃん宅で、今夜も大盤振る舞い。
DSC01980.jpg

DSC02070_20170926171054d82.jpg

DSC02074.jpg

DSC02076_201709261710520f7.jpg

DSC02079_20170926171051857.jpg

DSC02092_2017092617105129b.jpg

「今は体調を良くして元気になること。そうすれば腸を食道にする手術を受けられる」
こうちゃんは、どこまでも強かった。
DSC02001.jpg

決めた。
こうちゃん、80歳の誕生日は、また旅の空の下でまたお祝いさせて下さいね。盛岡の愛する仲間たちと一緒に、そう誓った。
豆腐、里芋、角煮、ウニ、煮つけ、岩手みどり(枝豆)、するめ、そして鮎、どれもこれも絶品でございました。
            ノムラテツヤ拝
DSC02133.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>