FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

インカワシ

DJI_0492.jpg

お昼はピクニックランチ。
事前に頼んでおいた、キッシュと肉とキヌアのパスタ。塩湖上で食べるからか、美味しいんだな、これが。
雨季とは違い、塩湖も固まってきたため、今日はインカワシまで遠出する。約1時間、純白の大地を飛ばすと、蜃気楼の向こうに黒い影が見えてくる。
DSC05532_20180523174640c0f.jpg

秋田県とほぼ同じウユニ塩湖。その中央におへそのようにポツリと浮かぶのがインカワシ島。インカの宿の意味だ。ウユニ塩湖とインカの関係は、これまた面白いのだが、今日は割愛する。
インカワシ島を有名にしているもの、それがこのハシラサボテン。この島だけの固有種で、12月には黄色い透明感のある花を咲かせる。サボテンの根本で、ビスカーチャ(アンデスウサギ)が日向ぼっこ中。
DSC05553.jpg

登山しながら、ハシラサボテンと宝石のような太陽を重ねた。
TET03669.jpg

一本で伸びるものがあれば、ミッキーマウスのようなサボテンもある。
頂上からは、雪のような塩湖を背景にサボテン。
DSC05588.jpg

世界中探しても、この風景は無いだろうな。山を下りてからドローンで撮影。
DJI_0492.jpg

島の輪郭がよく分かり、あらためて塩湖の中心に立っていることを理解した。
DJI_0507.jpg

             ノムラテツヤ拝
DJI_0517.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |

蒼き河

DSC05039.jpg

早朝、ラパスからウユニへ飛ぶ。
所要時間はたったの45分。8年前に出来たこの航路のお陰で、ウユニは秘境から誰でも行ける場所になった。
夢を叶えるツアーのため、事前に写真が撮れる座席を押さえる。Yくんに座ってもらい、簡単な地形のレクチャーをして臨んだ。
30分ほど飛ぶと、遠くにウユニ塩湖の聖山「トゥヌパ山」が見えてくる。その前を流れる蒼き河。まるで氷河のようだが、水に色が付いているわけではなく空の青色を映しているのだ。
DSC05336.jpg

着陸寸前には、河は更に大きくなっていった。
DSC05388.jpg

掘っ立て小屋のようなウユニ空港に降り立ち、
DSC05441_20180523145745a83.jpg

出口でプラカードを持つガイドと会うと、互いに声を上げた。2年前のツアーで、総ガイドを務めてくれたイサックとの再会だった。
僕のやりたいことを誰よりも理解する彼なら、きっとこの夢叶ツアーも上手くいくだろう。
ウユニの村郊外の列車の墓場を見てから、
DSC05446.jpg

DSC05453_201805231458085e2.jpg

塩のホテルに荷を下ろした。
DSC05472.jpg

さぁ、本番。Yくんの夢の時間が、これから始まる。
DSC05487_20180523145806654.jpg
 
            ノムラテツヤ拝
DSC05470.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ボリビア | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |