fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

なまけ者になりなさい

DSC06366_20180420193921b69.jpg

日本で最も好きな記念館が境港にある。
「なまけ者になりなさい」
そう言い続けた天才漫画家のミュージアムだ。
DSC06371_20180420193920937.jpg

年表を見るだけで、吹き出してしまう。
武良茂。
13歳 人の死ぬところが見たいため、幼い弟を海に落とす。
15歳 職人見習い2ケ月でクビ。中村版画社も即クビに。
17歳 農芸大学定員50名、受験者51名、武良だけ不合格。職工、2日でクビ。
19歳 日本大学付属大阪夜間大学に合格。
21際 赤紙が届く。ラバウル島へ。
しげるのニックネームがげげる。そこからあの名作が生まれたのだ。そう、げげげの鬼太郎の作者「水木しげる」さんの記念館。今回で2度目の来館だけれど、最初の時は心底驚いた。
DSC06375_20180420193920af7.jpg

DSC06378.jpg

水木しげるさんが数々の妖怪を調べ、または創作していたと思っていたが、見事に裏切られることになる。
近所に住んでいたのんのんばあが幼少期に、妖怪などの話を教えてくれたことも手伝ってか、戦地ラバウルで激闘を繰り広げていたとき、水木さんは左腕を失った。
DSC06382.jpg

極限状態で森の中を走っていくと、どうしても壁にぶつかってしまう。見上げると、そこにぬりかべが立っていた。つまり創作ではなく、水木さんが極限状態で感じたもの、見たものそのままが「げげげ
の鬼太郎」として描かれたのだ。
DSC06386.jpg

衝撃だった。五感が通常よりも研ぎ澄まされれば、幻聴や幻影だって見えるだろう。でも、そうではなく、世界の影となって生きている妖怪の世界が現存しているとしたら、その可能性があることを僕たちに教えてくれていたのだ。
さらに水木さんの冒険旅行ボートに目を奪われる。五大陸はもちろん、世界の秘境をくまなく網羅していた。斬新なアイデアは移動距離に比例する。
DSC06398.jpg

そして体験を深くやり続けることで、考えが更に繋がっていくのだ。
DSC06400_20180420193947d06.jpg

平成27年11月30日 93歳で巨人はこの世を去った。
DSC06390.jpg

あの世で、どんな面白いことをされているのかな?
「なまけ者になりなさい」
その言葉を胸に、米子空港へ向かった。
         ノムラテツヤ拝
DSC06433_20180420193947974.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |