fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

神の国の都

DSC06227.jpg

神の国の都と形容された「松江」。
この地を舞台に、日本の民話を世に広めた男がいる。
アイルランド人のラフカディオ・ハーン、和名は「小泉八雲」だ。
今日は2度目の八雲記念館へ。
DSC06196.jpg

彼の経歴を丹念に見ていくと、圧倒的な移動距離と移住生活に驚かされる。
アイルランドからフランス、アメリカ合衆国、西インド諸島、日本と浮草のように放浪を続け、いかなる土地であっても「人間は根底は同じ」であることを疑わなかった。
DSC06199.jpg

日本語が読めない八雲は、毎夜妻のセツに民話や昔話を話してとせがむ。セツが本を読み聞かせようとすると、八雲は彼女に、こうお願いした。
「物語を自分の言葉にして、僕に聞かせて欲しい」と。
何度も読むことで、物語は自分の体の一部となる。それを聞かせて欲しいだなんて深いなと想う。
DSC06239.jpg

文章には特にこだわりが強く「原稿は9回書き直さなければ、まともにならない」が口癖だった。
代表作の「雪女」も「耳なし芳一」もそうやって、書き直し、積み重ねられていったのだ。
国内では松江を皮切りに、熊本、神戸、東京と居を移しながら、欧米に日本文化を紹介する著書を数多く遺した。
八雲の邸宅で書斎を眺め、美しき庭にみとれた。
DSC06205.jpg

目の前に聳える松江城の荘厳さに目を瞠り、
DSC06250_201804181657356e7.jpg

城内の贅沢な造りにため息が出た。
DSC06255.jpg

大山を眺めながら、
DSC06276.jpg

夜は玉造温泉でゆったりと。
DSC07074.jpg

愛する松江。ここなら、僕も住んでみたいなぁ。
          ノムラテツヤ拝
DSC07079.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |