FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

コパカバーナ

DSC04493.jpg
朝日に照らされるプーノを出発し、陸路で国境を越える。
簡単な手続きを終えてボリビアに入国、一路コパカバーナへ向かった。語源はコタ・カワーナ、意味は湖の見える地これが転訛して、コパカバーナになった。ブラジルの有名なコパカバーナはここから持っていかれたマリアさんが奇跡を起こしたことによって名づけられた。
昔も今もボリビア一の巡礼地は賑わい、白亜の教会に、奇跡を起こしたインディヘナのマリア様を仰ぎ見た市場で一袋100円のキヌアを買う。そう、スーパーフードのキヌアの故郷は、ティティカカ湖畔なのだ。
世界初のフリーズドライ食品のチューニョが並び、100種類以上のジャガイモが所狭しと売られた。
港から、聖なる「太陽の島」へ。
DSC04604_201805212208311e5.jpg

アンデスの白く山並みが湖越しに浮かんだ。
DSC04625.jpg

島内では、アイマラのシャーマンの儀礼を受けて、
DSC04726.jpg

薬草園でハチドリを撮影。
DSC04649.jpg

博物館内でティティカカの至宝を眺め、
DSC04743.jpg

ピューマの巨大葦船で湖上を進んだ。
DSC04929_20180521220855bbc.jpg

DSC04943.jpg


船内でキヌアスープやマスを食べ、白ワインをあおる。
DSC04880_201805212208562b6.jpg

2時間ほどで港へ着けて、専用車でラパスへ。到着する頃には日が暮れて、サンフランシスコ教会がライトアップで黄金色に浮かび上がった。
           ノムラテツヤ拝
DSC04975_201805212208541fc.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |

ウロス島

DSC04381_201805210605195ea.jpg

船を降りると、足が大地に吸い込まれる。
クニュン。これが葦の浮き島・ウロス島の醍醐味だ。
DSC04351_20180521060438db1.jpg

以前何かの番組で、ここに住む少年が毎日船を漕いで、対岸の
プーノまで通学する風景が放送された。雨の日も嵐の日も、沈没しそうになりながらも葦舟で進んだ。
「どうしてそこまでして行くの?」の質問に、少年は「勉強して医者になりたいんだ」と、はにかんだ。
DSC04344.jpg

15年ぶりのウロス島は、変貌を遂げていた。
DJI_0390.jpg

足を踏み入れた当時は30島だった島々も、現在は100島以上となり、人口はなんと2000人にまで増えていた。カフェやレストランは
DJI_0438.jpg

DJI_0451.jpg

勿論、ホテルも併設され、寝ながらにしてティティカカ湖に触れられそう。
DSC04404.jpg

空撮で島を眺めると、どのようにウロス島を作ったウロス族が葦原を利用してきたのかが分かる。パスカルの言葉「人間は考える葦である」を体現し、自然と共に生き抜いてきたのだ。
DSC04386.jpg

ノムラテツヤ拝
DSC04447.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ペルー | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |