FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

柳家隊

DSC08088.jpg

ボリビアから帰国後、すぐに故郷の岐阜へ向かった。
週末は自分が主催する「柳家隊」。
日本中から縁ある仲間たちが集まり、10年連続食べログ1位の名店「柳家(4.7点)」を貸し切っての極楽宴を開催するのだ。
https://tabelog.com/gifu/A2103/A210301/21000023/
DSC08089.jpg

47名が岐阜の瑞浪に集結し、囲炉裏でジビエ料理に舌鼓。
DSC08090.jpg

DSC08091.jpg

サクラマスの刺身から始まり、若鮎、
DSC08098_20180531194750b8b.jpg

エゾシカのフィレ、ロース、
DSC08100.jpg

オナガガモと怒涛の攻め。
DSC08107.jpg

お腹がパンパンに膨れ上がった頃に今度は大鍋が。
ぐぬぬ。
DSC08147_2018053119481766b.jpg

そしてラストは天然ウナギ。僕のウナギ人生で最も豊潤で、旨みが凝縮された逸品に、ため息しか出ない。
DSC08156.jpg

大好きな仲間たちが笑い、幸福な顔をする。お酒が入り、更に絆が深まり、それぞれのご縁が繋がっていく。
仕事の付き合いでもなく、異業種交流でもない、肩書きの無い交流。だからこそ、そのご縁は生涯の宝物となっていく。自分の周りが幸福だと、僕はこの上なく幸せです。
           ノムラテツヤ拝
DSC08118_201805311948173b2.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |

最後の夢

DSC08192.jpg

「もう一つだけ、夢が残っているんですけれど」
ウユニからボリビアのラパスに帰ってきた時にYくんがポツリと呟いた。
「君のための旅なんだから、なんでも言ってみなよ」
「ラパスの夜景を撮影したいです」
むっ。それは少し難しい問題だった。
空港からすり鉢状の町ラパスへ下るときに、ミラドール(展望台)は確かにある。でも1ケ月前から大規模工事中で駐車禁止になっているのだ。新たにかかったロープウェイもあるが、それを使っても圧倒的な夜景が撮れるかは懐疑的だった。
「夢を叶える旅」。それも最後の夢だもの。大切にしてあげたいな。
ティワナク遺跡を見てから、ラパスのホテルへ。レセプションで交渉すること数分、「俺に任せておけ!」と胸を張る運転手が現れた。一点も曇りのない真っすぐした瞳。彼に賭
けてみることにした。
夕日が町から少しずつ離れる頃、ラパスの町中から一気に上がっていく。20分ほどすると左手に展望台が見えてくる。どうするんだろ?と思っていると、捨て身のUターン。そして小さなスペースに車を滑り込ませるように停車させた。
「俺はここで待っているから、好きなだけ撮影してこい!」
Yくんと三脚を立てて、山頂から撮影を開始した。
夕日がラパスの背後に聳えるイリマニ山(6438m)を染め上げ、街はホタルのように、ポツリポツリと明かりが点灯し始めた。
TET04597.jpg

ブラジルのリオデジャネイロと並び、南米屈指の都市夜景ラパスが目の前に。横を見ると、Yくんが真剣な表情で撮影していた。一枚、また一枚。
DSC08249_20180531094608722.jpg

「今が最高の時間帯だよ」
「はい」
Yくんのカメラから最後のシャッターがきれた。
「今回の旅、最高でした。本当に有難うございました。自分を変えるきっかけを幾つも作ってもらい感謝しています。野村さんに言われたように、自分のことを沢山考えてみます」
成田空港で別れるとき、Yくんはそう言い、頭を下げた。
道産子の彼に僕が言えること、それはクラーク博士の名言だ。
「青年よ、大志を抱け! 一回きりの人生だもの」
            ノムラテツヤ拝
TET04762.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |

愛の架け橋

TET04463_stitch.jpg

午前二時、気温はマイナス15度。
高く架かった天の川を、少しばかりのテクニックを使って撮影する。
鏡面張りの時間に身を寄せ、午前五時まで写真を撮るという行為を純粋に楽しんだ。そろそろウユニを離れる時間が近づいてきた。
「どうも有難うございました」
頭を下げると、天頂から三発の流れ星が勢いよく落ちていった。
自然と僕たちは間違いなく繋がっている。Yくんの夢を叶えるために、ありったけの愛を見せてくれているのだ。
「ラストワンショットだけいいですか?」
Yくんがそう言い撮り終えると、風が吹き始め、星は波にかき消された。
「ノムラさん、まだ旅は終わってないですけれど、本当に本当に有難うございました」
Yくんの言葉が闇を進む車内で震えた。
命とは、突き詰めて考えれば「気持ちのバトン」の渡しあい。渡され渡す双方向の時間のことを指すのだろう。
ガイドのイサックが用意してくれたあつあつのココアが、身も心もほんわりと温めてくれた。
       ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |

神々のアート

地球は壮大な神々のアート。
僕はそれを見るために生まれてきた。
宇宙でも稀有な青き星の美を。
https://www.facebook.com/nomura.tetsuya.7/videos/1697832883646541/
         ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |

神々のパズル

DSC06751.jpg

今、新しい本を2冊作っている。
一冊は福音館のたくさんのふしぎ(写真絵本)、もう一冊は中公新書のカラー版だ。ポリネシアを舞台とした絵本原稿は既に書き上げたが、まだウユニ塩湖の原稿を書き始められないでいた。
ボリビアのウユニ塩湖に来るのは、これで通算13度目。乾季6回、雨季6回だが、雨季と乾季の狭間の五月に訪れたのは初めてだった。
車で走ると、不思議な円形が、塩湖上に幾つも描かれていた。
DSC06701.jpg

「塩の大地が乾燥によって固まるとき、上昇気流が巻く。それらの跡なんだ。ウユニ塩湖は風の大地でもあるから」とガイドのイサック。
雨季の湖が強い直射日光によって乾燥し固まる。ドロドロの塩が上昇気流によって回転しながら結晶化していくというのだ。
何かが脳で繋がりかけたが、全貌を掴みきれない。
突然車が止まり、運転手のホセが「オッホ・デ・アグア(塩湖にあいた塩の穴)だ」と呟いた。
それらの穴に手を突っ込み、塩の結晶を採取していると、イサックが「昨日頼まれていたものは、ここで食べたほうが良くないか?」と耳元で囁いた。
DSC06649_201805260746001b1.jpg

DSC06689.jpg

そう、毎度ながらどうしても欠かせないものがある。黄色いタッパーに入れられたゆで卵。それらを、この塩の穴に入れて食べると、Yくんの顔がパチンと弾けた。
「リコー(うまーい)」
DSC06578.jpg

最初は少し固かった表情も、日を重ねるごとに肩の力が抜けて柔らかな笑顔になった。
ドローンを飛ばすと、さっき見た結晶化した円形の凝固跡がよく見える。そう、これはまさに「天を見上げる瞳」だ。
DJI_0560.jpg

「ウユニ塩湖は風が作り上げる壮大な造形美。大自然のアートであり、白いキャンバスに描かれた壮大な絵。風が表面にエッジを立たせ、天の瞳をウユニ塩湖に映し出しているのだ」
本のイメージが、僕の中で一本に繋がった瞬間だった。
Yくんの夢を叶える旅をアテンドさせてもらったご褒美。それがこの強いインスピレーション。六角形の塩の結晶は神々のパズル、それらがひとつ、またひとつとはまっていく。
              ノムラテツヤ拝
DJI_0634.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>