FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

エクレア

DSC03803.jpg

甘いものが苦手だ。
幼い頃はアイスクリームやシュークリームなどスイーツを楽しんでいたが、高校生くらいから体が急に受け付けなくなった。中でもカスタードクリームや生クリームは特に駄目で、ある時に無理をして食べたら蕁麻疹がでた。
味覚がとても似ている友人のTさんにそんな話をしたら、
「野村さんはきっと本物のエクレアを食べてないんですよ」との返事。
「それはどこで食べられるの?」
「世界広しと言えども、やはりアントワープですね」
彼は日本人としてはとても珍しい“アントワープ公認”のダイヤモンド鑑定士だった。
フランス・パリのような鉄筋で作られたアントワープ駅から目抜き通りを200mほど行ったところに、その店「Del Ray」がある。ショーウィンドーには、まるで宝石と見間違わんばかりのケーキやチョコが林立し、店内へ入ると気品ある甘い香りに包まれた。
DSC03805.jpg

目的のエクレアは・・・
何と残り一本のところでゲット。危ない、危ない、まだ正午だというのに、もう売り切れ寸前なんて。
DSC03811.jpg

ピスタチオのケーキ、ダイアモンド型のチョコ、プレイリーヌも購入して、宿へ持ち帰った。
DSC03827.jpg

DSC03829.jpg

DSC03852.jpg

早速エクレアを取り出してみる。通常見ているエクレアよりも細く、チョコレートは黒い。
DSC03841.jpg

口に含むと、生地は分厚くてしっとり。中のカスタードクリームは白く、バニラの黒い粒が入っている。ダークチョコと上品なクリームのマッチングに、20数年ぶりに「美味い」と言葉がこぼれ落ちた。
DSC03838.jpg

今まで食べていたものは、一体何だったんだ。
Tさんにすぐさまメールすると、返信が。
「有難うございます。そのエクレアをモグモグ食べながら、ダイヤモンド取引をやってます(笑)」
持つべきものは、世界中の味を知り尽くす、味覚の似ている友。本物のエクレアは、確かにアントワープで売られていた。
        ノムラテツヤ拝
DSC03861_20171123140951edb.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ヨーロッパ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |